FC2ブログ
愛宕山 2010年2月23日
愛宕山  2010年2月23日

「自然と語る会」 第299回「愛宕山」に参加しました。(参加者13名)
……………………………………………………………………………
JR琵琶湖線膳所駅8:02発→京都駅8:14着、京都バス・清滝行き京都駅8:25発→清滝9:19着→月輪寺→愛宕山神社→水尾(柚子の里)→JR山陰本線保津峡駅15:56→京都駅→膳所駅16:35着
……………………………………………………………………………
京都市の北西にある愛宕山は標高924mです。「お伊勢さんへ七度、熊野神社へ三度、愛宕山へは月参り」と歌われている愛宕神社は、和気清麻呂が王城鎮護のために781年(天応元年)に創建したのが始まりと伝えられています。祭神の伊邪那美(イザナミ)の子、迦倶槌命(カグツチノミコト)が火の神なので防火鎮火の神として尊ばれています。毎年7月31日に行われる千日詣は「一日で千日分の功徳がある」と言われ有名です。
今日は月輪寺参道から登り始めます。春のような陽気を無視してしっかり着込んできた私は、一枚二枚と服を脱いでも熱く、一歩一歩、ゆっくりゆっくり、一番後ろから付いて行きます。

kayaran

杉林で小さな蕾を付けたカヤランを発見!ソヨゴの赤い実を発見!いつもは鳴き声を聞くばかりのカケスが大きな翼を広げて飛び去るのを発見! 自然界の発見が続くと元気になります。

syakunage

志ぐれ桜(時雨桜)や大木の石楠花がある月輪寺に到着。月輪寺の名前の由来は掘り出された宝鏡に「人天満月輪」と刻まれていたので「月輪寺」と銘々されたそうです。本尊阿弥陀如来像を祀ったお堂は重要文化財。
 
miharasidai

登り坂が続き、疲れてお腹も空いたので愛宕神社の手前の見晴らしの良い所で昼食(12:15~13:10)にします。

atagojinjya

昨年1月26日の愛宕神社は雪の中で、凍てた石段を緊張して歩いた事を思い出しながら、今年は雪も無く軽い足取りで楽々です。境内には参拝登山記念・2500回、3000回、中には5000回の石碑が立ち並びます。

kuromon

愛宕神社を後に石段を下りて総門(黒門)を通り振り返ります。京口惣門とも呼ばれた白雲寺の京都側の惣門です。

komorebi

yuzu

柚子で有名な水尾まで40分、JR保津峡駅まで40分歩き帰路に着きます。

スポンサーサイト



02/25 21:09 | 山歩き
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved