fc2ブログ
山添 潤 彫刻展(2021.11.9~21)を終えて
山添 潤 彫刻展(2021.11.9~21)を終えて

ーきざみもの 2ー
石で円筒形の彫刻をつくる ハンマーと平ノミでひたすらきざんでゆく
石のもつ膨大な時間の上に私が関ったわずかな時間を重ね合わす
きざまれたノミ跡の内側に確かにある存在を感じながら (山添 潤)
………………………………………………………………………………………………….
2011年に弊ギャラリーで1回目の山添潤展を開催、今回は10年ぶり2回目の山添潤展です。玄関にドローイング作品1点。板間床に黒御影石作品63点、白大理石作品10点、板間棚に赤大理石作品10点、板間壁面にドローイング作品5点。畳間床に黒御影石作品28点、畳間壁面にドローイング作品3点。庭に白大理石作品1点。 出展作品総数は120点です。
………………………………………………………………………………………………….

IMG_5074.jpg
搬入日(11月8日)に3トンクレーン車が到着

IMG_5077.jpg
IMG_5080.jpg
搬入日の夕方、辺りは薄暗くなり室内の展示作品と山添さんがガラス戸に映り込んで、庭展示の作品「大地に円筒」が宙に浮び上って観えました。(16:55撮影)

IMG_5133.jpg
板間棚に赤い大理石作品10点

IMG_5084.jpg
昼間の展示風景 板間床に73点の作品が静かに佇んでいます。

IMG_E5128.jpg
庭の大理石作品に繋がる板間床の作品群

IMG_5162.jpg IMG_5163.jpg IMG_5169.jpg
IMG_5167.jpg IMG_5168.jpg

IMG_5140.jpg
薄明りの夕暮れ時になると、会場風景は徐々に作品の息遣いが聴こえます。それぞれに長い影を伸ばし、個性を発揮して賑やかな作品群に変わります。

IMG_5138.jpg
夜間の展示風景

IMG_5089.jpg
和室の風景

IMG_5158.jpg

IMG_5091.jpg

IMG_5166.jpg
きざみもの 風景―地層に円筒1~11

IMG_5171.jpg
「きざみもの 風景―地層に円筒」の部分
「隙間なくノミ跡できざんで内に向かわせた力を、もう一度外に向かわせる」と山添さんに伺いました。縦横に交差するノミ跡は、織り目のようにも、糸の縫い目のようにも観えます。幾重にも重なる凹凸は、素材が石であることを忘れさせます。

IMG_5093.jpg
「大地に円筒」

IMG_5187.jpg
「大地に円筒」の部分
大理石の模様に絡んでノミ跡がきざまれています。平タガネで石を刻む時の録音を聴かせて頂きました。コッ、コッ、コッ、コッ、コッ、 コッ、コッ、コッ、コッ、コッと休みなく続くノミの音は、野鳥の軽やかな鳴き声にも聴こえ、早い心拍音にも繋がりました。心地良いリズムは音楽のようにも聴こえます。様々にイメージできるノミ音を楽しみました。

IMG_5116.jpg山添 潤 氏

.......................................................................................................................................................

京都新聞2021年(令和3年)11月13日(土) 美術欄 掲載記事

床一面に、約100個の石のオブジェが並ぶ。素材は御影石だが、墓石のように研磨されて黒光りする姿ではなく、まるで丈夫な織物でびっしりと包まれたような、独特のテクスチャーがある。石の表面をくまなく覆っている微細な凹凸は、手で刻まれた無数のタガネの刃あとだ。「名付けるとしたら、“刻み仕上げ”でしょうか」と山添潤は言う。
山添は2000年初頭から石の彫刻を発表しているが、その作風は変遷をくりかえした。空間を圧倒する大型の彫刻作品から、技巧を凝らせた造形のオブジェへ。多くの彫刻家が取り組む、力と技で石にフォルムを掘り起こす「かたちの仕事」だ。しかし山添が一貫して抱いてきた制作への想いは「石から力を引き出したい」ということだったという。今回の作品で試みた、石の表面を刻み目で覆い尽くす表現は、コツコツと小さな力を集積させて、石の力を内部に圧しこめようとする意図がある。力の網目で石を包み込むことで、逆に石の力を内部に開放して充満させる。
台座に小さな円筒を載せた形の作品もある。これは、空間を大きさで威圧する彫刻の常道とは逆に、観客が「自ら小さくなって」視界を縮小し、作品の上に空間を感じるように促す。ちょうど、鉢の上の小さな植木に山や崖の雄大さを感得する、盆栽の鑑賞者のような創造的な認知の転換へと、みる人を誘うのだ。
これらの石の彫刻は、力のもの、こととの作用についての新たな視点を示唆する。その原動力となったのは、石という硬く重い素材に対して、コツコツと小さく重ねる、あるいは認知を転換するという「ソフトパワー」だ。彫る主体から彫られる対象への一方向の力ではなく、山添が言うところの、石との「押せば返ってくるやりとり」を通じて、その力は獲得された。(揺=銀閣寺前町 21日まで、月休)(沢田眉香子・著述業)

IMG_E5126.jpg

.......................................................................................................................................................

IMG_5195.jpg
搬出日(11月21日)は朝から雨が降り、水分を吸収してシミになりやすい天然大理石作品は、大切にブルーシートに包まれて搬出待ち

IMG_5197.jpg IMG_5199.jpg
搬出のためにグループ分けされた作品群は、次の出番を待つ楽屋裏の役者

IMG_5233.jpg
雨の中、滑らないように注意しながら650kgの大理石の搬出開始
IMG_5241.jpgIMG_5242.jpg
IMG_5245.jpgIMG_5259.jpg
無事にクレーン車の荷台に乗り、ホッと一安心

…………………………………………………………………………………………

御影石という名前は日本だけで使われており、神戸市東灘区にある御影という地名が名前の由来だそうです。日本全国に多種多様な石の産地がある中、山添さんは日本の三大石材産地の一つ、茨城県真壁町で日々制作を続けておられます。来年もあちこちで開催予定の個展に向けて、作品制作にお忙しい日々が待っているようです。益々のご活躍を楽しみにしています。
※額装のドローイング作品は写真撮影時の反射による映り込みの為、作品写真の掲載を割愛いさせて頂きました。(ギャラリー揺 三橋登美栄)


スポンサーサイト



11/26 22:45 | 展覧会
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved