fc2ブログ
比叡山・大比叡 2021.6.20
比叡山・大比叡 2021.6.20(参加者6名)
……………………………………………………………………………………..
京阪膳所駅(8:26)→坂本比叡山口駅(8:48)→ケーブル坂本駅(9:30)→登山開始→ガーデンミュージアム比叡通過→大比叡(848m)→見晴らし台?(12:30昼食)→根本中堂通過→登山終了→坂本ケーブル延暦寺駅(15:30頃)→ケーブル坂本駅→京阪坂本比叡山口駅(16:30頃)→京阪膳所駅→帰宅
……………………………………………………………………………………..
山歩きのグループリーダーからのお声かけで、比叡山・大比叡界隈を散策しました。4月30日に湖南アルプス矢筈ケ岳に行って以来の山歩きです。

IMG_4435.jpgミズタビラコ

IMG_4437.jpg 陰謀(かくれんぼう)地蔵
日吉大社の三の鳥居脇、早尾神社の石段下にあり「かくれんぼう地蔵」とも呼ばれています。このお地蔵さんは西教寺を開山した真盛(しんせい)上人が誕生した日に姿が消え、亡くなられた日に姿を現したことから、このように呼ばれています。

IMG_4439.jpg
ケーブル延暦寺駅からの展望は、雲が多いながらも遠くまで見渡せて上々です。

IMG_4445.jpg
坂道が急な個所はゆっくり登り、大比叡を目指します。

IMG_4446.jpg コナスビ

IMG_4448.jpg智証大師御廟 
左側の石燈籠の笠が地上に鎮座。どうした事でしょう?

IMG_4450.jpg
満開のウツギ

IMG_4452.jpg
マルミノヤマゴボウ

IMG_4453.jpgマルミノヤマゴボウ

IMG_4455.jpg 大比叡山頂(一等三角点)
「世の中に山てふ山は多かれど山とは比叡のみ山をぞいふ」(慈円)と詠まれました。京都・滋賀県境に位置し、古事記にも淡海(おうみ)の日枝(ひえ)の山として記されています。京都の南の方から眺めると四明岳(しめいだけ)と大比叡(大岳)の二峰を持つどっしりとした山ですが、京都御所より北から見れば大比叡は四明岳に隠れ、都富士ともいわれる三角錐の均整の取れた山容となります。大原から東海自然歩道、叡山電車修学院駅から雲母坂(きららざか)、滋賀県側は坂本の日吉神社からの表参道が山頂へ続きます。

IMG_4456.jpg スイカズラ

IMG_4463.jpg
イワガラミ

IMG_4464.jpg
ツルアジサイ

IMG_4466.jpg トウカエデ

IMG_4468.jpg クマシデの実

IMG_4470.jpg
ユリノキ(別名 ハンテンボク、チューリップツリー、レンゲボク)

IMG_4474.jpg
大きくそびえ立つユリノキ(写真中心)の右手に沖ノ島、遠くには竹生島も見えます。左奥は京都の山々が連なり、素晴らしい展望が開けています。手前には一面に満開のウツギが咲き乱れています。

IMG_4478.jpgタツナミソウ

IMG_4479.jpg
見晴らし台?で楽しく昼食。日曜日のこともあり、かなり賑わっていました。

IMG_4481.jpgヤマボウシも満開

IMG_4497.jpg
完熟のモミジイチゴは美味しいです。

IMG_4499.jpg
静寂に包まれた慈眼堂

IMG_4501.jpg
滋賀院門跡の菩提樹の花

IMG_4503.jpg
菩提樹の大木

山歩きメンバーも高齢化が進み、険しい登山は無理になったとはいえ、「ゆっくりやったら、登れる!」と何度も唱えながら、里山ハイキングを続けられることに感謝しています。可憐な山野草を見つけて歓声を上げ、自然の生命力をもらって元気に帰宅しました。今回もありがとうございました。

《追加》
IMG_4504.jpg
6日後、再び同じコースを歩いた後、回峰行者の拠点であり不動信仰の谷である無動寺谷に降りて行きました。無動寺に向かう途中の斜面でギョリンソウに出会いました。陽の当たらない林内に白く浮かび上がって見えるため、ユウレイソウとも呼ばれています。木陰に群生する光合成を行わない腐生植物です。(三橋登美栄)


スポンサーサイト



06/23 22:35 | 山歩き
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved