スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
第二回 一六一六展 (2018.3.13~18)を終えて

第二回 一六一六展 (2018.3.13~18)を終えて

2016年 京都造形芸術大学 陶芸コース卒業生の陶芸作品展です。
今回は「そそぐ」をテーマに15名の個性的な作品が展覧会場に沢山並びました。

展覧会場 展覧会場

《出品者 15名》
石田元子 井星はるか 梅香恵美子 梅本泰子 江口晴美 落合利男 カレム久実 川本修 谷口和久 中木貴子 中澤文恵 中島秀 中村晃 長瀬真弓 野田華子

P3200002.jpg 左から梅香恵美子、野田華子、中木貴子「frame work」

P3200009.jpg 谷口和久「どこから入れる?」

P3200010.jpg カレム久実「そそぐ陽のキセキ」

展覧会場 展覧会場

P3200014.jpg 落合利男「明王火炎」

P3200017.jpg 落合利男

P3200022 (2) P3200024.jpg 中村晃

P3200026.jpg 川本修 北海道の冬の白さの中に訪れる春のイメージ

P3200019.jpg 中島秀「mother of the sea」命をそそぐ海の中の母のイメージ

展覧会場 展覧会場

P3200029.jpg P3200031.jpg 石田元子 音をそそぐ 
 
P3200034.jpg 江口晴美

P3200036.jpg 井星はるか

P3200039.jpg 梅本泰子

P3200041.jpg 野田華子(箔押し 漆 焼き締め)

P3200043.jpg 中澤文恵

P3200047.jpg 長瀬真弓「光をそそぐ」降りそそがれた雨水が輝いています。

P3200053.jpg 谷口和久「盃に月光を!」

最終日 展覧会最終日

―― 光をそそぐ
―― 愛をそそぐ
―― 酒をそそぐ
―― 月のしずくをそそぐ
―― 音をそそぐ
今回のテーマ「そそぐ」に15人の作品が集まりました。年に一度の織姫と彦星の出会いのような私たちですが、これらの日々にどんなことを考え、どんな生き方をし、そしてそれが作品にどのように投影されたかを確かめる場でもあります。同窓会のような心温まる再会であることと同時に互いに感性を刺激しあえる場ともなることを期待しています。
今回二度目の作陶展でしたが、作品の展示の仕方、見せ方、ライトの位置など、まだ多くの課題があることを痛感しました。オーナーさんのご提案で搬入後一人ずつ自分の作品について話す機会があり共通理解が得られたので、来られたお客様に他のメンバーの作品についても説明することができよかったと思いました。
次回への課題は多く残されていますが、今回参加できなかったメンバーを加え16人の仲間の団結力を宝にして三回目に臨むことができたらと思います。(梅本泰子)

…………………………………………………………………………………………...

今展は器物を中心に斬新なオブジェも含まれた展覧会でした。会場はいつも笑い声に包まれてとても楽しそうで、時々私も仲間入りさせて頂きました。
今後も様々な作品を創作されることと思います。一年後のこのグループ展を楽しみにしています。(揺 三橋登美栄)
スポンサーサイト
03/26 14:18 | 展覧会
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。