FC2ブログ
花岡伸宏・米増初音展を終えて 
ギャラリー揺10周年記念シリーズ企画RESONANCE 4(2015.9.1~13)
花岡伸宏・米増初音展 -生活とかたちー

…………………………………………………………………………….
スズムシの鳴き声が秋の訪れを告げています。爽やかな季節を迎え、ギャラリー揺シリーズ企画展を再開いたしました。RESONANCE 4「生活とかたち」展は木彫、ドローイング、日用品を元住居空間だった室内と庭を使ったインスタレーション展です。
…………………………………………………………………………….

≪展示作品≫
花岡伸宏
1 しわしわの紙   
2 飯(折れ) 
3 statue of clothes
4 無題(木彫、ちゃぶ台)
5 バナナ
6 無題
7 洗濯物
8 パンツ、木

米増初音
1 米増さんの靴下
2 リンゴ
3 サクランボ
4 ハート
5 グレープフルーツ
6 お友達の服
7 お友達のおうち
8 Heart
9 ワンピース
10 タンクトップ
11 結妃ちゃんの靴下
12 凛ちゃんの靴下
13 米増さんのカバン
14 米増さんのズボン、木
15 生協のカタログ
16 生協のカタログ2
17 バナナ
18 米増さんのピン
 
            
米増さんの靴下、りんご
揺玄関の壁面に米増初音作品「りんご」(右上)と米増さんの靴下

室内インスタレーション インスタレーション

米増初音作品「さくらんぼ」 米増初音作品「ハート」
米増初音作品「さくらんぼ」    米増初音作品「ハート」        
花岡伸宏作品「しわしわの紙」 米増初音作品「お友達の服」
花岡伸宏作品「しわしわの紙」 米増初音作品「お友達の服」

花岡伸宏作品「飯(折れ)」
花岡伸宏作品「飯(折れ)」が入っている電子レンジ

花岡伸宏作品「statue of clothes」 花岡伸宏作品「statue of clothes」

花岡伸宏作品「statue of clothes」
花岡伸宏作品「statue of clothes」

米増初音作品「タンクトップ」 米増初音作品「タンクトップ」:軽やかで楽しい連続模様
 
インスタレーション 床に置いた米増初音作品「Heart」 
庭の濡れ縁の衣服:思わず取り込みそうになった展示品。

花岡伸宏作品「バナナ」 花岡伸宏作品「無題」
花岡伸宏作品「バナナ」:木の折れ具合が米増初音のドローイング作品「バナナ」と共鳴。
花岡伸宏作品「無題」:案内状でこの作品写真を見た時は、耳に引っ掛けたハンドバッグ?いや特大ピアス?と想像しましたが、それはちゃぶ台の脚が耳に引っ掛けられていると認識した時のインパクトは大きくて、心が動きました。

花岡伸宏作品「無題」 米増初音作品「バナナ」
花岡伸宏作品「無題」        米増初音作品「バナナ」

インスタレーション
米増初音作品「生協のカタログ2」
ガラス戸に留められた作品「生協のカタログ2」の左上は剥がれたままの展示なので、両面を見られて楽しいです。剥がれた掲示物は日常生活で時々見られる光景ですが、展覧会場では斬新です。庭の作品は洗濯物干しに掛けられ日光浴中。

花岡伸宏作品「パンツ」
花岡伸宏作品「パンツ」は木に履かされていています。

この画廊は元住居とは言え、非日常のアートスペースを意識して生活臭を感じさせないように心を配り、現代美術を主に展覧会を開催してきました。しかし10年前の開廊当時とは違って複雑に多様化し、画廊の存在意義も変わったように感じています。日常の生活用品を取り込んだ「生活とかたち」のインスタレーション展の戸惑い、現代美術展への疑問、ギャラリー空間と作家(作品)とのRESONANCE(共鳴)を再考いたします。今後の課題がまた増えました。

付録:揺の和室で制作中の米増初音さんにお会いしました。色鉛筆でお気に入りのモティーフ・名札を描くスピードは早く、隙間を埋めながら描き進められます。「それなりに描く順番があるな」と感心して見ていると、唐突に違う描き方に変わり画面は別の世界が始まります。彼女はそのルールを守る必要は無く、描く楽しさや自由さが最優先しているのです。これは制作者にとって最高に魅力的なことです。純粋な気持ちで無心に描かれた作品は、ストレートに鑑賞者の心に届きます。

花岡さんも米増さんも、それぞれ自由に制作を続けられることと思います。
お二人の今後の作品を楽しみにしています。      (三橋登美栄)

………………………………………………………………………………………………………..
京都新聞2015年9月12日朝刊(美術欄)掲載記事
花岡伸宏・米増初音展
「生活とかたち」と題したインスタエーション。好きなものだけを描き続ける自閉症の女性・米増初音と、現代美術家の花岡伸宏が、彫刻、ドローイング、日用品とを混在させて、日常と創造の楽しさを空間に表現する。 (沢田眉香子・著述業)
………………………………………………………………………………………………………..
スポンサーサイト



09/14 15:45 | 展覧会
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved