FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
黒河林道 2014.6.24
黒河(くろこ)林道 2014.6.24

第387回「自然と語る会」(参加者18名)
……………………………………………………………………………………..
JR石山駅北口(貸切バス)7:30→西武大津店前7:40→湖西道路(R165)→マキノピックランド9:05→黒河林道→黒河峠登山口10:50→三国湿原12:00(昼食)→黒河峠→黒河峠登山口14:15→マキノピックランド15:30→湖岸道路→西武大津店前17:35→帰宅
……………………………………………………………………………………..
西武大津店前から途中乗車したチャーターバスは湖西道路を北に向かって走りマキノピックランドで小休止。新鮮な野菜を購入しました。
 
バスの中から バス進めず
20人乗りの小型バスは林道の道幅を気づかいながらゆっくり走りますが、この先は路肩の弱い所もあり危険というドライバーさんの判断で、全員降りてここからウォーキングを開始します。(9:40)
  
ウリハダカエデ ムラサキシキブ
   ウリハダカエデ         ムラサキシキブ
  
ケムシ1 ケムシ2
あちこちの木の幹にケムシがびっしり付いています。木の葉っぱはほとんど食べられて枝と葉脈だけが残っている木もあり、地面を歩いているケムシもいます。こんなに大量発生しているのを見るのは初めてです。

山滴る
「山滴る(やましたたる)」は俳句の夏の季語であり、登山用語でも使われる言葉です。「まるで水が滴りそうなほどに緑が瑞々しく、美しい夏山のようすを表現した季語です。季節ごとに、「山笑う」は春、「山滴る」は夏、「山粧う」は秋、「山眠る」は冬です。「山滴る」の由来は、中国の北宋時代の山水画家“郭熙(かくき)”の著書である『臥遊録(がゆうろく)』からとされています。絵画の極意として書いた文章に、以下のような文章で四季を表しています。春山淡冶(たんや)にして笑うが如く、夏山蒼翠(そうすい)にして滴るが如く、秋山明浄(めいじょう)にして粧うが如く、冬山惨淡(さんたん)として眠るが如く。

コアジサイ花殻
コアジサイの花殻は山の珊瑚ですね。

006地図
中央分水嶺・高島トレイルの地図
マキノの愛発越(あらちごえ)から今津の山を経て、朽木の三国岳へ至る約80kmに及ぶ道は、水と緑、人のいきかう日本列島の日本海側と太平洋側を区切る中央分水嶺の中央部にあり、東西南北の気候や植生を合わせ持つ類い稀なエリアです。 トレイルを歩けば、あちこちから望むことができる琵琶湖と若狭湾は、このトレイルが中央分水嶺であることを教えてくれます。この高島トレイルは、藪に埋もれていた古道やかつて使われていた山道を活かしたもので、各地で地元の人がこつこつと整備してきた登山道を5町1村の合併とともにつなぎあわせて誕生しました。高島トレイルには、乗鞍岳、三国山、赤坂山、大谷山、大御影山、三重嶽、武奈ヶ嶽、二の谷山、行者山、駒ケ岳、百里ヶ岳、三国峠、三国岳といった山々があります。  
 
赤坂山歩道入口
   赤坂山歩道入口
 
ツルアリドウシ 林道に出る
   ツルアリドオシ          林道に出ます
  
ギンリョウソウ 赤坂山3kmの表示
   ギンリョウソウ          赤坂山3.0kmの表示

コアジサイ1
             コアジサイ1
 
コアジサイ2 ササユリ1
    コアジサイ2             ササユリ1

琵琶湖を望む
琵琶湖を望む

コアジサイ4
コアジサイ4

伊吹山を望む
伊吹山を望む

両側にコアジサイ
両側にコアジサイ
   
キンコウカ1 キンコウカの木道 キンコウカと琵琶湖
キンコウカの木道を見て、以前にここに来たことをやっと思い出しました。
    
ササユリ2 コツクバネウツギ
     ササユリ2          コツクバネウツギ
 
キンコウカ2 キンコウカ3
     キンコウカ2           キンコウカ3
 
モウセンゴケ ヤマボウシ
     モウセンゴケ          ヤマボウシ
 
黒河峠 青空にウリハダカエデ
      黒河峠          青空にウリハダカエデ

高島トレイル
中央分水嶺・高島トレイルの地図の処に戻ってきました。

ヤマブキショウマ
ヤマブキショウマとヤマアジサイ

昼食を食べている時は脚にケムシが付いてキャ~ッ! 帰り道では頭の小さい70~80cm位のスマートな蛇と目が合ってキャ~ッ!と悲鳴を上げてお騒がせしましたが、この辺りの山道は両側にコアジサイが咲き乱れ、優しい香りに包まれながら自然の美しさを堪能しました。
スポンサーサイト
06/27 12:33 | 山歩き
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。