FC2ブログ
横浜 東京 2014.3.26
横浜 東京 2014.3.26

小雨の中、東京方面の美術館巡りに出かけます。
…………………………………………………………………………………………….
JR膳所7:35発→京都8:05発→新幹線のぞみ110号→新横浜10:04着(乗換え)10:18発→JR桜木町→横浜美術館→桜木町12:44発→品川13:15着→原美術館(昼食13:30頃)→品川→東京→新宿→(京王新線に乗換え)→初台16:20着→東京オペラシティー→京王新線初台→新宿→東京19:20発→新幹線のぞみ255号→京都21:38着(乗換え)21:52発→膳所→帰宅
…………………………………………………………………………………………….

横浜ランドマークタワー
以前、横浜みなとみらいに来た時は高層ビルなど少なく、海を背景に横浜ランドマークタワーと日本丸のマストが美しく空に映えていました。 それは第一回横浜トリエンナーレが開催された2001年だったのか、不確かな記憶です。

横浜美術館
ヨーヨー広場を通り過ぎると、横浜美術館の前は桜の花かと見間違うピンクの木蓮が満開。
奈良美智展(2001年)以来、久し振りの美術館前の広場は以前より狭くなっていました。

開館25周年記念「魅惑のニッポン木版画」展
木版画は、江戸時代の浮世絵によって「庶民の芸術」として定着し、その後も大正、昭和を通じて、その独特の質感と表現の可能性に魅了された芸術家たちによって、ゆたかな歴史を形作ってきました。幕末から現代にいたる約200点の作品を観ます。
・ 月岡芳年「西塔ノ鬼若丸」、「月百姿」の細密表現に魅入ります。
・ 棟方志功「華狩頌」の伸びやかで自由な表現に嬉しくなります。
・ 吉田亜世美「YEDOENSIS_divine」はプロジェクターから投影された桜(ソメイヨシノ)の蕾が、花開くこ となく落ちて行きます。その手前にはジャングルジムが置かれ、版画で摺った青い蕾が敷き詰められています。接木をしないと途絶えてしまうというソメイヨシノが、人口が減少する日本の未来を象徴しているようなインスタレーション作品です。
・ 桐月沙樹「ナミマノダンサー」「ウェイトレスダンス」など
「制作では、木版の彫り進め技法を使い木目と画像を同時に彫っていきます。インクをのせて彫りあげた時、有機的な木目は画像の定着を阻み、木目はイメージの一部となります。なにか合理的でない方法で両地点を行き交うことで、二点の共存空間を見つけたいと考えています。」このコメントは2013年4月 にギャラリー揺で2人展を開催した時に桐月さんから伺いました。
この会場の最後を締め括る桐月さんのご活躍が嬉しいです。

桜木町に戻り、JR品川駅からは徒歩で原美術館に向かいます。

原美術館
展覧会を観る前に、中庭に面したガラス張りの「カフェ ダール」で昼食。
新鮮な食材を用いたカボチャと鶏のグラタン、スズキのソテーと季節野菜、茄子とベーコンのスパゲティー、コーヒーを2人でシェアーしました。

企画展「ミヒャエル ボレスマン:アドバンテージ」展
ベルギーを代表する現代美術作家、ミヒャエル ボレマンスの日本の美術館における初個展。不透明な現代社会を生きる人間の宿命を描きだす絵画36点に、映像作品2点で構成されています。
ベルギーのゲントを拠点に活動するボレマンスは、30代に入った1990年代半ば、それまでの写真による表現から絵画へと転向し、急速に評価の高まった作家です。彼の絵画には、静けさの中に微かに謎めいた気配が漂い、観る者を深い思索へと誘います。時間的・空間的に現実から隔離され、自身の儀式や作業にただただ勤しむ人々を通し、複雑で不透明な現代社会に生きる人間を、人間の宿命のようなものを描き出します。作品と厳しく向き合うため、制作数に比して、自身が完成作と認め世に出す作品数が圧倒的に少ないことで知られています。

品川駅に戻り、新宿から京王新線初台駅で下車、東京オペラシティーに向かいます。

東京オペラシティー
東京オペラシティー・サンクスガーデン(B1F)は古代ギリシアの円形劇場風で、ジョナサン・ボロフスキー「Singing Man」の巨人モニュメントが低い声で何か歌っています。

東京オペラシティアートギャラリー(3F)
「さわひらき UNDER THE BOX, BEYOUND THE BOUNDS」展
ロンドン在住のさわひらきは、国内でも発表の機会が続く注目の作家です。室内を小さな飛行機が横切り、やかんや木馬がひとりでに動き出すといった箱庭のような世界を描く映像作家です。現実にはありえない光景にもかかわらずなぜか親しみを感じさせます。閉ざされた空間で現実を少しゆがめてみたり、遠い宇宙に思いを馳せてみたり、さわの白昼夢のような映像は、ひとりひとりが持つ居心地のよい領域(テリトリー)、そして時間軸をともなった領域である個人の記憶について考えさせてくれます。
この展覧会は、最初期の作品から一貫して見られる領域への関心をテーマとしています。
先ず、ドローイングや立体作品で作家自身の日常および意識における領域の手がかりを示しつつ、初期の作品から本展のための新作を含め、映像作品をたどりながら考えていきます。新作のひとつ《Lenticular》はスコットランドのダンディー市に残る古い天文台で撮影された作品で、独学の老天文家ロバートの姿を通して宇宙へとつながります。東京オペラシティ アートギャラリーの大きな展示室を使い、映像と空間の全体を作品として展示する今回の展覧会は、物理的な空間と意識の中の領域を交差させる試みで、人間の意識の奥底をたずねる展覧会でした。

東京オペラシティアートギャラリー 収蔵品展
絵の中の動物たち|寺田コレクションより
現代における動物イメージの多様な魅力を紹介する展覧会で、前田朋子(2015年の揺企画展に参加予定)の作品「くろつぐみシリーズ:彼女の欲しいもの」を思いがけず観られて良かったです。

十分内容の濃い美術館巡りの一日も終り、心地良い疲れを乗せて新幹線で京都まで帰りました。
一緒に観て廻った夫は新宿に1泊して、翌日も美術館巡りです。
スポンサーサイト



03/28 15:45 | 日々
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved