FC2ブログ
堀田淳一展(2013.11.19~12.1)を終えて
堀田淳一展「Butsu Butsu」(2013.11.19~12.1)を終えて

紅葉
ドウダンツツジの紅葉の美しさが目を引く時期に、
堀田淳一展は2009年、2011年に続き3回目です。

<展示作品>
平面作品「Butsu Btsu 」を12点、
陶芸作品「Yellow Butsu Butsu」を8点 、「Blue Butsu Butsu 」を3点
室内と庭のインスタレーションを合わせて総点数23点の展示です。

棚展示
玄関展示

580棚展示
棚展示

展示風景
展示風景

Butsu Butsu夏Ⅰ
作品「Butsu Butsu夏Ⅰ」
ブツブツした部分は、着色した石粉(イシコ)に、ニカワとボンドを混ぜて綿布の上に盛り上げて定着。突起部の点々はストレスの多い現代社会でのアレルギー性体質を連想し、肌の湿疹のように見えました。私が11月上旬に帯状疱疹になり上腕にできた湿疹とそっくりです。
でも私のイメージとは違ってこのButsu Butsuはnippleと聞いて驚きました。
「驚き」はアートの重要な要素の一つで、別世界への想像は広がり制作の面白さから、観賞の楽しみへと繋がります。

Butsu Butsu 春Ⅱ.
作品「Butsu Butsu 春Ⅱ」

Butsu Butsu春1
作品「Butsu Butsu春Ⅰ」

和室展示
和室展示

Butsu Butsu夏Ⅳ
作品「Butsu Butsu夏Ⅳ」

Butsu Butsu初夏
作品「Butsu Butsu初夏」

Butsu Butsu夏Ⅲ
作品「Butsu Butsu夏Ⅲ」

庭展示
イラガの幼虫? ドリアン?と想像しますが、このButsu Butsuもnippleです。

Yellow Butsu Butsuく
作品「Yellow Butsu Butsuく」

庭展示
紅葉の庭で陶作品の黄色と水色が鮮やかさを競い合っています。

堀田さん
堀田さんの作品は牡丹、桜、フクロウと移り変わり、次回はどんな作品が生まれるのでしょうか?
今後のご活躍を楽しみにしています。

………………………………………………………………………………………………………
小吹隆文 ツイート11月19日掲載 ギャラリー揺の「堀田淳一展」
絵画と陶芸。
作品の特徴はブツブツのナマコみたいな形態。元々は満開の桜を描いていたが、徐々に変形してこうなった。
盛り上がり部分には珪藻土や石粉を使用。

………………………………………………………………………………………………………


スポンサーサイト



12/01 00:17 | 展覧会
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved