FC2ブログ
三橋登美栄展「たたなずみ、」(2012.9.25~10.7)を終えて
ギャラリー揺 シリーズ企画「still expecting」5
三橋登美栄展「たたなずみ、」(2012.9.25~10.7)を終えて

30数年間、時々途切れながらも制作した平面絵画を収蔵している大津のアトリエで、久し振りに見る自作から加筆できる絵を数点選び、今回の展覧会に向かって制作しました。

展示作品
1 ときを超えて4 20F   
2 繁る サムホール
3 弾く3 サムホール
4 ときを超えて1 60F
5 ときを超えて2 60F
6 ときを超えて3 60F
7 繋ぐ2 サムホール
8 繋ぐ1 サムホール
9 弾く2 8F
10 弾く1 6F
11 移りゆく 10F
12 遠く2 3F
13 遠く1 3F

ときを越えて4ときを超えて4

板間展示1板間展示1

板間展示2板間展示2

弾く3弾く3

ときを越えて1ときを超えて1 

ときを越えて1(部分1)ときを超えて1(部分)

ときを越えて1(部分2)ときを超えて1(部分) 
1985年頃に制作した坂本の「石積」の上に、スコットランド西海岸のバラ島から持ち帰った羊の頭骸骨を描きました。石は土に帰り、骨から植物が芽吹く自然の流れから、28年前の私が今に繋がります。

 ときを越えて2ときを超えて2
1988年12月に亡くなった父の顎の骨を拾って、数日後にその遺骨を描いた上に、加筆しました。

 ときを越えて3ときを超えて3
24年が過ぎ、父の形は壊れ始めサラサラと砂のようで、その砂から成長する植物です。

 和室展示和室展示

 繋ぐ1繋ぐ1

 繋ぐ2繋ぐ2

 弾く2弾く2

 弾く1弾く1

 移り行く1移り行く1

 遠く2遠く2

 遠く1遠く1

 庭展示庭 展示

萩の花殻と、萩の花殻と

世の中の環境や私自身の生活は随分変わりました。慌ただしさに流されることなく、今の瞬間に足を止めてたたずみ、制作しました。「たたなずみ、」から生まれる新しい可能性を見つけ、挫折や迷いを打ち消してくれる柔軟な思考を推進力に、次の扉を開けたいと思っています。

2年ぶり揺で3度目の個展で、約250名の方々にご高覧頂けたことを感謝しています。貴重なご意見やご感想は私にとっての栄養剤で、展覧会を開く意味を考え直し、再び制作を続けて次回に臨みたいと思っています。     
 
表恒匡氏のとても丁寧な写真撮影に満足しています。 ありがとうございました。

Tomie Mitsuhashi solo exhibition  “Still Expecting “  
“Changing my mind”
I have been drawing something for 30 years, though I didn’t draw my pictures sometimes.
There are many pieces in my studio.
For the first time in a long time, when I look at my old pieces I feel nostalgic and ashamed. I picked up some pieces that I can redraw with a new motif and my new image on them.

I drew a stone wall of Shigainmonzeki Temple at Sakamoto in 1985.
Additionally I redrew a skull bone of a Scottish sheep on it.
Stone is becoming to earth. And some plants are glowing up from the bone.

My father died in 1988. A few days later, I drew his bone.
Additionally I redrew some daffodils on it.
His bone is turning in to sand. I painted that living creatures return to the soil.

In the past thirty years, society environment and my lifestyle have changed much.
Nowadays, people make progress at an accelerated rate. We are very busy regularly.
Sometimes, it’s necessary to put busyness behind and concentrate on my works.
Then, I can change my mind, and I got an inspiration for art. I can’t remake the past, but I can paint about the past like present. It’s my pleasure.

スポンサーサイト



11/12 19:46 | 展覧会
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved