FC2ブログ
マウナケアとハワイ島&ホノルル6日間の旅(1日目)
マウナケアとハワイ島&ホノルル6日間の旅(1日目)
2009年2月26日~3月3日

2009年2月26日 1日目

今日は出発日ですが関西国際空港からのフライトは夜なので、午前中にヤマチャン(湖城が丘アトリエ在住のトラ猫)に出会ってしばらく留守することを伝えてから、家電量販店で海外旅行用変圧器110V-130Vと変換プラグを購入しました。
以前にも買ったのに、昨年夏の引っ越し後にどこへ片付けたのか行方不明になりました。

同居の姉が6日間一人で留守番することになり私が心配していると、
「大丈夫や!お二人で楽しんで行ってきて!!」と言う姉の表情は少し緊張していました。
自由にマイペースで「一人暮らし」を楽しめますように、と願いながら自宅で3人一緒の昼食を済ませてから家を出ました。

京都駅14:45発の特急「はるか」に乗車、関西空港に16:03に到着して、USドルに両替(US$1 100.39)。
予定より早くチェックインカウンターに行って、飛行機の座席表を見ると機体後部の狭くなっている窓側の2列席を発見。3列席や4列席より席の周辺が少し広そうに思い、後から4列目の2列席を予約しました。
まだフライトまでには十分に時間があるので空港内の散策とウインドーショッピングと夕食にたっぷり時間を使いました。出発までにこんなにゆっくり過ごしたのは初めてでした。やっと飛行機に搭乗して予約席に着くと、予想通り広くて約7時間のフライトはかなり楽に過ごせました。一度ビジネスクラスの広さを体験してみたいものです。

関西国際空港発≪26FEB(THU) 21:25 OSAKA/KANSAI JALWAYS J0 078/S≫
ホノルル国際空港着≪26FEB(THU)09:10 HONOLULU(M)≫
日付変更線を通過してハワイに到着しました。
日本との時差は-19時間(ハワイ時間は日本時間に5時間プラスして前日に戻す)
入国審査の長い列に1時間以上待たされてから、夫と一緒に日本語を話せる審査官の前で質問を受け、
両手人差し指の指紋チェックと顔写真を取られてOKでした。

ここから乗り換えてハワイ島に行きます。
ホノルル国際空港発≪26FEB(THU)11:15 HONOLULU(Z)   HAWAIIAN AIRLIRLINES HA 170/S≫
コナ国際空港着 ≪26FEB(THU)11:57 KONA≫
この飛行機でハワイ島に到着の予定だったのですが、、、

ハワイアン航空の搭乗ゲートに行き、椅子にゆったりと座って「この飛行機に乗るんやな~」と夫に話しかけているその時に、その飛行機からボーディングブリッジが離れました。でもまだ乗り遅れたとは気が付かずに「何か具合が悪くてもう一度付け直すのかな?」と事態が分かっていない私でした。夫はハッと重大事に気が付き、急に取り乱して大慌て! それから私も慌てて周りのスタッフに「この飛行機に乗りたいです!」と叫んでも、もうそれは不可能なことでした!!

カウンターに行きチケットを見せて事情を説明し、次の便148便12:38発に空席があれば乗れるように手配してもらって、どうにか落ち着きました。「料金は?」と心配しましたがチケットを買い直す必要はなくて助かりました。
屋外を見ると、私達が乗るはずの飛行機が滑走路に向かってゆっくり動き出していました。運良く次の便12:38発に空席があり搭乗して約1時間半遅れでコナに到着。

今回は阪急交通社trapicsのツアー(添乗員無し)で、参加者は私達二人だけで、他の参加者に迷惑をかけることはなかったのですが、現地係員の方には1時間以上も待って頂きました。

空港からホテル SHERATON HKEAUHOU BAY RESORT & SPA まではタクシーで約30分。その間、元ARMYで横浜に行ったことがあると言う運転手さんがハワイ島をガイドしてくれました。キラウエア火山の活動は年々活発になり、ハワイ島の人達にとっては、硫黄酸化ガス発生で人体に害を及ぼすので困っている、と笑いながら話してくれました。また、雲のように見えるのは火山ガス(噴煙)の影響で今日は晴れです、との説明でしたが信じられません。 

今日から三連泊のホテルSHERATON はダウンタウンから少し離れた緑の中のリゾートホテルでした。フロントのケンさんはとても日本語が上手。チェックインを済ませてから、ケアウホウ・シャトルバス(無料)に乗ってコナ・ダウンタウン・カイアル桟橋まで出かけました。(所要時間45分) 街を散策中に立ち寄った土産物店の人達も片言の日本語で接客してくれましたし、あちこちには日本語の標識がありました。日本人観光客が多いという事ですね。

ホテルの夕食はワイン・野菜サラダ・骨付きラム肉のソテー野菜添え・アイスクリームです。それぞれに分量が多過ぎるうえに濃い味付けなのでメインディッシュは半分位残してしまいました。
近くの席のハワイの人達(かどうかは分かりません)は、食前にチョコレートパフェかアイスクリームサンデーのようなスイーツ類を食べてから食事が始まり、食後にも大盛りデザートを美味しそうに召し上がっていました。そんなにカロリー摂取したら間違いなく肥えますよ!でもここで若い日本人女性に出会うと痩せ過ぎに見えるから不思議でした。

食後はこのホテルの名物であるマンタ見物の時間です。
夜8時頃、照明された海中で大きな口をあけてプランクトンを食べているマンタ(イトマキエイ)を4,5匹見ました。自然のマンタをかなり真近に見られて迫力があるので、沢山のマンタ・ウオッチングの人達で賑わっていました。
日付変更線を越えたお陰でとても長い一日がようやく終わりました。 

スポンサーサイト



03/23 09:07 | 旅行
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved