FC2ブログ
中川 渉 展を終えて
中川 渉 展(2019.11.5~17)を終えて

隣接していた画廊アートライフみつはしで、個展を4回開催されたご縁から、当画廊でも中川渉個展を引き続き開催してくださるようお願い致しました。

<展示作品>
1 植物標本 銅板    
2 6×5
3 AS
4 Ring 
5 3 L
6 パレット
7 3×4
8 4×5   
9 見開き
10 かりん
11 マグノリア 
12 medicianecase
13 花びら
14 White peppr
15 パイプ    
16 スクラップ
17 時の存在
18 6×6
19 V  
20 文字盤 
21 マス目
22 4×3 
23 Helsinki Kauppatoni
24 古書
25 4×7 
26 植物標本
27 モンキーツリー

nakagawa201.jpg
展覧会場入り口
   
nakagawa 213 nakagawa 214
植物標本銅板    6×5
 
nakagawa215.jpg nakagawa 216
AS               Ring

nakagawa202.jpg
展覧会場
   
nakagawa 217 nakagawa 218 nakagawa 219
3L           パレット         3×4
 
nakagawa 220 nakagawa 221
4×5         見開き
nakagawa 222
植物標本


nakagawa206.jpg

nakagawa205.jpg
展覧会場

nakagawa 207
マグノリア、medicianecase、花びら、White pepper、パイプ、スクラップ、時の存在

nakagawa 208
6×6         V

nakagawa 210
展覧会場

nakagawa 211
展覧会場
 
nakagawa 226 nakagawa 227
文字盤         マス目
 
nakagawa 229 nakagawa 230
4×3             Helsinki Kauppatoni
 
nakagawa 231 nakagawa 232
古書           マス目
  
nakagawa 233 nakagawa 234
植物標本       モンキーツリー        

nakagawa 212
展覧会場

nakagawa200.jpg
立体作品
アスファルトルーフィング(屋根材の下に敷く防水シート)を番線(工事現場で足場の結束に使う針金)で縫い合わせて、砥の粉を引いたり、バーナーで焦がして穴が空いたりしています。遠目には、陶器と見間違う程の重量感を感じますが、紙製です。
作品の材料はフランスの薬缶、ヘルシンキで奥様が購入されたガラス瓶、カナリヤ諸島原産のモンキーツリー、京都の骨董市(古道具市)で入手された様々な年代物、拾われた植物の種、古い植物採集標本、等など。世界中の宝物を集めるところから制作が始まっています。
何気ない、見過ごしてしまいそうな、時には処分してしまいそうな物達に焦点を当てて、新しい命を吹き込み、再び蘇らせる優しさと創造力から作品が生まれるように感じました。

 nakagawa198.jpg
中川 渉 氏
≪中川 渉 氏のプロフィール≫
1955 富山県高岡市に生まれる
1976 新制作展出品(以降毎年出品)
1980 京都教育大学専攻科(美術・工芸)修了
1995現代日本美術展佳作賞
1996、1998、2000 個展 セルフ・ソウ・アートギャラリー(大阪)
2012、2014、2016、2017個展 アートライフみつはし(京都)

……………………………………………………………………………………………..

中川氏が師事された桑田道夫先生(洋画家、元京都教育大教授 1916~2002)が
2000年3月4日に京都文化博物館旧館会議室で講演をされました。その記録を中川渉夫人・晴恵さんが編集された冊子「桑田道夫 講演」を拝読。その中から印象的なお言葉を掲載させて頂きます。『、、、ひとつの秩序が壊される。するとそこに、今度は新しい意外な新鮮な秩序が生まれてくる、、、』 『、、、この即物的な仕事っていうのは、自分の対象として、作品が、モノがあるっていうよりも、もう自分と全く同化した世界と考えたい、、、』 『、、、白く塗っておいて「黒パン」という題名を付けることによって、よりモノとしての迫力を感じてもらいたい、、、』 『、、、すまいは私達が主役の夢の空間ですが、主役が犬でも机でもいい訳です、、、』 『、、、何の関係もないというところに、不思議な関係を感じてしまう、、、』 『自分の体で、ものを実感として知っていくということが重要、、、』などを興味深く読ませて頂きました。桑田先生のアトリエは、お嬢様のデューリー直さんが今年の春から、誰もがアイディアを表現できる自由な空間として、「Gallery Nostalgia」をオープンされました。ワークショップやイベントなどを企画されています。今後のご活躍を楽しみにしています。

………………………………………………………………………………………….

フリーライター小吹隆文(@kobukitakafumi)| Twitter
11月12日
ギャラリー揺の「中川渉展」。ミクストメディアの平面。植物、古書などを支持体に貼り付けている。支持体の白っぽい色は紙粘土。朽ちた風合いが魅力的で、時がフリーズしたかのような静謐を感じる。庭には建材を支持体とする皿型の作品(旧作)も。https://www.yuragi.biz

………………………………………………………………………………………….

nakagawa 237
展覧会中に、ヒヨドリよりは少し小さい、イソヒヨドリ(オス)が揺の庭に飛んで来ました。留鳥で単独行動、かつては海岸周辺が主な生息地でしたが、最近は住宅地やビルの谷間を飛び回る姿を見かけることが多くなり、春には声量のある美声でさえずるそうです。人懐っこくて、カメラを向けても怖がりません。沓脱石に乗って展覧会場内の作品を覗くイソヒヨドリの姿はとても可愛いでした。

この展覧会の終了後は、2020年3月2日まで冬季休廊させて頂きます。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。 ギャラリー揺 三橋登美栄


スポンサーサイト



11/25 18:50 | 展覧会
堀田淳一展(2019.10.22~11.3)を終えて
堀田淳一展(2019.10.22~11.3)を終えて

当画廊での堀田淳一展は2009年、2011年、2013年、2015年に続き5回目。
山藤をモティーフに、日本画作品「wisteria」を14点、板間と畳の間に展示されました。

hotta019.jpg

hotta004.jpg
展覧会場

hotta021.jpg

hotta022.jpg

hotta010.jpg
展覧会場

hotta023.jpg

hotta025.jpg

hotta026.jpg
作品部分の拡大画像です。何度も塗り重ねられた画面の奥には、こんなにも様々な内容が描かれていたのかと驚きました。カラフルな藤の花々の周りには、リズミカルな風が揺らぎ、樹々の音符が乱舞している風景からは音楽が聞こえてきそうです。

hotta027.jpg

hotta018.jpg
展覧会場

hotta028.jpg

hotta029.jpg

hotta014.jpg
展覧会場

hotta031.jpg

hotta032.jpg

hotta033.jpg

hotta004 (2) 堀田淳一氏

堀田氏はパンリアル美術協会会員、堺美術協会役員、社団法人国際ART BRIGE副理事長の役職を引き受けてご活躍中です。芸術(ART)の交流を通じて世界のアーティストたちと、HEARTとHEARTをつなぐ架け橋(BRIDGE)の役目を担う展覧会を続けてこられました。今までにアメリカ、韓国、ニュージーランド、カナダとの国際交流展を開催して大きな成果を上げておられます。その他、ボーダレスやアールブリュット作品の企画展も計画中です。今後の展開を楽しみにしています。(ギャラリー揺 三橋登美栄)


11/08 23:22 | 展覧会
益子由美展(2019.10.8~13)を終えて
益子由美展―景色の中の家―(2019.10.8~13)を終えて

数年来の友人・益子由美さんの初個展です。30年余り前に油絵教室で指導を受け、それ以来長年に亘って描き溜められた作品をまとめて展示発表されることになりました。

<展示作品>
1 耕す(日野町) P30    
2 踏切のある風景(日野町) F50
3 陶工の街③ (信楽町) F50 
4 信楽にて (信楽町) F50
5 川ぞいの道 (日野町) F20
6 ヴォーリス建築の家 (近江八幡) F30
7 陶工の街① (信楽町) F50  
8 窯跡のたぬき [信楽町] F50
9 陶工の街② (信楽町) F50
10 薪小屋 (信楽町) M12
11 蒲生野展望 (蒲生野) F50
12 蔵(蒲生野)P50
  
IMG_E1161.jpg
展覧会場(入口)

IMG_E1177.jpg
作品「耕す」

IMG_E1181.jpg
作品「踏切のある風景」

IMG_E1162.jpg
展覧会場(板間)

IMG_E1185.jpg
作品「陶工の街③」

IMG_E1186.jpg
作品「信楽にて」

IMG_E1165.jpg
展覧会場(板間)

IMG_E1189.jpg
作品「川ぞいの道」
初期の作品で、益子さんが自由に伸び伸びと描かれた気持ちが伝わってきます。

IMG_E1190.jpg
作品「ヴォーリス建築の家」
W.M.ヴォーリスは大正から昭和期に、一種の洋風住宅ブームを引き起こした、そのモデルとなる住宅や建造物を日本各地に残したアメリカ人建築家です。1905年の来日以来、実に1500以上の建築作品を手掛けたそうです。

IMG_E1193.jpg
作品「陶工の街①」

IMG_E1194.jpg
作品「窯跡のたぬき」

IMG_E1168.jpg
展覧会場(畳の間)

IMG_E1196.jpg
作品「陶工の街②」

IMG_E1199.jpg
作品「薪小屋」

IMG_E1201.jpg
作品「蒲生野展望」

IMG_E1203.jpg
作品「蔵」
ガリ版伝承館は東近江市蒲生野にあり、明治中頃にガリ版印刷を発明した堀井新次郎親子の住居だった建物です。母屋と洋館といくつもの蔵が並ぶ大豪邸で、広い敷地内にある古い蔵には、全国から集まった古いガリ版(謄写版)が保管されています。

IMG_E1215.jpg
展覧会場で作品の説明をされる益子由美さん

TWXFE7707.jpg
10月12日は台風の影響で京都市内の施設は臨時閉館になり、イベントの中止が相次ぎました。ギャラリー揺は開廊しましたが来廊者はゼロ。一人で西の空を眺めていると、大きな夕陽に照らされた空はオレンジ色に焼け、雲が西から東に足早に流れていました。今回の台風19号で甚大な被害に遭われた関東、甲信越、東北の皆様にお見舞い申し上げます。

………………………………………………………………………………………………
小吹隆文(フリーライター)ツイートに掲載された文章
ギャラリー揺の「益子由美展」。絵画。在住地の滋賀・甲賀周辺の風景を基に描いている。具象画だが、風景を入れ子状にした作品もあり、必ずしも再現的ではない。高齢の作家で、約30年前から絵画を始めた。これまではグループ展で活動しており、個展は今回が初。https://www.yuragi.biz/ pic.twitter.com/jTeB2vkv3E(小吹隆文‏ @kobukitakafumi 10月8日)
………………………………………………………………………………………………
産経新聞(2019年10月5日土曜日朝刊)京都版 まち案内 美術に案内状の写真(踏切の風景F50号)を掲載して益子由美絵画展を紹介。
………………………………………………………………………………………………
益子由美 略歴 
1946 大阪市で生まれ、現在は滋賀県甲賀市に在住
1986~1988 水口中央公民館で油絵講座を受講
1989~ 碧会に参加し活動
1993~ 福井重男氏に師事
2019.10 初個展 ギャラリー揺(京都)
………………………………………………………………………………………………
今展は、油絵12点に加えてガラス絵小品も展示。益子さんのお住まいから程近い信楽、近江八幡、蒲生野、日野町などの風景を描かれた油絵です。初期の作品は印象派のセザンヌを思い起こさせるような自由な動きを感じ、描きたい気持ちが素直に伝わってきます。1週間の初個展を盛会のうちに終えられました。今後は、来廊者からのご意見なども参考に、また新たに創作されることと思います。次の新作を楽しみにしております。(ギャラリー揺 三橋登美栄)


10/17 19:51 | 展覧会
group91/79/70展を終えて
group91/79/70展を終えて

2009年に大阪の番画廊で「group81」展がスタートし、2013年「group85」展まで5回開催。
そのgroupを引き継ぎ「group86/74/65」展に移行して、2014年からギャラリー揺で再スタートとなりました。当画廊で6回目、通算11回目になります。

CIMG0349.jpg 展覧会場

P5080001.jpg 林康夫「寓舎 格子戸」

P5080008.jpg 林康夫「寓舎‘18-S」

P5080009.jpg 林康夫「寓舎‘18-B」

P5080013.jpg 林康夫「寓舎‘19-A」

P5080016.jpg 林康夫「寓舎 廃屋」

昨秋、事故後7年にしてやっと福島に行きました。
常磐高速道では浪江町に着くまで次々と放射能測定値が電光掲示板に表示されていて緊張感を覚えた。第一原発から北に6~7kmの地点。現地は一見にしかず、荒涼とした中に点在する廃屋、(寓舎)ここにあった生活を思うと胸が詰まりました。私の寓舎のこれからは?(林康夫)

20194293.png 木村秀樹「Lattice on Grid 2」

P5080003.jpg 木村秀樹「Grid‘17-5-17(Ripples and Rainbow 4)」

P5080004.jpg 木村秀樹「Grid‘17-5-15(Ripples and Rainbow 3)」

「アクリル絵具のスキージング絵画」(Squeegeeing Acrylic on Canvas)のシリーズから出品します。皮膜の積層というシルクスクリーンの基本的生成様態を、強引に絵画にシフトさせる事で、未見の違和の発生を期待しつつ探っています。
 ブルーの下地に薄いミルク色が重なっています。ブルーとミルク色は夫々の主張を他とは無関係に繰り広げています。重ねられる事によって、主張は中和されたかに見えますが、決して溶解する事はありません。お互いが異者のまま共存し続ける様態を示しています。(木村秀樹)

CIMG0352.jpg 展覧会場

IMG_1989.jpg
右から林先生、木村先生、中馬先生

CIMG0353.jpg 展覧会場

P5080027.jpg 中馬泰文「CLIP/A」

P5140001.jpg 中馬泰文「CLIP/B」

P5080020.jpg 中馬泰文「CLIP/C」

P5080027.jpg 中馬泰文「CLIP/D」

P5080017.jpg 中馬泰文「CLIP/E」

お気に入りのコーヒー豆をネットで購入すると必ずクリップ一個が添付されてくる。机の上には数えられない程のクリップがあちこちに挟まれている。60年代、ハイレッドセンター(アートグループ)の大量のクリップを使ったオブジェやパフォーマンスを思い出す。
「クリップは、つかんで留め置くための器具。一定の状態で固定しておくこととそのものを目的としているもののほか、物に固定することを手段として一定の目的を果たす役割を持つものである。(ウィキペディア)」とある。(中馬泰文)


P5170010.jpg
右から中馬先生、木村先生、高橋先生、林先生

CIMG0357.jpg 林康夫「昼下がりの饒舌」

……………………………………………………………………………….
京都新聞2019年5月18日朝刊(美術欄 催し)掲載記事

今年91歳の陶芸家林康夫と79歳の画家中馬泰文、70歳の版画家木村秀樹、それぞれジャンルの枠を超えて表現してきた3人のグループ展「group91/79/70」がギャラリー揺(京都市左京区銀閣寺前町)で開催中だ。 表面とその奥にあるレイヤー、皮膜越しのストロークの手跡を見せる「アクリル絵具のスキージング絵画」の木村、白を基調に静かなユーモアが広がる画面の中馬。驚くのは詩情漂う「寓舎」に取り組んできた最年長の林が、これまでと違う新作を発表していることだ。さびてゆがみのある建物の形の「浪江町の廃屋」だった。 林は東日本大震災のショックで制作途中で手が止まってしまった作品があった。昨秋、助手と車でその作品を福島県内の美術館へ届けて寄贈した。その際に常磐道で電光掲示板に次々と表示される放射能測定値に緊張し、荒涼とした中に見た点在する廃屋が胸を突いたという。この世の仮の宿という無常観がこめられる「寓舎」と「廃屋」が重なる風景は示唆的だ。19日まで。無料。(河村亮)

……………………………………………………………………………….

group展を毎年開催して、今年で6年目になります。
一年が早く過ぎると感じるようになり、「もう6回目!」と驚いています。
実は一年が早いと感じる理由は心理学で説明できるそうです。心理学では「ジャネーの法則」といって「人は年を取ると体感時間を短く感じるようになる」という法則があります。どのくらい短くなるかというと、一説によれば「人が成人した時には人生の半分が終わってしまっている」とされるほどです。その上、脳の衰えが考えられます。適度に脳トレをしなければ脳年齢が下がりボケやすくなってしまいます。しかし「新しいことにチャレンジ!」することは脳機能を活性化し、認知症予防にもなります。
新しい作品に挑戦している作家の方々が若々しく見えるのは、内面=脳から若返っている証拠かもしれません。そして『新しいことへのチャレンジが時間を長くする』ようです。
次のgroup92/80/71展がすぐやって来たと感じないよう、新しいことにチャレンジして長い1年と思えるように心がけます。(揺 三橋登美栄)

05/20 20:47 | 展覧会
第三回 一六一六展 (2019.3.19~24)を終えて
第三回 一六一六展 (2019.3.19~24)を終えて

2016年 京都造形芸術大学 陶芸コース卒業生の陶芸作品グループ展です。
今回は「ひびく」をテーマに13名の個性的な作品が展覧会場に並びました。

《出品者 13名》
石田元子 井星はるか 梅香恵美子 梅本泰子 落合利男 川本修 越野良一 谷口和久 中澤文恵 中島秀 中村晃 長瀬真弓 野田華子

 CIMG0115.jpg 展覧会場

 CIMG0117.jpg 中澤文恵

 CIMG0122.jpg 梅香恵美子
 
2019331.jpg 谷口和久「心地よい土の声」

 CIMG0113.jpg 展覧会場

 P3190091.jpg 越野良一

P3190095.jpg 落合利男「龍炎」
 
P3190101.jpg 中村 晃「自画像」
 
P3190103.jpg 川本 修「どしん どしん」
 
P3190161.jpg 川本 修「一六人一六色」
 
P3190110.jpg 川本 修「大地の刻」
 
CIMG0126.jpg 展覧会場
 
P3190114.jpg 野田華子
 
P3190120.jpg 井星はるか
 
P3240005.jpg 落合利男「ジョカリョーシカ」
 
P3190121.jpg 長瀬真弓「海鳴り」
 
P3190125.jpg 梅本泰子「響 ― サンドリヨン城」
 
P3190126.jpg 中島 秀
 
P3190131.jpg 中村 晃「オカリナ 縄文土笛 鳥・象の土笛 おっぱい土笛」
 
P3190139.jpg 梅香恵美子
   
P3190140.jpg 石田元子

P3190145.jpg 石田元子

CIMG0130.jpg 展覧会場
 
P3190147.jpg 中村 晃「自画像」
 
P3190155.jpg 谷口和久「心地よい大地の声」
 
P3190158.jpg 井星はるか

P3240012.jpg

「勝手にコメント」
1年前の第2回一六一六陶展の最終日。当日集まったメンバーで跡片付後、次回のテーマを決めることになり、いくつかの候補が上がった中で多数決によって最終的に「ひびく」に決まりました。
多数決とはいえ、この「ひびく」というテーマ。個人的には他のテーマを推していただけに、柄にもなく悩むことになりました。どのように表現すればよいのか、正にこのコトバの“響き”からどうイメージを膨らませて作品を作り上げれば良いのか、北海道に帰ってから格闘が始まりました。
ずっと以前に地元の山で採取した土や石がありましたが、使いこなす自信も無くそのままにしていました。でも造形大のスクーリングで学んだ「何でもやってみよう」というチャレンジ精神!?でゼロから作ることにしました。なかなか言うことを聞いてはくれない土でしたが、7割~8割の割合をベースにして、残りは卒制で使った粘土を混ぜてみました。釉薬は、砂鉄を含んだ黄色の石にホタテ貝の貝殻等を混ぜて作ってみました。
「ひびく」という言葉から、目には見えない他者との共感とか共鳴などの心の働き。他方、目に見える、いわば大地の物理的働きのひびくという二つの方向性を持った作品群を目指すことにしました。
今回このテーマで、どのくらい迫り表現できたのか分かりませんが、個性溢れる一六一六陶展のメンバーとの共感やこれからも共に刺激し合って行こうという気持ちを持つことができました。
個々人の作品の見せ方、ギャラリーに来られた方への説明話など、まだまだ考えて行く必要性も感じました。皆様お元気で!様々のご配慮をいただきつつ、会場を提供してくださったオーナー様に御礼申し上げます。来年のテーマは何でしょうか、楽しみにしつつ、またお会いましょう。 (川本 修)

…………………………………………………………………………………………..

「展覧会を終えて」
1年ぶりに一六一六展の方々に再会し、昨年の作品を思い出しながら、搬入・展示の様子を拝見しました。それぞれの陶作品からは、思いを込めて制作された熱意が伝わってきました。2年目の親しさも加わって話題は広がり、共に楽しい1週間を過ごさせて頂きました。来年もまた当画廊で良い展覧会を。と応援したくなる素敵なグループ展でした。ありがとうございました。(揺 三橋登美栄)
03/30 20:17 | 展覧会
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved