FC2ブログ
京都芸術大学通信教育課程 大学院生(陶芸)展 (2021.3.9~14)を終えて
京都芸術大学通信教育課程 大学院生(陶芸)展 (2021.3.9~14)を終えて

《出品者 8名》 清水六兵衞先生、芥川宏、江原英子、倉賀野芳史、澁市俊文、添田優子、西岡康雄、前川直之。 
大学院生修士課程1、2年生の作品と清水六兵衞先生の作品、総計26点の展覧会です。

IMG_3707.jpg 展覧会場

IMG_3708.jpg 展覧会場  

IMG_3786.jpg IMG_3787.jpg
作品 「光を放つ多肉植物」
コメント : ふくよかでぼってりした肉厚な葉、茎、根に水分と栄養分を蓄え、夜に気孔をあけ、ひそかに呼吸する植物の生きる姿を、光と染付を使って表現してみた。(添田優子)

IMG_3710.jpg
作品 「内なる時間」
コメント : コロナ禍の中、いろいろな意味で空間や時間の制約がありました。その様な状況を陶箱の形を借りて表現しました。(清水六兵衞)

IMG_3720.jpg
作品 「碗 / 鉢 / 酒器」
コメント : 坏土や釉薬の原料である長石を単味で素材として扱っています。成形や焼成に難がありますが、陶磁器とは違った質感が特徴です。(前川直之)

IMG_3791.jpg IMG_3792.jpg IMG_3793.jpg
作品 左から「①麗子、②ハナコ花器、③志津子」
コメント : ①華麗なる人魚オブジェです。カレイ、ヒラメ類は脊椎動物としては大変珍しく左右非対称です。この人魚は目が右にありますのでカレイ型です。②ハナコは未来の人類の象徴として創ったキャラクターです。彼女にとってはこれが最もリラックスするポーズです。③シュールレアリズムの巨匠、マグリットのオマージュ作品です。マグリットはタラのような魚の形をした逆人魚を絵画に表現して人々の固定観念を覆しましたが、それとは違ってオコゼ形の逆人魚オブジェです。(芥川 宏)

IMG_3790.jpg
作品 「連鎖」
コメント : 人は文明を高度に発展させたとも言えますが、道端の草が普通に行っている光合成を再現することすらできていません。地球を支配しているようでいても自然のいろいろなものにぶら下がって生きているのです。そのような様を吊り下げ構造の磁器パーツの組み合わせで表現しました。(芥川 宏)

IMG_3716.jpg 展覧会場

IMG_3723.jpg
作品 左から「筆洗、深鉢、一輪挿し、茶碗、宙・X」 (西岡康雄)
IMG_3724.jpg
IMG_3725.jpg

IMG_3731.jpg
作品 1列目左から「①君子蘭、②花菖蒲、③和紙染め」 2列目左から「④翡翠、⑤萌え出るエネルギー、⑥希望の鳥」
コメント(技法) : ①下絵具での釉下彩、②色釉と下絵具での釉下彩 ③呉須での和紙染め、④呉須の下絵と九谷の上絵でカワセミの様々を描いた ⑤内側から生命エネルギーが湧き出るかのように表現 ⑥鳥をデザイン化し、九谷焼で表現 (江原英子)

IMG_3741.jpg
作品 「3つの停止原器 / M.D.H」
コメント : マルセル・デュシャンへのオマージュ作品です。デュシャンは3本の紐で偶然を原器に閉じ込めました。陶芸は焼成で作品を作ります。温度変化の偶然の形を原器で閉じ込めてみた作品です。(澁市俊文)

IMG_3802.jpg
作品 「水辺の情景」
コメント : カワセミとフクロウと鮎で水辺の情景を表現 (江原英子)

IMG_3801.jpg IMG_3803.jpg
作品 「胚胎」
コメント : 一つの卵が命となった姿を、生命の始まりとして表現しました。(倉賀野芳史)

IMG_3744.jpg
作品 「曜変碧彩瓶」 (西岡康雄)

IMG_3800.jpg
作品 「宙・Y」 (西岡康雄)

IMG_3805.jpg
庭に数羽のメジロが飛来。宗旦椿の枝につかまり、揺れながら花の蜜を吸っていました。

IMG_3704.jpg


IMG_3812.jpg
夕陽が落ちて辺りが暗くなると、室内展示作品がガラス戸に映り込んで2重に見えます。更に庭の作品と重なり合って、幻想的な空間が出現しました。

京都芸術大学通信教育課程 陶芸コースは初めて土に触れる人も学習できるカリキュラムと、自宅に窯のない人も制作できる課題提出方式があります。器から造形作品まで各自の感性を重視した指導を受けることができます。このグループ展にご参加された方々は4年間の陶芸コースを卒業後、大学院に進学された皆様です。そして今後も意欲的に制作を継続されることと思います。新作拝見を楽しみにしています。(三橋登美栄)
スポンサーサイト



03/17 14:59 | 展覧会
夛田憲太郎展(2020.11.3~11.8)を終えて
夛田憲太郎展(2020.11.3~11.8)を終えて

当画廊での夛田憲太郎展は2016年8月に続き、4年ぶり2回目です。前展と同じく、今回も全て風景画です。鑑賞者の話題はドンゴロス地に描かれた作品の「モヤモヤ感」でした。

IMG_3248.jpg
「小川」 270×370mm 油彩・紙(アルシュオイルパッド)

IMG_3262.jpg

IMG_3260.jpg

IMG_3250.jpg
「立石寺 2」P30 油彩・ドンゴロス

IMG_3253.jpg
「アメリカの古い家」P30 油彩・ドンゴロス

IMG_3263.jpg

IMG_3254.jpg
「宗谷丘陵 3」 270×370mm 油彩・紙(アルシュオイルパッド)

IMG_3257.jpg
「釧路湿原廃屋 1」P20号 油彩・キャンバス

IMG_3258.jpg
「釧路湿原の廃屋 2」484×365mm 油彩・紙(アルシュオイルパッド)

IMG_3264.jpg

DSC_9753.jpg
「シリパ岬」F12号 油彩・ドンゴロス

IMG_3267.jpg
「荒地」 274×193mm 油彩・紙(アルシュオイルパッド)

IMG_3269.jpg
「立石寺」760×664mm 油彩・紙(アルシュオイルパッド)

IMG_3271.jpg
「宗谷丘陵 2」270×370mm 油彩・紙(アルシュオイルパッド)

IMG_3273.jpg
「宗谷丘陵」270×370mm 油彩・紙(アルシュオイルパッド)

IMG_3244.jpg
 夛田憲太朗氏

…………………………………………………………………………

≪大阪在住フリーライター・小吹隆文氏@kobuitakafumi・Twitter に掲載された記事≫
ギャラリー揺の「夛田憲太朗展」。絵画。前回の個展(2016年)以後に制作した作品で構成。1点だけボストンの白い民家を描いた作品があり、他は北海道など国内の風景。大半は淡々とした雰囲気だが、そこが良い。「じわる」ってこういうこと? 明日(11/8)まで。

……………………………………………………………………………….

作品「立石寺」を観賞して、松尾芭蕉の俳句「閑けさや 岩にしみ入る 蝉の声」が頭に浮かびました。
『 …「岩に巌を重ねて山とし」とあるとおり、岩に岩を重ねたような山のところどころにお堂が建っています。 … 芭蕉は山寺の山頂に立ち、眼下にうねる緑の大地を見回した。頭上には梅雨明けの大空がはてしなく続いています。そこで蝉の声を聞いているうちに芭蕉は広大な天地に満ちる「閑けさ」を感じ取った。 … 「閑けさ」とは現実の静けさではなく、現実のかなたに広がる天地の、いいかえると宇宙の「閑けさ」なのです。梅雨の雲が吹きはらわれて夏の青空が広がるように、突然、蝉の鳴きしきる現実の向こうから深閑と静まりかえる宇宙が姿を現したというわけです。 … 「奥の細道」を読みすすめてゆくと、月(出羽三山)や太陽(酒田)や銀河(出雲崎/いずもざき)が次々と姿を現しては去ってゆきます。「閑けさや」の句はこの宇宙巡りの旅の扉を開く一句なのです。』≪NHK 100分de名著 2013年10月号より≫
……………………………………………………………………………….
夛田憲太朗氏の作品は、芭蕉とは違う「静けさ」が漂っています。人の気配を予感する前の静けさを感じます。「自己の内面を深く見つめながら制作を進め、時には筆が勝手に動く勢いで完成させました。」と夛田氏から伺いました。今後は抽象表現を展開されるのでしょうか? 当画廊での3回目の個展を楽しみにしています。ご活躍ください。
(ギャラリー揺 三橋登美栄)


12/03 23:40 | 展覧会
黒河兼吉展(2020.10.27~11.1)を終えて
黒河兼吉展(2020.10.27~11.1)を終えて
KENKICHI KUROKAWA CERAMIC DESIGN EXHIBITION 2020

黒河兼吉氏は、隣接していたアートライフみつはしで2000年~2017年に個展を7回開催されました。弊画廊での展覧会は初めてです。

IMG_3192.jpg 展覧会場

IMG_3200.jpg
板間の展示台に花器、大中小組皿、ボール、グラタン皿、ティーカップ、ポットを展示
 

IMG_3183.jpg
IMG_3184.jpg
壁面にプロジェクターで照明器具作品を投影。

IMG_3189.jpg
板間飾り棚にベンケイソウを添えた花器を展示

IMG_3190.jpg
板間壁面にリズミカルに花器を展示

IMG_3193.jpg
畳間に花器、酒器、盃などを展示

IMG_3195.jpg
畳間床の間に花器、オブジェ、酒器を展示

IMG_3199.jpg

IMG_3202.jpg
IMG_3204.jpg
庭に花器、オブジェを展示

IMG_3238.jpg
黒河兼吉氏

型から生まれるカタチ。
シンプルだけど冷たくない。
手で思考すること。
デザインから原型制作、成形、焼成までの全製造行程を自らの手で行います。
制作途中に現れるひらめきを見逃さず、指先から発想するプロセスを大切にしています。(黒河兼吉氏のホームページKENKICHI CERAMICS ABOUTより)

…………………………………………………………………………………

京都新聞 2020年(令和2年)10月31日(土)美術版 ギャラリー ≪掲載記事≫
黒河兼吉展(揺=銀閣寺前町1日まで)装飾を排したシンプルでモダンな陶磁器。明かりを灯(とも)すように温(ぬく)もりあるパステル調の柔らかい色と丸みを帯びたフォルムが暮らしに寄り添う。(平田剛志=美術批評家)
……………………………………………………………………………

庭のドウダンツツジの紅葉が始まる頃に展覧会を開催できたことを喜んでおります。展覧会場は開け放って換気に心がけました。皆様はマスク着用をご協力くださってありがとうございました。
日々の生活の中で、黒河氏の磁器作品を使わせて頂いています。強度的に優れているので、日常に愛用できるので嬉しいです。シンプルな花器は花材に邪魔すること無く使えるので、清楚な野草でも豪華な洋花でも組み合わせやすいです。黒河兼吉氏の爽やかな作品と共にアートな暮らしを楽しんでいます。ありがとうございました。(三橋登美栄)


11/25 13:19 | 展覧会
宇津啓子展(2020.10.20~10.25)を終えて
宇津啓子展(2020.10.20~10.25)を終えて

当画廊での宇津啓子展は2007年に続き2回目です。
今年の春、3月に「桜咲く」展を開催される予定でしたがコロナ感染拡大予防のために半年延期して、その期間に更なる準備を重ねて10月に「桜の花の咲く頃の思い出」展を開催。厳しい状況下にもかかわらず、多くの方々にご高覧頂いて大変嬉しく思っております。

IMG_3116.jpg

IMG_3118.jpg

IMG_3122.jpg 春を待つ やさしくなりたい 3F
IMG_3168.jpg 春を待つ① 10F
IMG_3125.jpg 春を待つ 岬にて 4F
IMG_3126.jpg 春を待つ つよく思う 4F

IMG_3128.jpg 夢の橋 60F

IMG_3175.jpg 桜時(六義園)20F
IMG_3172.jpg 普賢象 3F
IMG_3131.jpg 醍醐の枝垂れ桜 15F

IMG_3119.jpg

IMG_3133.jpg 醍醐の桜 30F
IMG_3171.jpg 思い出の桜 4F

IMG_3121.jpg

IMG_3138.jpg 枝垂れ桜 20F

IMG_3139.jpg 普賢象 SM
IMG_3140.jpg 岡崎の桜 6F

IMG_3155.jpg 宇津啓子さん

≪桜の花の咲く頃の思い出≫
 桜の花の咲く頃、空に広がる桜を見上げていると、何とも言いようのない満ち足りた心地がしてきます。この思いは今に始まったことではなく、幼い時からずっと感じていることのような気がします。そこにはまさに自由人であった母方の祖父林信蔵(ペンネームは林宜男)の気持ちとも重なるのかもしれません。
 祖父は学業半ばで、松江から京都に出て画塾に入りました。橋本関雪先生の教えを受けたと聞いています。雅号は華舟であったということです。その祖父の桜の掛け軸一幅が大徳寺の塔頭聚光院にあると聞いています。残念ながらまだ実物を見たことはありません。終戦後、祖父が聚光院の和尚様に京都での両親の住居をお尋ねしたところ、芳春院をご紹介して下さったと聞いています。そのご縁で両親は大徳寺の芳春院に住まわせていただきました。お茶会に行ったり楽しく趣きのある生活をしていたそうです。
 祖父は明治33年生まれで、多趣味の人でした。絵を描き、短歌を詠み、新聞に連載小説を掲載したこともあるそうです。茶道を好んでおりました。私が子供の頃、松江に帰ると、ゆったりとした時間の中で朝10時と午後3時にお茶の時間がありました。その時、私用の小さな茶碗、それには聚光院と記されていて金継がしてありました。これは現在手元にあります。私は今も祖父の夢の続きの中にいるようです。
 橋本関雪先生ゆかりの白沙山荘、その近くの哲学の道には桜並木があります。そしてその北に位置するギャラリー揺で個展を開催できますことはとても感慨深いものがあります。桜の花の咲く3月に個展を予定しておりましたが、コロナ禍の影響を受け延期いたしました。その折には皆様にご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。季節は変わりましたが、どうぞ桜の花の咲く頃を思い出して御高覧いただけましたら幸いです。(宇津啓子)


10/31 22:24 | 展覧会
若林 杏・高井正香二人展(2020.9.22~27)を終えて
若林 杏・高井正香二人展(2020.9.22~27)を終えて

青塔社所属、日春展会友の高井正香さんの日本画と、高井さんの三女・若林 杏さんのペン画の二人展です。高井さんは以前に、隣接していた画廊・アートライフみつはしで個展を2回開催されました。当画廊での展覧会は初めてです。

IMG_2927.jpg
若林 杏「残映 タピストリー」

IMG_2928.jpg
若林 杏「残映 靴2足」


IMG_2930.jpg
展覧会場

IMG_2931.jpg
展覧会場

IMG_2935.jpg
高井正香「海へ(印象 日の出)」

IMG_2938.jpg
若林 杏「残映」

IMG_2939.jpg
若林 杏「残映」

IMG_2940.jpg
若林 杏「残映」

IMG_2942.jpg
若林 杏「残映」

IMG_2944.jpg
高井正香「マーメイド」

IMG_2958.jpg
高井正香「淀川の流れ」

IMG_2959.jpg
高井正香「トライアングル」 

IMG_2960.jpg
高井正香「おやゆび姫」

IMG_2961.jpg
高井正香「マーメイド」

IMG_2963.jpg
若林 杏「残映」

IMG_2965.jpg
若林 杏「残映」

IMG_2967.jpg
若林 杏「残映」

IMG_2969.jpg
若林 杏「残映」

IMG_2970.jpg
若林 杏「残映」

IMG_2974.jpg
若林 杏さん(右側)と高井正香さん

子育てにお忙しかった頃の高井さんは、お嬢さんを背負いながら制作に励み、日展に出品されたそうです。そんな母親の制作態度を間近に見て、若林さんも幼い頃から熱中して絵を描いておられたそうです。繊細なタッチで描き込まれた若林さんのペン画と、淡い色彩が重なり優しい印象を受ける高井さんの日本画とでは、随分表現方法が異なりますが、不思議な親子の絆を感じます。お二人の今後のご活躍を楽しみにしています。(ギャラリー揺 三橋登美栄)


10/01 22:45 | 展覧会
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved