FC2ブログ
鍬田正義写真展・蝉丸神社・佳山 2021.4.13 
鍬田正義写真展・蝉丸神社・佳山 2021.4.13 

「午後からは強い雨に注意!」の天気予報を気にしながら、お昼から2人で京都駅までお出かけ。京都駅ビル内で和久傳の味を気軽に味わえる「はしたて」で昼食です。
IMG_4052.jpg
鯖寿司セット  鯖寿司、炙り鯖寿司、鯛のお造り、だし巻き、はじかみ生姜、筍、葉物のおひたし、味噌漬けのキュウリ、お味噌汁。隣のお客は名物の蓮根餅の笹を楽しそうに開けておられました。

次は、JR京都伊勢丹7階隣接の美術館「えき」KYOTOで「鍬田正義写真展」を鑑賞。
≪時間~TIME BOWIE×KYOTO×SUKITA≫
1972年、ロック・ミュージシャンのT-REXを撮影しに行ったロンドンで、写真家・鋤田正義はデヴィッド・ボウイと出会い、翌年には彼のワールド・ツアーに同行。以来、二人の関係はボウイがこの世を去るまで約40数年間に及んだ。ボウイは大の親日家で、京都にも何度か訪れた。1980年のある日、鋤田はボウイとプライベートな時間を京都で過ごすことになるが、その時間は今も強烈に鋤田の心に残っている。鋤田は、過去の時間を整理し再び心に刻むため、ボウイが愛した京都を撮り始めた。本展は、当時京都で撮影したデヴィッド・ボウイの姿と今の京都を撮りおろした作品で構成する。時空を超えて二人の旅が始まる…。

…………………………………………………………………………

写真展鑑賞の次は、雨雲レーダーを確認しながら近江に向かいます。京阪京津線大谷駅で下車して、ここから蝉丸神社(上社、下社、分社)の三社巡りのスタートです。蝉丸神社は、822年に小野岑守(おののみねもり778~830年)が旅人を守る神とされる猿田彦命・豊玉姫命を逢坂山の山上(上社)と麓(下社)に祀ったとされ、平安時代中期蝉丸が逢坂山に住んだことで歌舞音曲の神として祀られ信仰されるようになったそうです。

IMG_4053.jpg

IMG_4055.jpgIMG_4054.jpg
平安時代以前に、逢坂関(おうさかのせき)は、山城国と近江国の国境の関所で東海道、中山道、北陸道より国内最大の貨客が集まっていました。京の玄関口にあたり、東海道の大津宿、札の辻より峠越えにより、三条通に通じる軍事的な要所でもありました。
蝉丸(せみまる、生没年不詳)の小倉百人一首に収録されている「これやこの 行くも帰るも分かれては 知るも知らぬも逢坂の関」の和歌で知られています。蝉丸は平安時代前期の歌人で皇室の血筋を持っていた、盲目の琵琶法師だった、単に乞食だったなど諸説ありますが詳細は不明。だが逢坂の関に庵をむすんで歌を詠んでいたのは事実のようで「坊主めくり」で子供の頃からおなじみの人物です。

IMG_4058.jpg
現在、逢坂関跡は国道1号線が走り当時の面影はありませんが、昭和60年代頃までは検問所の建物が建ち、大型トラックの過積載検問が行われていていました。普通車の屋根に大きな絵のキャンバスをロープで結わえて走行していた私は2人の警官に止められて検問を受け、ロープを締め直しました。その後、廃止され現在は石碑が建つのみです。

IMG_4062.jpgIMG_4060.jpg
逢坂山の土手に群生するニガイチゴ?

国道一号線を琵琶湖の方に下って行くと、関蝉丸神社上社の長い石段が目に入ってきます。
IMG_4067.jpg

IMG_4071.jpg

IMG_4077.jpg

IMG_4076.jpg
丁度満開の石楠花に出会えました。優しいピンクの花々は蝉丸さんへのお供え花。

IMG_4083.jpg IMG_4085.jpg
旧逢坂山隧道東口
この隧道は明治11年10月5日東口から、又同年12月5日西口からそれぞれ掘削を始め、約1年8ヶ月の歳月を費やして明治13年6月28日竣工したもので、大正10年8月1日線路変更により廃線となるまで、東海道本線の下り線として使用されていたものです。全長664.8mにおよぶこの隧道は日本人技術者が外国技術の援助を得ずに設計施工した、我が国最初の山岳隧道として歴史的な意義をもつものです。

IMG_4088.jpg IMG_4089.jpg
シャガ       シロバナオドリコソウ

IMG_4092.jpg
高観音近松寺の赤い石楠花が可憐です。 

 
IMG_4094.jpgIMG_4093.jpg
関蝉丸神社の参道を京阪電車が横切ります。これは全国でも珍しい風景でしょう。
久しぶりに訪れたところ、社務所は取り壊されていて更地になり、社殿の老朽化が進み修繕中のシートが掛けられていました。現在「関蝉丸芸能祭の開催を機に神社再興へ」の御鎮座1200年記念事業を立ち上げて修復・境内整備のご奉賛を募っておられるところでした。
 
IMG_4100.jpg
関蝉丸神社の時雨灯篭(重要文化財)
花崗岩製の六角型石灯籠です。最上の宝珠と受花は後補。基礎と中台の蓮弁は単弁とし、竿の中ほどに蓮花と珠文帯、火袋は簡素な造りで、笠の蕨手(わらびで)は鎌倉時代の特色をよく表しています。

IMG_4108.jpg
午後6時前、今日の目的地のお食事処に到着です。関蝉丸神社の鳥居横、京阪電車の線路沿いにある古民家をリノベーションした割烹料理・佳山(カセン)。1階はカウンター席、2階のテーブル席からは京阪電車を眺めながらお料理を頂けるそうです。オーナーの安江洋造氏は元祖板前割烹で有名な京ぎをん浜作で修業されたと伺いました。

IMG_E4110.jpg
先ず、生酒 EMISHIKI Sensation 笑四季でスタート

IMG_4111.jpg
① うすい豆腐、うすいえんどう豆、二十日大根、自然薯、雲丹、山椒の葉を天盛

IMG_4114.jpg
オーナーが、目の前で藁を燃やして鰹を炙ります。このオーナーの高校時代の同級生にお誘い頂いてやって来ました。同級生が板前さんって良いですね。幸せが広がります。

IMG_4115.jpg
② 和歌山の鰹藁火焼きたたき、大葉と茗荷入りのおろし大根にカイワレ大根添え

IMG_4116.jpg
③ 椀物 自家製蛤のしんじょう、菜の花、撚り人参、山椒の葉

IMG_4117.jpg
④ 海老、キクラゲ、人参入り自家製飛龍頭(ヒリョウズ)、朝掘り筍、蕗、山椒の葉

IMG_4118.jpg
⑤ 焼き鰆、木の芽田楽味噌、コゴミ、そら豆

IMG_4119.jpg
⑥ イトヨリ、筍、スナップエンドウのフライにソース添え


IMG_4121.jpg
⑦ 筍の姫皮と大根葉の和え物、評判の熱々だし巻き、塩昆布、お味噌汁、ご飯


IMG_E4122.jpg
⑧ デザート 苺、キウイ、パイナップルのゼリー寄せ、手作り落雁、抹茶

新鮮な旬の食材を丁寧に仕込み、奥が深い京風薄味の旨味を堪能させて頂きました。私には多過ぎる数々のお料理をたっぷり頂き、満腹過ぎて苦しいはずなのに爽やかなのが不思議です。

今日の散策にお付き合いくださった同級生さん、贅沢な時間をお福分けくださってありがとうございました。(三橋登美栄)
スポンサーサイト



04/15 23:38 | 日々
安土文芸セミナリヨ & 安土城跡  2020.12.20 & 22
安土文芸セミナリヨ & 安土城跡  2020.12.20 & 22

滋賀県近江八幡市安土町は16世紀の頃、織田信長によって築かれ栄えた国際自由都市だったと言えます。イエズス会の宣教師達が信長の許しを得て“安土”に開校した「セミナリヨ」は、キリスト教の神学校でしたが、同時に西洋文化を伝える窓口でもあり、オルガン等の西洋楽器の演奏による情操教育をはじめとして、最先端の近代教育がなされていました。また、日本で最初に輸入されたオルガンによって西洋の音楽が奏でられ、信長もその音色を聴いたと伝えられています。
そして今、『文芸セミナリヨ』は文化交流の場であったセミナリヨにちなんで名付けられた、音楽を中心に文化的な活動に幅広く利用できるバロックデザインのホールです。

IMG_3562.jpg

今日の公演は『クリスマスコンサート2020・輝く音色のクリスマス・トランペットとオルガンのコンサート』です。(14:00開演・主催:公益財団法人安土町文芸の郷振興事業団) ホールの後ろの繖山(きぬがさやま)(別名観音寺山)432.7mの山頂付近はうっすらと雪化粧。辺りの空気は澄み切って清々しく、クリスマスコンサートにふさわしい風景に迎えられました。

演奏者紹介
パブロ・エスカンデ(パイプオルガン・作曲・編曲)=演者表記♠ 
ブエノスアイレスの音楽院でディプロマを取得後、オランダでJ・オッホに師事。R・レイナに作曲を学ぶ。現在は日本テレマン協会ミュージックアドヴァイサー、テレマン室内合唱団指揮者、京都女子大学非常勤講師。
福中 明(トランペット)=演者表記♣ 
大阪芸術大学演奏学科卒業。トランペットを池田俊、松崎祐一の両氏に師事。室内楽を森下次郎に師事。現在は奈良フィルハーモニー管弦楽団トランぺット奏者。ブラウアー音楽アカデミー、FUNFUN MUSIC講師。四條畷学園中学吹奏楽部コーチ。出雲芸術アカデミー音楽院客員准教授。
三橋桜子(パイプオルガン)=演者表記♥ 
東京芸術大学器楽科チェンバロ専攻卒業。オランダのユトレヒト音楽院でディプロマを取得。現在は京都市立芸術大学非常勤講師。同志社女子大学音楽学部嘱託講師。

Program
シャルパンティエ / エスカンデ編曲 テ・デウム(プレリュード)〔♠♣♥〕
マルティーニ トッカータ〔♠♣〕
モーツァルト 自動オルガンのためのファンタジー
ヘッセ オルガン連弾のためのファンタジー〔♠♥〕
ヘンデル アリア「調子の良い鍛冶屋」と変奏〔♠〕
ムルシュハウザー トッカータ・アルペッジャータ(降臨節)
ツィポリ パストラーレ(クリスマスの夜)
パーセル トランペット・ヴォランタリー〔♠♣♥〕
テレマン コラール・プレリュード〔♠〕
エスカンデ編曲 クリスマスメドレーⅠ〔♠♣♥〕

モンテヴェルディ / エスカンデ編曲 “聖母マリアの夕べの祈り”より序曲〔♠♣♥〕
エスカンデ ファンタジア〔♠♥〕
フィアダンク 2本のコルネットのためのカプリッチョ〔♠♣〕
作曲者不明 プレリュードとフーガ(ヴォランタリー)
バッハ もろびと声あげ〔♠〕
エスカンデ 天使たちのトランペット(初演)〔♠♣♥〕
エスカンデ編曲 クリスマスメドレーⅡ〔♠♣♥〕

Message
2012年に日本に移住して間もない頃、安土文芸セミナリオのパイプオルガンを演奏する機会に恵まれました。そして、今回再びこの素晴らしい楽器を演奏させていただくことになり、感慨深いと同時に、モーツァルトの言葉を思い出します。「私の目と耳にとって、オルガンは永遠に楽器の王様であり続けるだろう」
トランペットとオルガンの美しいコンビネーションは今に始まったことでなく、何世紀にも亘って存在していました。
本日のプログラムは変化に富ませており、よく知られた曲・珍しい曲、厳格な曲、原曲・編曲、古い時代の曲・新曲などを含んでいます。そしてこれらに多彩さを与えるために、編成にも工夫を凝らしました。トランペットの独奏、オルガン連弾、トランペットのデュエル、3人での演奏など、色々な編成の響きもお楽しみください。
私はこのコンサートのために新曲を書き、クリスマス音楽をメドレーに編曲しました。
モンテヴェルディやフィアダンクによる初期バロック音楽から後期バロック、古典派、ロマン派を経て現代に至るまで、幅広い時代のレパートリーを、この輝かしい“楽器の王様”のあらゆるコンビネーションの響きで楽しんでいただけたらと願っております。(パブロ・エスカンデ)

IMG_3569.jpg

ホールに設置されているパイプオルガン(イギリス・マンダー社製)の赤色は織田信長の安土城を象徴しているのでしょうか。パブロ・エスカンデ作曲の「天使たちのトランぺット」(初演)は新鮮で感動的でした。オーケストラを聴いているような音響に包まれ、特別な音色は、日本の古楽器の響きを感じました。クリスマスメドレー(編曲)のそれぞれの曲の移行部分は何度も聴き直したいくらい不思議な魅力にワクワクしました。初期バロック音楽から現代音楽までの沢山の曲を熱演してくださってありがとうございました。  
演奏者の皆さま、素晴らしかったです!!    ☆彡 Merry Christmas!! ☆彡

……………………………………………………………………………………………

クリスマスコンサートの翌々日(22日)、再び安土駅まで出かけました。駅の観光案内所で運よくボランティアガイドの方にお会いして、安土の町並みを案内して頂きました。

IMG_3571.jpg IMG_3572.jpg
活津彦根(いくつひこね)神社御旅所跡とその鳥居が遠くに見えます。

IMG_3576.jpg
伝承豊浦冠者行實の建物

安土駅から町中を散策して約30分で安土山麓に到着します。
安土城跡は織田信長が天下統一を目標に天正4年(1576)1月17日、重臣である丹羽長秀を総普請奉行に据え標高199mの安土山に築城させた平山城。岐阜城よりも京に近い利便性があり、北陸・東海の要所でした。現在は四方共干拓により陸地になっていますが当時は琵琶湖の内湖(伊庭内湖・常楽湖)に囲まれ南方のみが開けた地形でした。そのわずか3年後天正7年5月、わが国で初めて天守閣(天主閣)をもつ安土城が一応の完成をみせました。ところが、天主完成から3年目の天正10年(1582)6月2日未明、中国毛利へ出陣途中の明智光秀の謀反により信長は京都・本能寺で自刃(49歳)。混乱の中6月15日、天主などを焼失、一夜のうちに落城しました。原因は織田信雄が誤って焼き払ったという説や敗走する明智光秀軍による放火という説などが有名です。

IMG_3587.jpg
安土城跡石段

IMG_3592.jpg
 仏足石
我が国では奈良の薬師寺の仏足石が現存する最古(奈良時代・国宝)のものとして有名ですが、この仏足石は中世の数少ない遺物として大変貴重なものです。
 
IMG_3606.jpg
植物が生い茂る石垣の上が天主跡

IMG_3597.jpg
この石段を上がると天主跡に到着

IMG_3600.jpg
安土城天主跡
背丈ほどの高さの石垣に囲まれた東西、南北それぞれ約28mの台地。今は礎石が1,2mおきに整然と並ぶだけですが、この部分は天主の穴倉(地階の部分)にあたります。五層七階の天主は、高さ33mの木造高層建築は当時、わが国で初めてのものでした。内部は信長の御用絵師、狩野永徳の豪壮な障壁画や装飾を配していました。

IMG_3603.jpg
本丸跡からの眺望。信長も眺めていた琵琶湖が広がります。

IMG_3609.jpg
帰りは分岐点から左折して三重塔、仁王門の方向へ降ります。

IMG_3612.jpg
摠見寺本堂跡
摠見寺は臨済宗妙心寺派の寺、遠景寺と称します。信長が他所より移築し安土城本丸の西方の峰に自らの菩提寺にしたと伝えられています。

IMG_3614.jpg
摠見寺本堂跡からの眺める西の湖

IMG_3615.jpg
三重塔
安土山の中腹に見える三重塔は三間三重の塔で屋根は本瓦葺。天正3~4年に信長が甲賀の長寿寺(甲賀市石部町)から移築したものです。

IMG_3619.jpg
仁王門(楼門)
屋根は入母屋作り、本瓦葺。門内に安置されている金剛力士像も門同様国指定重要文化財で、信長が天正年間に甲賀から移したものです。

IMG_3623.jpg
安土城跡の長い石段をゆっくり踏みしめながら散策(所要時間は約1時間半)した後、西日に向かって農道を真っすぐ歩いて安土駅に向かいます。左右に冬野菜の緑の畝が夕陽に輝いていました。
人生100年時代と言われて私自身も高齢者になると、450年前の出来事を近く感じるようになります。最近やっと歴史に目覚めて歴女を目指しているのですが、もう手遅れでしょう。でも次はどこへ歴史探訪しようかと日々楽しんでいます。(三橋登美栄)


12/28 23:21 | 日々
祇園界隈 2020.11.27
祇園界隈 2020.11.27

今日は、気心の知れた親しい人たち6名と一緒に夕食を囲む嬉しい日です。その前に三条通りの画廊巡りからスタート。まずギャラリーモーニング・海老優子展「彼らの風景」は『目には見えなくても、確かにあったはずの境界線が曖昧になり始め、少しずつ互いがぼんやりと混じり合う』の大作を観賞。そのイメージは、朝方に寝直した時に見る夢の鮮明な記憶のようでした。次はKUNST ARUT・札本彩子展では、宅配サービス(Uber Eats)と現代の食文化を造形した迫力あるインスタレーションを観賞しました。その後、祇園まで白川沿いをゆっくり歩きました。暮れなずむ頃、観光客も少なくなった建仁寺に立ち寄ります。

IMG_3337.jpg
建仁寺境内。午後5時前、東の空に大きな月が昇ってきました。

IMG_3341.jpg

IMG_3345.jpg IMG_3343.jpg
夕闇迫る頃には御提灯「小西」に火が灯りました。
祇をん小西・「加守田次郎」絵画展を鑑賞。

IMG_3344.jpg
午後6時半、祇園花見小路から少し西に入った翠雲苑に到着。老舗の廣東料理ですが店構えは祇園の京町屋です。広い玄関から2階の個室、畳敷テーブル席に案内されました。

IMG_3346.jpg
先ず織部の器に、前菜盛り合わせ
IMG_3347.jpg
竹の蓋付き器に蟹肉入り中華スープ
IMG_3349.jpg
エビカナッペ揚げ(単品メニューを追加注文)
IMG_3350.jpg
明石産活け鯛の中華風お刺身
IMG_3351.jpg
豚肉甘酢あんかけ鎮江黒酢風味
IMG_3352.jpg
ハタのクリームソース煮込み
IMG_3353.jpg
鶏肉と野菜の炒め煮 春巻きの皮包み
IMG_3354.jpg
九条葱と蒸し鶏の汁麺
IMG_3355.jpg
杏仁豆腐
今宵、満足の9品の御料理を美味しく頂戴いたしました。

翠雲苑は昭和37年(1962年)に創業。初代は京都中華の名店「ハマムラ」や「飛雲」で修業された正統派の京中華の流れを汲むお店です。2代目太田磯一さんは祇園生まれの祇園育ち、祇園町南側地区のまちづくり協会代表幹事さんです。以前に、番組“ブラタモリ”に出演し、タモリさんを案内されたそうです。
次回はランチタイムに名物の「揚げ麺の五目あんかけ」や「中華おこわの笹の葉包み」などを味わいたいと思っています。また伺いますのでよろしくお願いします。


12/09 13:12 | 日々
比叡山 2020.2.3
比叡山 2020.2.3
(参加者は人見さん、谷口さんご夫妻、三橋の4名)

……………………………………………………………………………………..
JR琵琶湖線膳所駅(8:16)→山科駅(200円)《乗換》地下鉄東西線山科駅(8:32)→東山駅(230円)《乗換》京都市バス5系統東山三条駅(8:52)→一乗寺下り松町駅(乗継割引110円)→一乗寺下り松前からシャトルバス無料(9:30)→狸谷山不動院→登山開始(10:10)→京都トレイル東山59-5(10:35)→昼食(12:00~12:25)→てんこ山(12:54)→石鳥居(13:20)→水飲対陣跡(13:45)→千草忠顕碑(14:55)→坂本ケーブル延暦寺駅(17:00)(870円)→ケーブル坂本駅→京阪石坂線坂本比叡山口→京阪膳所駅→帰宅
……………………………………………………………………………………..

本日2月3日は、狸谷山不動院では豆まき式に加えて、厄除け大護摩祈祷と弘法大師が唐より授かった真言宗独特の祈祷法、星まつり福よせ祈願が行われます。

IMG_1787.jpg
IMG_1793.jpg
250段の階段を上ります。

IMG_1802.jpg
清水寺と同じような「懸崖造り」という山の斜面に柱を立て、その上に本堂を作る優れた建築技術による建物です。法螺貝を手にした山伏姿の方に出会いました。
 
IMG_1811.jpgIMG_1810.jpg
この石段から山登りを開始します。
ミツデウラボシはシダ類。日本では最も普通に見られる種です。名前は葉が大きく三つに裂けることから。ただし、十分成長しないとこの形にはなりません。

山道に入ると、奥の院へと続く「三十六童子めぐり」への階段が続いています。
   
IMG_1813.jpgIMG_1816.jpgIMG_1818.jpg
左から、こんがら童子、せいたか童子、ふどうえ童子
IMG_1820.jpgIMG_1823.jpgIMG_1825.jpg
左から、こうもうしょう童子、むくこう童子、けいしに童子 
IMG_1827.jpgIMG_1829.jpgIMG_1831.jpg
左から、ろえとう童子、しったら童子、ちょうしょうこう童子
IMG_1833.jpgIMG_1835.jpgIMG_1837.jpg
左から、ふしぎ童子、はらはら童子、いけいら童子
IMG_1839.jpgIMG_1841.jpgIMG_1843.jpg
左から、こくぞう童子、ししえ童子、あばらち童子
IMG_1845.jpgIMG_1847.jpg
左から、じけんば童子、りしゃび童子

途中から、童氏めぐりが続く奥の院へ行く道とは別れて、京都一周トレイル東山の方向へ進みます。

IMG_1850.jpgIMG_1853.jpg

   
IMG_1867.jpg
北白川城出丸(北城)白鳥(シラトリ)山頂からの展望

IMG_1862.jpg


IMG_1864.jpg
暖冬で早くもアセビの花が咲いています。
   
IMG_1868.jpgIMG_1869.jpg

IMG_1880.jpg
地上に現れた根は自然の造形美ですが、樹の根は踏まれてかわいそうです。

IMG_1881.jpg
この少し先で、早く目覚めた蛇さんと鉢合わせてキャ~ッ!色も形も木の根っこと見間違いそうでした。
   
IMG_1884.jpg
見落としそうな所に、てんこ山三等三角点443m
 
IMG_E1914.jpg
IMG_E1906.jpg
カケスとはスズメ目カラス科カケス属に分類されます。「ジェー、ジェー」としわがれた声で鳴き、英語名の「Jay」はこの鳴き声に由来します。また他の鳥の鳴き声や物音を真似するのが得意です。

IMG_1922.jpg石の鳥居

IMG_E1923.jpg

IMG_1925.jpg
川を渡る人見さんと谷口さん

IMG_1928.jpg

IMG_1930.jpg水飲対陣之跡

IMG_1931.jpg

IMG_1933.jpg千草対陣之跡

IMG_1934.jpg
風の通り道にあたり、なぎ倒されたスギ林。
現在のスギ林は成長すると弱い風でも倒れやすいと聞きました。

IMG_1935.jpg
写真右奥に冠雪している比良山が見えます。この辺りは遠くの山々まで幾重にも重なって見渡せる絶景ポイントです。

昔、何度か滑りに来たスキー場跡のゲレンデを横切ってガーデンミュージアム比叡(冬季休園中)前を通過。ドラブウエイを歩いて坂本ケーブル延暦寺駅に到着。最終便(17:00)に乗車して麓の坂本駅に到着。今日の夕食は「鶴喜そば」で。と楽しみに食事処に行きましたが17:30で営業時間終了でした。帰路の京阪電車「おでんde電車」の中は暖かくて眠気を催しながら膳所駅で下車。今日一日の山歩きで体は疲れていますが、長距離を歩けた自信は満足感に代わり嬉しい一日になりました。良いコースをお誘い、ご案内くださってありがとうございました。


02/05 16:44 | 日々
八百一 2019.6.1
八百一 2019.6.1

今日は、京都文化博物館別館ホールで第2回 OLD AND NEWのコンサートを聴いた後、
すぐ近くの「京都八百一本館」の2階で夕食です。

東洞院通を三条通から南に下がったところにある商業施設「京都八百一本館」。1階が八百屋、魚屋、肉屋、総菜屋など。2階が雑貨屋、レストラン、食品など。3階が洋食レストラン、コーヒースタンド、農場です。今日は2階にある和食レストラン「きょうのおかず」で、女性3名・会席料理を予約してゆったり楽しい時間を過ごしました。清潔感ある明るい店内に、テーブル席とカウンター席とがあります。入口は、店内2階の奥にあるのでちょっとわかりにくいです。

先ず、富美菊酒造の初夏を感じるフルーティーな香りの「富山」。夏の純米吟醸酒でスタート。

CIMG0471.jpg 一品目 牛蒡の八幡巻き、瓜、人参、小芋

CIMG0472.jpg 2品目 鰹のタタキ

CIMG0474.jpg 3品目 茄子の素揚げ?

CIMG0475.jpg 4品目 鮭照り焼き、モロキュウ、トマト

5品目 天ぷら(小鮎、ブロッコリー他)(写真なし)

CIMG0477.jpg 6品目 酢の物(蓮根、小鯛、生姜)

CIMG0478.jpg 7品目 ジャコご飯、赤だし、香の物

CIMG0479.jpg 8品目 果物

京のおばんざい料理を中心に、お口一杯に頬張りたくなる料理を、アットホームなおもてなしで雰囲気の良いお食事処です。おなか一杯十二分に満足する分量を頂きました。

次回は3階で農園を眺めながらランチを頂きたくなりました。(三橋登美栄)


06/10 18:06 | 日々
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved