スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
柏井裕香子展 ―晴子―(2016.5.31~6.12)を終えて
柏井裕香子展 ―晴子―(2016.5.31~6.12)を終えて

≪展示作品≫
1 種蒔きの唄    
2 七月
3 四月
4 1歳の背負子
5 十二月
6 ようこそ、トコシエ・ミルク郷へ
7 晴子の小部屋
8 ゆりかごの唄
9 十月

展覧会場
展覧会場

作品「種蒔きの唄」 作品「種まきの唄」
素材:絹(古布)寒冷紗 合成顔料  技法:友禅染 ステンシル
北アルプス立山連峰の山肌に僧侶と馬の雪絵(雪形)が現れると、地元では田植えが始まるそうです。

作品「四月」 作品「四月」
素材:木綿 タオル地 合成顔料  技法:ステンシル 刺繍

作品「ゆりかごの唄」 作品「ゆりかごの唄」
素材:木綿 寒冷紗 合成顔料 反応性染料  技法:筒描き染 友禅染 ステンシル

この展覧会の案内状に「娘のとなりで 月日をかさね 私は母になっていく」と柏井さんの思いが記されています。子育てを体験し、大きな愛情を掴んでこの斬新な作品が生まれました。

作品「十月」 作品「十月」
素材:木綿 皮 合皮 合成顔料 技法:ステンシル
上に二本、下に二本の乳歯がお菓子をほおばって笑っています。


作品「一歳の背負子」 作品「1歳の背負子」
素材:古布 絹 木綿 ウール 麻 合成顔料 日本画顔料  技法:ステンシル 刷毛染 刺繍
一歳まで成長したことを祝うと同時に、赤ちゃんに「一升餅」と呼ばれる餅を背負わせる行事があります。これは、人間の一生と餅の一升をかけて、「一生丸く(円満に)長生きできるように」とか「一生食べ物に困らないように」などという願いが込められています。

柏井さん 作品「晴子の小部屋」
素材:寒冷紗 木綿 絹 レーヨン 反応性染料 合成顔料  技法:浸染 刷毛染 パッチワーク
作品の説明をされる柏井さん

作品「十二月」 作品「十二月」
素材:木綿 オーガンジー レーヨン  技法:ステンシル パッチワーク

作品「ヨウコソ、トコシエ・ミルク郷へ」
作品「ようこそ、トコシエ・ミルク郷へ」室内側
素材:木綿 寒冷紗 合成顔料  技法:友禅染 ステンシル

作品「ヨウコソ、トコシエ・ミルク郷へ」
作品「ようこそ、トコシエ・ミルク郷へ」庭側
体内で胎児の生命が大きく成長しています。命が誕生する前の充実感や、赤ちゃんを出産する前の幸福な気持ちが暖簾の奥から観えます。日本の人口が減少し続けている現代に、多くの女性に観て頂きたい展覧会でした。(三橋登美栄)

京都新聞2016年6月4日朝刊(美術欄・ギャラリー)掲載記事
≪柏井裕香子展≫
10年間住んだ愛知県から郷里の富山県黒部市に移住し、子を授かった作家が、郷里での暮し、子育て、母になっていく自覚をテーマに染色作品を制作。日々を慈しむ気持ちがにじみ出た作品だ。(小吹隆文・美術ライター)

最後は柏井裕香子さんの文章で締めくくらせて頂きます。
≪ 個展 ー 晴子 ー を終えて≫
今回が揺さんでの初めての展覧会でした。風がとおり、太陽光が変化する。もとは住居だったという、その暖かみのある空間は、柔らかな布との相性がとても良く、作品をいきいきとさせてくれているようでした。『人』と『暮らし』をつなげるテキスタイル、その魅力と存在感の大きさに改めて気付かされたように思います。 また、私にとって出産後初めての活動ということも、印象深く残りました。揺さんから個展のお話しをいただいたのは2年前のこと。個展を決めてからの2年間で私は、妊娠と出産を経験しました。この展覧会のタイトルにもなった娘・晴子との日々は毎日が愛おしいものでした。一方で子育てと制作の両立は難しく、家族の協力と理解無くしては決して実現していなかったでしょう。大切な人たちとの暮らし、あたりまえの幸せがあるからこそ、その一瞬一瞬をかたちあるものに残したいという気持ちが芽生え、私を制作に駆り立ててくれました。私は今後につながる大きなテーマをこの展覧会をきっかけに頂く事ができたと思います。機会を与えてくださった三橋さん、そしてご来場いただいた方々にこの場をお借りして感謝申し上げます。またいずれお会いできることを願って。(柏井裕香子)



スポンサーサイト
06/16 23:34 | 展覧会
国際陶芸3人3様展 (2016.5.24~29)を終えて
国際陶芸3人3様展 ―フランス&イスラエルー(2016.5.24~29)を終えて
“3 INTERNATIONAL CERAMIC ARTISTS, 3 WAYS” ―France & Israel―

Patricia CASSONE パトリシア・カッソーネ (フランス人 女性)62作品を出品
Kamataki “Painting with fire in the kiln” 「薪窯 窯中の炎で描く」

Shamai GIBISH シュマイ・ギビッシュ(イスラエル人 男性)33作品を出品
“Terra Sigilata” テラ・シジェラタ「エーゲ海式装飾技法」

Shula MILLAR シュラ・ミラー(イスラエル人 女性)37作品を出品
“Crystalline and volcanic glazes” 「結晶釉、および条痕釉」

2014年10月8日にパトリシアさん達3人が、ふらっとギャラリー揺に来られました。その時に開催中の井出照子展(陶芸)をご覧になった後それぞれに帰国。程なくして「揺の会場が気に入ったので、3人展を開きたいです。」とメールが届きました。その後何度かメールを交換して展覧会の準備が整い、この3人3様展を開催することができました。国際交流に貢献できたようで嬉しいです。

展覧会場展覧会場 

パトリシアの作品展覧会場

パトリシアの作品Patricia CASSONEの作品
パトリシア・カッソーネはフランス生まれ。国際陶芸学校CNIFOPで陶芸を学びました。1995年以来、彼女は定期的に日本、韓国、台湾の展覧会やシンポジウムやワークショップに多数招待されています。彼女はフランスにある穴窯で作品を制作しています。彼女のアトリエ近くに生えている樹齢300年から400年の栗の木から影響を受けたオブジェも出品されています。

シュラの作品Shula MILLARの作品

展覧会場展覧会場 

シュラの作品Shula MILLARの作品
シュラ・ミッラーはイスラエル生まれ。エルサレム大学で考古学と美術史を学び、ガリラヤにあるTei-Hai大学で陶芸を学びました。彼女の作品は、地質学を参考にしながら、地殻の中で起こっている再構成の過程や、目に見える世界の表現を試みています。ロクロを使って形創る昔からの方法も用いられています。磁器の作品は、水晶のような透明さと激しく流れ出る釉薬との組み合わせでできています。これらの二つの対比は、自然界の両面性を表現しています。

オープニングパーティーオープニングパーティーの始まる前、各国の人達で賑わっています。

各国の料理フランス料理、イスラエル料理、中国料理が並んでいます。

展覧会場展覧会場

シャマイの作品Shamai GIBSHIの作品
シャマイ・ギブシュはイスラエル生まれ。MBAテルアヴィブ大学、ボストンのBCAE陶芸スタジオで学びました。現在、イスラエルとボストンで制作しています。彼の陶芸工房は現代陶芸ギャラリー・共同陶芸Gallery“8 in Jaffa”にあります。陶芸作品はテル・アビブ美術館、エルサレムのイスラエル美術館内店、イギリス・ロンドンのセセリア・コルマンギャラリー、米国のブルックリンなどにもあります。  

作家3人右からパトリシアさん、シュラさん、シュマイさん
日本的な優しい心遣いが身についているパトリシアさん、気持ちも身体も大きいシュマイさんはピアノ演奏も素晴らしいです。揺の庭を眺めて特に苔が美しいと気に入られた個性的なシュラさん。展覧会中は会場当番を交代しながら北野天満宮、清水寺、伏見稲荷大社、信楽陶芸の森、三重県伊賀焼など精力的に出かけ、とても充実した日々をお過ごしでした。
最終日は午後5時前からシュマイさんのお茶碗(内側金箔貼)も使って、お疲れさま「お茶会」を開きました。1週間の展覧会はあっという間に終わりましたが、楽しい思い出をフランス、イスラエルに大切にお持ち帰りいただけたら嬉しいです。良い展覧会をありがとうございました。3作家さん達はこれからも世界各国でご活躍されることと思います。(三橋登美栄)


06/06 17:20 | 展覧会
group88/76/67展(2015.5.10~22)を終えて
group88/76/67展(2015.5.10~22)を終えて

≪展示作品≫
林 康夫
1 寓舎 記憶と記録 ‘15-D    
2 寓舎 記憶と記録 ‘15-E  
3 寓舎 記 8,15 ‘15
4 寓舎 方影 ‘15-A
5 寓舎 物語 ‘16-1
6 赤い陶板 ‘16

中馬泰文
イ sewing button/3
ロ sewing button/4
ハ sewing button/2
ニ sewing button/1

木村秀樹
A Under the moon Light
B Green Tulip

展覧会場
展覧会場

展覧会場
木村秀樹作品「Under the moon Light」(左側)と作品「Green Tulip」

1972年から現在に至る、自己の制作史の中に存在する、いくつかの「シリーズ」を取り上げ、再検証する試み「Green Tulip」は1982~1984年に制作したチューリップのシリーズで使用した「版」を再構成し、コンセプトの再確認を行う意味で制作した新作である。(木村秀樹)

室内から庭を眺める
展覧会場
   
作品「寓舎方影」 作品「寓舎記」
林康夫作品「寓舎 方影'15-A」 作品「寓舎 記8.15'15」
作品「寓舎記憶と記録」 作品「寓舎物語」
作品「寓舎 記憶と記録'15-D」  作品「寓舎 物語'16-1」

最近は様々な要素から、1点完成式とは別に複数のカタチを作り、上下の関係で作品にしているものが多くなりました。今回は二つ重ねの上部が、水平に360度回転させることによって、多面的な空間が生まれる。イメージとして重ねた上部の中心の軸を、少し移動させることも可とした作品から、固定した形だけでなく、上部の形の幾らかのズレによって、立体のイメージが幅のある膨らみを持つ、つまりイメージを固定化しない、作品として。いま興味を持っていることです。(林康夫)

高橋亨氏と林康夫氏
高橋亨氏(右)と林康夫氏

作品「sewing button3」 作品「sewing button 4」
中馬泰文作品「sewing button3」  中馬泰文作品「sewing button 4」
作品「sewing button 2」 作品「sewing button 1」
中馬泰文作品「sewing button 2」 中馬泰文作品「sewing button 1」

わたしは、自然と対極にある人工的なものに関心を持ち続けてきた。日本には、西洋のような「裸体」賛美の思想はない。裸は包み隠すものだった。これは人体だけに限らず、すべての様式の基礎がそうだと思う。洗練された様式から遊びが、そしてその遊びのなかからユーモアやエロスが自然発生したということではなかろうか。最初は裸体に布を巻きつけることから始まり、それがだんだん、工夫されると同時に機能性だけではなく装飾性が加えられたことで独自の文化が発展したということだろう。今回、選んだボタンもそういう発想から出てきたものである。(中馬泰文)

※同時期にギャラリーなかむらで中馬泰文展開催(5月10日~6月5日)

展覧会場庭林康夫作品「赤い陶板‘16」
雨上がりの庭に、セレニュウム釉薬の赤が輝いています。

夕陽とシルエット
夕陽の木洩れ日と作品のシルエット

京都新聞2016年5月14日朝刊(美術欄・アートスクエア)掲載記事
世代もジャンルも異なる3人の作家が参加する「group88/76/67」展が、ギャラリー揺(左京区銀閣寺前町)で開催中。家屋ふうの造形に板や伏せた帽子状のものを重ねて「寓舎シリーズ」を深化させた陶芸の林康夫(1928~)と、平面の中馬泰文(1939~)と、版画の木村秀樹(1948~)がそれぞれ新作を発表している。22日まで。月休。無料。

3回目のgroup展開催を大変嬉しく思っております。(ギャラリー揺 三橋)


05/28 11:40 | 展覧会
金沢健一展
金沢健一展 ―Scores―(2016.4.26~5.8)を終えて

2008年(二人展)、2013年(個展)に続いて揺で3回目の展覧会です。

≪展示作品≫
1―4 Scores1800_1-4 (2016) アルミニウム
    音楽制作 浦裕幸    
5   断片化 Apr.2016-1 (2016) アルミニウム
6   断片化Apr.2016-6 (2016) アルミニウム  
7   断片化200×5 Feb.2016-1 (2016) アルミニウム  
8   断片化200×5 Feb.2016-2 (2016) アルミニウム  
9   断片化350×2 Apr.2016-1 (2016) アルミニウム
    断片化350×2 Apr.2016-2 (2016) アルミニウム  
10  断片化Apr.2016-4 (2016) アルミニウム
 
Scores1800_1
彫刻の展開図を音楽家の浦裕幸(ウラ ヒロユキ)さんが五線譜上で1800小節に置き替えることで音楽が生まれました。1作品9分間の演奏で、板間は作品の下から上方向の、畳の間は作品の上から下方向(逆再生)の音楽が聴こえます。

会場風景 会場風景
     
作品 断片化   作品 断片化
作品「断片化350×2 Apr.2016-1(2016)」  作品「断片化350×2 Apr.2016-2(2016)」

作品 断片化 作品「断片化200×5 Feb.2016-2(2016)」
 
作品 断片化 作品「断片化Apr. 2016-1(2016)」

作品 断片化 作品「断片化200×5 Feb. 2016-1(2016)」
 
会場風景 作品「断片化Apr. 2016-6(2016)」
 
会場風景 会場風景(撮影 金沢健一)
アルミニウム角パイプの各面に3種類の幅と深さの違うスリットが刻まれています。
作品「Scores1800_1-3 (2016)」が板間に3点、スリットを刻んでいない作品「Scores1800_4 (2016)」が畳間に1点展示。スリットが無い作品は9分間の無音状態が続きます。
その時に「演奏が鳴ってない。」と私に音楽の再生を促す来画者もおられました。
…………………………………………………………………………………………
2012年、ピアノ独奏会(京都市内のカフェ・モンタージュ)で、ジョン・ケージの「冬の音楽」の中の3楽章で「4分33秒」に渡って全く演奏することのない「無音」を聴いた時のことをブログに公開しました。
≪参考:ブログアドレス http://artgallerytomie.blog.fc2.com/blog-entry-129.html≫
…………………………………………………………………………………………
音が途切れて無音になると耳を澄まします。その時の聴覚は研ぎ澄まされて今まで聞こえなかった音が聴こえてきます。
騒音が溢れ、商品が山積みされた環境で日々を過ごしている現代人にご覧頂きたい展覧会でした。

作品 断片化 作品「断片化Apr. 2016-4(2016)」

作品 断片化 作品「断片化Apr. 2016-4(2016)」
太陽光線は作品の上に庭の植物の影を落とし、作品の内に「影の音符」を作曲しました。
風が揺れる屋外で、もう一つの音楽が聴こえてきました。

金沢健一氏  金沢健一さん

京都新聞2016年5月7日朝刊(美術欄・ギャラリー)掲載記事
≪美術と音楽が育んだ豊かな創造 金沢健一展・斉藤祝子展≫
「音楽」をテーマに二つの個展を紹介しよう。
まず、東京を拠点に活動し関西での個展歴も数多い金沢健一。彼は鉄などの金属を素材にした幾何学的形態の彫刻を制作している。それらのなかには打楽器の機能を持つものや、振動により音の波形を視覚化させるものなど、音楽との関係が深い作品があり、今回の新作もその一つだ。
会場にはアルミの角パイプが林立している。各面に3種類の幅と深さのスリットが刻まれており、その造形要素を音や時間に見立てると音楽を作ることができるのだ。実際本展では、作曲家の浦裕幸が作品の展開図を五線譜に見立てて作曲を行っており、会場には金沢の作品とそこから派生した浦の楽曲が空間を満たしている。どちらも抑制のきいた作風で、静けさのなかにもピンと張りつめた緊張感が心地よい展覧会だ。 後半省略(小吹隆文・美術ライター)

最後は金沢健一さんの文章で締めくくらせて頂きます。
≪展覧会を終えて≫
5月の連休を挟む木々の緑鮮やかな、風爽やかな季節。2年前の秋の個展と同様に今回もガラス戸をあけ、板の間と畳の間の室内と庭を結ぶ開放的な空間とした。揺が閑静な住宅地にあるとはいえ、この庭の凛とした静けさに、心が落ち着く。作品の数を絞り、空間全体が「静けさ」をテーマとしたひとつの作品となるような展示構成を考える。作品の造形要素をそのまま音に置き換えた音数の少ない浦裕幸の音楽は作品の鏡のような存在として時間を刻んでゆく。来場した方から「作品の存在が主張することなく、捉われのない、観客と共存するような空間」というお言葉をいただいた。揺は私にとって、通常のギャラリーや美術館とは違った、作品の在り方や感情を起こさせる空間なのである。 (金沢健一)


05/13 11:34 | 展覧会
田中真吾展(2016.4.5~17)を終えて
田中真吾展(2016.4.5~17)を終えて

火をテーマに、火を用いて作品を制作するアーティスト田中真吾さんの展覧会です。

<展示作品>
1 drawing (re:trans) #007 平面 
2 trans (cube #3) 立体
3 trace (#005) 平面
4 trace (#002) 平面
5 trace (#001) 平面
6 drawing (re:trans) #008 平面
7 drawing (re:trans) #009 平面
8 drawing (re:trans) #006 平面
9 re:trans #053 レリーフ
10 re:trans #054 レリーフ
11 re:trans #055 立体
12 meltrans 立体

drawing(re trans#006)
作品「drowing(re:trans) #007」
パネルと同じサイズの紙を燃やした跡に残った紙部分と、その灰を使って手や爪で描いた平面作品です。

trans(cube #3)
作品「trans(cube #3)」
画用紙をスプレー糊で何重にも重ねて貼り合わせた立方体は、紙とは思えぬ質感と重量感があります。
バーナーの炎で焼かれた黒い灰の痕跡と残された白い画用紙とのバランスが微妙です。何枚もの画用紙が炎の力で剥がれる動きは花の蕾が咲き始める生命力に似ています。

trans(#005, #002,#001) 撮影 佐藤健博
左から作品「tranc #005」「tranc #002」「tranc #001」
暗闇の中で、炎の光の線が下に落ちて行く3~5分間の時間経過を平面に定着させた作品です。

展覧会場
展覧会場

re trans#054
作品「re:trans #054」
流木と紙のコラボレーション作品です。

re trans#055
作品「re:trans #055」
琉球畳の海に浮かぶ帆掛け船の行く先は?
白い画用紙とグレーの燃え殻。その境界線の曲線が美しいです。

re-trans#053 撮影 田中真吾
作品「re:trans #053」
流木、元は木であった紙、以前は紙であった灰。全て土に帰る自然素材のコラボレーション作品です。

re trans#053部分
作品「re:trans #053」部分
脆い灰とは思えぬ強靭なイメージと、壊れそうな緊張感の両方を合わせ持っています。

meltrans
作品「meltrans」
初挑戦の屋外展示オブジェはビニール素材でカラフルです。

Naomiさんと田中真吾さん
eN artsオーナー Naomi Poweさんに作品の説明する田中真吾さん。

植物と一体化
オブジェ作品の花々が庭に咲きました。珍しいブルーの花は揺の庭の新色です。

ゴミ問題が現代のように深刻でなかった私の子どもの頃は、自宅の庭の片隅でそれぞれに自分のゴミを燃やしていました。小さな秘密が灰に変わってスッキリする気持ちと同時に、帰って来ない宝物のような思い出が消える時の複雑な感情も一緒に味わいました。年を重ねる毎に、幼児体験が鮮明に蘇ってくることは不思議で面白いです。来廊者からは「燃やすのは大好き!」「キャンプファイアーの炎を思い出すな~」「現代っ子はマッチの擦り方も知らんな~」など炎に関する話題にはすぐに火が付き、盛り上がります。炎には特別な魅力と創造力を持っていることに気づかされた展覧会でした。
田中さんの今後の新しい作品展開を楽しみにしています。どうぞご活躍ください。(三橋登美栄)

………………………………………………………………………………………………………..

京都新聞2016年4月16日朝刊(美術欄)掲載記事
田中真吾展
炎をテーマにした平面、立体作品。重ねて焼いた紙が見せる炎の痕跡を、流木と組み合わせた立体作品に。熱で溶かした色鮮やかなビニールのオブジェも。 (沢田眉香子・著述業)
………………………………………………………………………………………………………..

最後は田中真吾さんの文章で締めくくらせて頂きます。

個展「ひかりをみる」を終えて
今回、ギャラリー揺での個展の話をいただいたのは1年半前のことです。そして、展覧会の開催に至るまでの間、最も悩まされたのは、ギャラリー揺の肝とも言える庭の存在です。多様な植物が生い茂り、季節によって驚くほど色を変える庭は、均等に並んだ石畳と手入れの行き届いた苔も相まって、何も置かれていない状態そのままで充分に完成されているように思われました。庭に佇む時間に私自身が関わるにはどうすればいいのか、本展覧会の中で一番時間を割いた課題です。結果として、私はそこに鉄とビニールを用いた野外彫刻を制作しました。
現地での制作、野外での立体作品、鋼材とビニールという素材、今まで平面作品中心の制作を行ってきた私にとって、全てがほぼ初めての試みとなりましたが、それ故、この時期にあの作品を生み出せたことはとても貴重な経験となりました。作品の良し悪し以上に、この先に繋がっていく可能性を得ることが出来たと思います。
色々と無理を聞いていただいた三橋さんご夫婦とご親族の方々には、この場をお借りして厚くお礼申し上げます。
これからも、失敗に臆することなく挑戦を続け、今回の展覧会で得た作品の兆しをより大きく発展させていきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願い致します。 (田中真吾)


04/24 12:32 | 展覧会
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。