スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
端地美鈴展 (2016.11.22~12.4)を終えて
端地美鈴展 ―here and there―(2016.11.22~12.4)を終えて

今年最後の展覧会はFlip book(パラパラ漫画)9種類とAnimation(映像)2種類です。

≪展示作品≫
1 .Flip book vol.1 Car window
2. Flip book vol.2 Plant
3. Flip book vol.3 Shadow of the train
4. Flip book vol.4 Family photograph 01
5. Flip book vol.5 Television
6. Flip book vol.6 cup and milk 01
7. Flip book vol.7 cup and milk 02
8. Flip book vol.8 Bicycle
9. Flip book vol.9 Family photograph 02
10. cup and milk (animation 5:00)
11. A bicycle shop (animation 5:17)

展覧会場
展覧会場 暖かい陽の光が差し込む庭を見ながらFlip bookを楽しみます。

Flip book 端地美鈴さん
Flip bookを展示、販売。

A bicycle shop
和室でアニメーション2種類を終日上映。
アニメーションA bicycle shop (animation 5:17)

展覧会場 夜
夜の展覧会場
Cup and milk
庭からは、アニメーションが左右逆に見えます。


京都新聞2016年11月26日朝刊(美術欄 Sprout! 発芽するアーティストたち)掲載記事
❽ 映像作家 端地美鈴
はしじ・みすず 1990年、京都市生まれ。2013年京都造形芸術大情報デザイン学科イラストレーションコース卒。同大学卒業制作展学長賞、14年木津川アート市民賞、18回文化庁メディア芸術祭で「Remember me」が審査委員会推薦作品に。16年「京都府新鋭選抜展」で「cup and milk」が産経新聞賞。京都市在住。

cup and milk 4cup and milk 7
cup and milk 6cup and milk 5
アニメーションcup and milk (animation 5:00)

描いては消し 身近な日常紡ぐ
 白い画用紙と鉛筆1本と消しゴム1個。
 端地美鈴のアニメーションは、最小限の単位で作られる。描いては消して、消しては描いて。消しゴムの黒いかすは形になって、鉛筆の線で描かれた町の上を動く。その一連の机上のできごとが早回しになってアニメとなる。2013年、初個展の際に展示した作品「Remember me」は、音楽グループ「くるり」のミュージックビデオでもある。
 鉛筆を持った手が画面に現れ、家、町、電線、枕木やレールを描き出す。線路の上を電車が表れて去って行く。消しゴムがそれらの姿を消す。残った黒い消しかすがそれらの姿を消す。残った黒い消しかすが集合し、塊となって町中の木立のシルエットや電線にとまる鳥の形になり、また風のように散り散りになって飛んでいく。消された町は消しかすとなって、いつの間にか電車内の車掌と女の子の影に。形は次々と現れては消え、また新たな形を作りながら、女の子の成長のストーリーを紡ぎだす。
 暮れゆく町並みを横切る電車、路面に映る車窓の影法師、ブランコに揺れる少女。郷愁を誘う曲調に、鉛筆と消しゴムが生み出すアナログな動きが響き合う。遠く離れた場所であっても ほら近くにいるような景色―そんな歌詞は、端地の世界そのものだ。消えた像は紙にかすかに痕跡を残し、その上にまた新しい形が重なっていく。それは、1枚の紙の上で確かに繰り広げられた「時間」と「存在」。雲散霧消を絶え間なく繰り返す地球上の日常と重なる。「消しかすが新しいものになるのを見て、今が過去になり、過去が今になるのですね」
 手描きのアナログアニメに引かれ、「動くドローイング」で知られるウィリアム・ケントリッジに影響を受けた。消しかすを思いついたのは、「白い紙に鉛筆で書いた文字の上にさらに書いて塗りつぶしたら文字が消える。それは書いているけど消していること。逆に塗りつぶした黒い画面を消しゴムでこすると、文字が書ける。“描く”と“消す”が一緒になっていることに気付いた」。
 膨大な作業だった。例えば、電車を動かすのも少しずつずらしながら描いて消してを繰り返す。1分制作するのに60分のテープが必要という。細かいかすは、ピンセットで一つ一つ移動させる。風は大敵。学生時代は夏でも扇風機は使わず、窓も開けずに制作した。「一日が終わったら、お菓子のふたでかすかにふたします」。消した跡が残るので、撮り直しはできない。「時間がかかりますね。モノクロの古い映画みたいと言われます」銀閣寺近くのギャラリー揺で個展を開催中(12月4日まで 月休)。
NTT西日本のウエブCMで現在公開されている作品も並ぶ。まちの自転車屋さんの物語だ。初めてフリップブック(パラパラまんが)も手作りした。「大学卒業後に制作した作品の中のお気に入りシーンを抜きだしました」という。「小さいころ、ファミリーレストランのレジ前にあるおもちゃがほしくて、買ってもらった。一時的に熱中していつか忘れてしまったけど、何か残って覚えている。そんな心に残る作品を作っていきたい」 (京都新聞 河村亮)

端地美鈴さん
端地美鈴さんは来年春から新しい生活が始まるそうです。
新しい環境からどんな作品が生まれるのか期待が高まります。
これからもどうぞご活躍ください。

………………………………………………………………………………………………………….

今年のギャラリー揺の展覧会は企画とレンタルを合わせて13回。
現代美術、陶芸、金属、平面など様々なジャンルの個展とグループ展を開催しました。フランス人とイスラエル人の海外作家3人展も楽しい思い出の一つです。それぞれに印象に残る良い展覧会を開催できたことを嬉しく思っています。この一年間ありがとうございました。来年もギャラリー揺をよろしくお願いいたします。(三橋登美栄)


スポンサーサイト
12/17 16:26 | 展覧会
大村大悟展
大村大悟展 ―quite weight―を終えて

≪展示作品≫
1 敷物と床 麻ロープ 
2 the case 唐木、野鳥の巣
3 bird/birds 紙、鉛筆
4 untitled(石と板間) 石
5 untitled(石と畳) 石
6 spice and gold 胡椒、金
7 invisible hand ブロンズ

展覧会場 展覧会場

 ≪敷物と床≫
子供の頃、「どこにでも座るのはやめなさい」と叱られることがあった。小さな身体にはテーブルや道端の縁石なども座りやすい高さだったのだが、尻を置いてはいけない場合や、服が汚れる場合があった。相対的な関係を知ることの積み重ねで、ものの価値を学んでいったように思う。(大村大悟)

麻紐を染めて手で織った絨毯状の作品が床に広がります。鑑賞者がこれは作品なのか、作品ではなくギャラリーの敷物なのかと一瞬躊躇するのを期待して設置されたそうです。

「歩き回らずに、ある一点に留まって庭を眺めます。藍色の絨毯を池に見立てると、庭の奥行きは深くなり別世界が広がります」と来廊者から伺いました。鑑賞者の心の持ちようで様々に変化し、空間を楽しむことができます。

the case 作品「the case」
内と外、境界のかたちについて。
同種の鳥でも置かれる環境の違いで様々な巣を作るという話を聞く。(大村大悟)

bird birds 作品「bird/birds」
足下に残る痕跡に、いつか居た鳥をみる。(大村大悟)

子どもと敷物
子ども達が作品の上に乗って遊ぶと絨毯に変わります。

人と作品 作品「untitled」と人物

 
展覧会場(和室) untitled &invisible hand
和室展示

spice and gold 作品「spice and gold」
大航海時代以前、一部の地域では胡椒と純金が同等の重さで取引されていたそうだ。
地域や文化、時代によって変わるものの価値について考える。(大村大悟)

invisible hand 作品「invisible hand」
アダム・スミスは「国富論」で、全ての人が利己的であっても経済社会は機能するという理論を、
ダーウィンは「種の起源」で自然淘汰による固体から種への進化の過程を論じた。
いずれも、大きな流れを形づくるのは一見混沌とした小さな選択であり、その選択は流れの方向性を想定して成されたものではない。(大村大悟)

大村大悟さん
「あえて様々な素材の作品を展示しました」と話される大村さん。

※カメラマン麥生田兵吾さん撮影の写真を掲載させて頂きました。最後の写真のみ三橋登美栄撮影です。

……………………………………………………………………………………………

最近の現代アートは無理難問が多くて「だから何なの?」と思うことがあります。
何なのか分からない作品を目の前にして戸惑い、もどかしくなることもあります。
そこで納得できないままやり過ごすのではなく、鑑賞者は作品やテーマについて制作者に質問し、作家は制作意図を説明することで再認識し、お互いに新しい別の世界で繋がって共感できることがあります。ギャラリーがその役割を担う場所になれたらとても嬉しいです。

大村大悟さんの今後の作品を楽しみにしています。どうぞご活躍ください。(三橋登美栄)


11/14 11:40 | 展覧会
亀谷彩漆作品展
亀谷彩漆作品展 ―あめつち つなぐ―(2016.10.11~23)を終えて

『四季の塔、背に梯子を立てたひつじの群れ
 塔を行き交うひつじが天と地をつなぐ』
 
展覧会場 矩形の白い展示台
どこかの自然空間を切り取ってこの会場に届いたような四つの展示台から物語は始まります。
塔と羊と空の道具は板間と畳の間に広がり、鑑賞者は梯子を使って天に昇ります。

展覧会場
羊の群れは奥へ、奥へと導かれます。

塔 四季の塔
朴ノ木の板を組み合わせた上に寒冷紗を張って(布着せ)漆を塗って仕上げ。象嵌の貝は夜空の星。

塔 くら 展覧会場
真鍮に金箔を貼った梯子を登ると雲や三日月が近づきます。

塔 くら 四季の塔、あめつちのくら

あめつちのくら あめつちのくら
粘土で羊の形を成形して焼成後、漆を塗って金箔を貼って仕上げ。
羊の背中の草原で散策中の人達。
塔 くら 四季の塔、あめつちのくら
背に梯子を立てた一番奥の羊は、リーダーのように壇上に佇んでいます。

塔

……………………………………………………………………………………………….
実際の羊の群れは、みな同じ方向を向いているそうです。群れの中のどれか1頭が危険を感じたり、何かに気づいて反応すると、他の羊もみんな追従します。たとえば1頭が走り出すと、全頭が一斉にあとに続いて走ります。羊にとって「自分だけ別の行動をする」ことは非常に不安なことで、1頭だけになるとパニック状態になり、捕まえるのも難しいです。こうした習性は羊の群れが狼などの敵から素早く身を守る大切な習性ですが、群れの最後のほうにいる羊は、自分がなぜ走っているのかさっぱり分からないでしょう。さらに、羊は羊飼いに連れられて毎日行き来している道を1頭では行きも帰りもできず、すぐ迷ってしまうそうです。
……………………………………………………………………………………………….
そらのぐ そらのぐ そらのぐ
手を付けることで、空の道具(そらのぐ)に変わります。

展覧会場 四季の塔、そらのぐ
四季の塔の窓から毛皮の毛が覗いていると、生き物がいる気配がします。

亀谷彩さん 亀谷彩さん
漆作家、漆教室主宰、そして子育て、と一人何役も引き受けて充実した日々を過ごされています。

≪亀谷彩漆作品展 うみつちひとそら≫ 2016年11月16日~27日の紹介です。
出雲市育ちの漆芸家・亀谷彩さん。作家活動20年を記念する展覧会が出雲文化伝承館で開催されます。漆芸の様々な技を用いて作りだした「ハレノグ」と名付けられた道具のようなオブジェは、非日常的でハレなる世界をイメージさせ、わたし達を夢と現実のはざまに漂う幻想へと誘います。展覧会連動イベント、モノがたり芝居『そーぶ、あじぇめと、にー』11月19日・20日も、作品展と合わせてご覧ください。

今後も漆作品で不思議な世界を表現される亀谷さんの新作を楽しみにしています。
どうぞご活躍ください。 (三橋登美栄)


10/29 13:03 | 展覧会
若狭悌尚展
若狭悌尚展 ―風の韻―を終えて

版画4点、日本画9点、木彫モビール3点、追加展示の木彫造形3点、総計19点の展示です。
静かな風を待ちながら余韻が漂う空間になりました。

搬入日 搬入日
入口に版画作品4点「ヤナギ 黄、紫、白、灰」を展示(二俣楮紙、顔料)

≪展示作品≫
1 ヤナギ 黄(400×250mm)
2 ヤナギ 紫(400×250mm)
3 ヤナギ 白(400×250mm)
4 ヤナギ 灰(400×250mm)
5 松の風(455×333mm)8P
6 月(900×300mm) 
7 夜の柳(595×420mm)A2
8 彼岸花(白)(455×273mm)8M 
9 彼岸花(赤)(455×273mm)8M 
10 ボダイジュ(モビール)
11 爽(454×158mm)WSM
12 霞(333×242mm)
13 ガーデン1(240×210)六角形
14 ガーデン2(240×210)六角形
15 蓮華(モビール)
16 蓮華(モビール小)  

展覧会場 展覧会場

和室展示
和室展示

夜の柳 作品「夜の柳」(二俣楮紙、墨、顔料、黒箔)
雲龍柳の背景に大きな三日月が架かります。

彼岸花(白) 彼岸花(赤)
作品「彼岸花 白」と「彼岸花 赤」(土佐の楮紙、墨、銀箔、顔料)


蓮華(モビール)
作品「蓮華」(栓の木、白土、テグス) 
簾かけに「蓮華」を吊るすと室内と庭の風が行き来します。風が蓮弁を揺らし、くるくると舞う様は散華のようです。強風の時は重なり合って「鹿威し」のような音がします。障子に映る影絵を眺めていると寺院の境内にいるようで心地よいです。

蓮華のシルエット
蓮華が庭に溶け込んで見え隠れしています。

蓮華
強風の翌朝、蓮華モビールはねじ切れて沓脱石の上に集まっていました。

月 作品「月」(土佐の楮紙、本美濃紙、銀箔、墨)
爪で描かれた絵は、一番の人気作品でした。

松の風 作品「松の風」(二俣楮紙、墨、顔料)
もみ紙が効果的で抽象画のようです。

若狭さん 若狭悌尚さん

ボダイジュ(モビール)
作品「ボダイジュ モビール」(栓の木、胡粉、テグス)
インド菩提樹の葉が9枚、来廊者の空気を察してゆっくり動きます。

爽 作品「爽」(二俣楮紙、墨、金泥、黒箔、顔料)
少しの風にも、柳の葉は軽やかに靡いているようです。

霞 作品「霞」(二俣楮紙、墨、顔料)
  (土佐楮紙、本美濃紙、銀箔、顔料)

ガーデン1 ガーデン2
作品「ガーデン1」(アサガオ、ツワブキ、アケビ) 作品「ガーデン2」(ツリバナの実)

2週間の会期中に、木彫の仔犬と仏さんが参加しました。
仔犬 仏さま
作品「仔犬」と作品「仏さま」

若狭さん
若狭さんは日本画を描きながら仏像を彫られています。
来廊者が途切れた時はノミを手に仕事が始まり、キキョウが仕上がりました。

キキヨウ
作品「キキヨウ」
優しい笑顔の若狭さんは多方面に興味を持たれて造詣が深く、武道や煎茶を通して身につけられた礼儀作法に日本の伝統文化を感じます。
そんな若狭さんの今後の作品が楽しみです。ご活躍ください。(三橋登美栄)
...........................................................................................................................................................................................

最後は若狭悌尚さんの文章で締めくくらせていただきます。

「庭とともに」
秋の風をテーマにした今回の展示。なぜか雨まで呼び込んでしまった二週間でした。モビールの糸が捻じ切れるアクシデントも…終わってみると楽しい思い出です。
晴れ間に来てくださった方も雨にも負けずと来てくださった方もご高覧いただきありがとうございました。そしてそんな和やかな空間を提供していただいたギャラリー揺さんありがとうございました。皆様からお話しいただいたことを踏まえて、より精進してまいります。(若狭悌尚)





10/14 22:21 | 展覧会
笹谷晃生展 ―枯草転生の庭―を終えて
笹谷晃生展 ―枯草転生の庭―(2016.6.13~25)を終えて

ギャラリー揺で3年ぶり、4回目の展覧会です。

≪展示作品≫
1 双曲景No.6321    
2 平花曲景(8点)No.6364~6371
3 撓花曲景No.6363
4 平花景(7点)No.6335~6341
5 曲景(7点) No.6338~6330 No.6342~6345
6 枝景No.6327
7 花景草本(10点)No.6323~6325 No.6346~6352
8 枝景No.6326
9 曲景No.6333
10 曲景No.6332
11 曲景No.6331
12 撓花景(7点)No.6356~6362
13 枯草A(室内)1,371本
14 枯草B(庭)176本

入口 入口 作品「双曲景No.6321」

展覧会場
静かに広がる銅の枯草空間と、点在する鉄の植物に眼が留まるインスタレーション展です。
刈り取られた葦が束ねられている風景に見えたり、床に置かれていても生い茂っている葦原にも見えたりします。枯草の黒い根が連なる曲線は波打ち際のように対岸まで続きます。

作品 平花曲景 作品「平花曲景」
架空の植物は自由に動き出し、鉄や銅の金属で作られていることを忘れてしまいます。

和室展示
作品 曲景、枝景 作品 枝景
作品「曲景No.6333」(左側)、「枝景No.6327」 作品「枝景No.6327」
枯れた根の近くでは、次世代の新しい芽が育っています。

庭展示
作品 撓花景 枯草(部分)
銅の赤色と錆色、銀ロウの銀色が雨に濡れて光っています。

夕陽
夕陽が差し込むと、過去の世界が蘇るかのように銅の輝きが増します。

笹谷晃生氏
作品について語る笹谷晃生氏

イワシャジン
イワシャジン
揺の前回展覧会のお祝いに鉢植えが届き、イワシャジン(岩沙参)一株を頂戴して庭に地植えしました。イワシャジンは多年草で山地の岩場に見られ、人気の高い山野草の一つです。夏に花芽が成長し、秋には次々と花を咲かせます。花が終わると、茎は枯れて栄養葉を広げます。冬前にはその葉も枯れて地表に出ている部分は見えなくなりますが、冬の間は地中で根が生きています。翌年春に発芽してイワシャジンは再生します。
イワシャジンから再生の話に飛びましたが、植物の再生と輪廻転生の意味を重ね合わせて作品を拝見いたしました。自然界の生命に関心を寄せて、表現を続けてこられた笹谷さんの積み重ねが凝縮されている展覧会でした。

金属での植物表現を長年追求されている笹谷さんの今後の展覧会を楽しみにしています。(三橋登美栄)

......................................................................................................................................................................................

京都新聞2016年9月24日朝刊(美術欄・ギャラリー)掲載記事
笹谷晃生展(揺=銀閣寺前町25日まで)床に横たわる1400本余りのまっすぐな銅線と鉄の芽のオブジェ。金属で表現される生命力。(沢田眉香子・著述業)

......................................................................................................................................................................................

最後は笹谷晃生さんの文章で締めくくらせていただきます。

≪展覧会を終えて≫
 この展示では、当初は立ち姿の草の作品として銅線から作りだし、時間の経過の中で解体したことで枯れ草の姿へと変化したその銅線を床に並べました。そのことから横たわる絵画とも言えるものが床の平面に現れるという、これまでと異なる体験をしました。
 今思い返すと作品発表を始めたごく初期から空間と作品の関係には強いこだわりを持っていましたが、床の平面性を意識したことはほとんどありません。私がつくりだす架空の植物も当然生きているものであって、根に支えられて「立ち上がる姿」としてつくり、それらを様々に取り合わせて配置することで彫刻としての植物が独自の景観を形成するという表現であったためだと思います。
 今回の個展のこの体験は私の今後の作品の展開に、何かこれまでとは異なる視点をもたらしてくれそうな期待を感じさせるものでした。この経験を生かし、これからも架空の世界の新たな植物と独自の景観を探し続けるつもりです。(笹谷晃生)


09/26 23:31 | 展覧会
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。