group89/77/68展(2017.5.2~14)を終えて
group89/77/68展(2017.5.2~14)を終えて

ハッカクレン
庭のチュウゴクハッカクレンの茎の途中に蕾が入り、会期中に赤褐色の花が咲きました。
このハスに似た葉の角の数から「六角蓮」や「八角蓮」と呼ばれています。葉の付け根部に花が咲くものは「タイワンハッカクレン」と呼び分けられています。

≪展示作品≫
林 康夫
1 寓舎‘17-2(小品)    
2 寓舎‘17-3(赤)  
3 寓舎‘17-4(緑)
4 寓舎‘17-5(茶丸)
5 寓舎‘16-1(焼〆)

中馬泰文
イ sketch / cutting pliers
ロ sketch / combination pliers
ハ sketch / long nose pliers
ニ sketch / combination pliers
ホ sketch / cutting pliers

木村秀樹
A Purple Splash
B Green Wind

展覧会場 展覧会場

展覧会場 展覧会場

 
寓舎'17-2 寓舎'17-3(赤)
林康夫作品「寓舎’17-2」    林康夫作品「寓舎’17-3」

寓舎'17-4(緑) 寓舎'17-5(茶丸)
林康夫作品「寓舎’17-4」   林康夫作品「寓舎’17-5」

「寓舎」シリーズもいつしか年を重ねましたので、一つの区切りとして作品集「寓舎」を刊行しました。とは言え作品としては次々と興味のある要素に首を突っ込み、目まぐるしいことでもあり尚その続きです。昨秋、丹波にご縁がありました。その節立杭の登り窯(通稱蛇窯)を古来の元の姿に築窯した。其の初窯に立杭の土で作品を焼成してはと言う機会をいただきました。私は海外は別として、長い作陶生活で京都 信楽以外の土を使用したことが無く初の機会でした。立杭の土は一言で言えば使い難い、くせのある手離れし難い土 何十年ぶりの焚き窯、結果は惨憺たるものですが出品しました。(林康夫)

Purple Splash Green Wind
木村秀樹作品「Purple Splash」(左側)と作品「Green Wind」

1972年以降の自身の制作を振り返り、夫々の時期のコンセプトや方法を再検証する意味を込めて、新作シルクスクリーンの制作を続けています。今回の出品作もそのシリーズからのものです。緑色に被われた画面は、栗の小枝を原型とする画像のリピートと積層からできています。10点のシルクスクリーンからなるシリーズは「Periods」というタイトルの版画集として、2018年に出版される予定です。(木村秀樹)

sketch cutting plieres sketch conbination plieres 
中馬泰文作品「sketch / cutting pliers」  中馬泰文作品「sketch / combination pliers」
  
sketch long nose plieres sketch combination plieres
中馬泰文作品「sketch / long nose pliers」 中馬泰文作品「sketch / combination pliers」

sketch cutting plieres
中馬泰文作品「sketch / cutting pliers」
ごく短い一時期だが石販をやった。いま、それに郷愁を感じるのは、石灰石が持つ神秘性と、あの一瞬手に伝わってきた冒しがたい感触、感覚はもう二度と経験することはないだろうとの思いから来るのだろうと思う。直接、画布に絵を描いていたのは20代中頃までで、その後、間接的な用具を用いることになった。そのことが直に手先に伝わる感触から逃れ、衝動する感情をも抑えられて、版工程での計画性が表現の一要素となった。(中馬泰文)

寓舎'16-1
林康夫作品「寓舎’17-4」

木村氏 中馬氏 林氏 木村氏 林夫人
木村氏(左側)と中馬氏    左から林氏、木村氏と林夫人
…………………………………………………………………………………………………..
毎日新聞2017年5月3日 掲載記事
【京の人 今日の人 前衛陶芸のトップランナー 林康夫(89)】新たな表現 挑み続け
戦後、一世を風靡した前衛陶芸のトップランナーが健在だ。京都市山科区の陶芸家、林康夫さん(89)。米寿を越えてなお、新たな表現に挑み続けている。
林さんは京都市立美術工芸学校で日本画を学んだ後、15歳で海軍予科練に。戦争末期には特攻隊入りしながら生き延びてしまった」。陶芸家だった父を手伝うためこの道に。やがてピカソに傾倒し「リアルなものが芯にあって、それを抽象として描く」という説明にひらめく。人体をイメージしながら土をひねっていると、自然と抽象作品が生まれた。
 美術界では長く、「オブジェ焼」で知られる八木一夫の「ザムザ氏の散歩」(1954年)が抽象陶芸の始まりのように語られてきたが林さんが初の抽象作品の「雲」を発表したのは48年。50年には日本中の陶芸家が応募した仏パリの「現代日本陶芸展」に入選した先駆者だ。「誤解」の要因は、林さんが所属した四耕会が57年に解散したことなどさまざまだが、近年再評価の気運が高まっている。林さんは「四耕会のメンバーが最初に一石を投じた、ということを伝えたい」と語る。
 81歳の時に、同い年の美術家3人で始めたグループ展「group81」は、年齢と共に数字を変えて回数を重ねたが、一人減り、二人減って、林さん一人に。しかしそこであきらめないのがこの人の真骨頂だ。2014年に12歳年下の画家・版画家、中馬泰文さん、21歳年下の版画家、木村秀樹さんと新グループを結成。今年も2日に、京都市左京区銀閣寺前町のギャラリー揺で「group89/77/68」展が始まったばかりだ。(14日まで。8日は休廊075・752・0242)。林さんは今回、丹波立杭の土を蛇窯で焼締めた新作に乗り出した。「一つの形にこだわらず、次々に新たなものを追い求めたい」。いくつになっても衰えぬ「前衛」の血をたぎらせている。(澤木政輝)

…………………………………………………………………………………………………..

京都新聞2017年5月6日朝刊(美術欄・ギャラリー)
Group89 / 77 / 68展(揺=銀閣寺前町14日まで 月休)林康夫による陶の立体、中馬泰文の素描、木村秀樹の版画。タイトルの3人の年齢。前衛をキープする、尽きない作家魂に驚き。(沢田眉香子・著述業)
…………………………………………………………………………………………………..
林氏 高橋氏
林氏(左側)と高橋氏

爽やかな新緑の季節に4回目のgroup89/77/68展を開催できたことを大変嬉しく思っております。(ギャラリー揺 三橋)



スポンサーサイト
05/15 13:46 | 展覧会
黒川 徹 展
黒川 徹 展 ―心の構造― (2017.4.11~23)を終えて

ソメイヨシノ1 ソメイヨシノ2 ソメイヨシノ(4月13日撮影)
「哲学の道」は桜の満開に合わせて花見観光客で混雑しますが、一筋北に入った揺の辺りは静かです。

《出品作品》
1 こころのはへん(8点)
2 炎のミューズ
3 深層構造
4 中空林檎
5 プロトセル
6 イデア
7 心の傘
8 心の構造

展覧会場 展覧会場
黒い作品は、燻瓦の焼き方で作られています。1100度位で焼いて、松の薪で燻しています。薪で焼いているのでよく見ると少し変化のある表情をしています。茶色の作品は、1250度位で焼いて、信楽の土らしい薪窯による火色がついています。

展覧会場 展覧会場

こころのはへん 作品「こころのはへん」

炎のミューズ 作品「炎のミューズ」
来廊者からは「鶴首の花瓶が4個連なっているようにも、トルソーのようにも見える」と。
観賞者の気持ちによって様々に見え方が変化します。
深層構造 作品「深層構造」

展覧会場 展覧会場

プロトセル 作品「プロトセル」
来廊者は「メビウスの輪の形が、生命の根源のように見えて怖いイメージもあり魅かれる」と。
人気の話題作でした。

イデア 作品「イデア」
庭のユキヤナギを生けると、オブジェは花瓶になります。

心の傘 作品「心の傘」
伸びやかに、滑らかに動く稜線には生命が宿っています。

和室展示 和室展示
展覧会場 展覧会場
後から観賞すると、外側が内側に入って行く入口部分が観えて奥行きと厚みを感じます。
 
心の構造 作品に水文と花弁
作品「心の構造」 水面に桜の花弁が浮かび、雨が降ると水文が広がって自然と共鳴しています。

黒川徹さん 作品を丁寧に的確に説明される黒川徹さん
将来有望な黒川徹さんの新作発表を楽しみにしています。どうぞご活躍ください。 
…………………………………………………………………………………………….
黒川徹略歴
1984年 京都府生まれ
2007年 筑波大学芸術専門学群美術主専攻彫塑コース卒業
2009年 京都市立芸術大学美術研究科修士課程工芸専攻陶磁器修了
……………………………………………………………………………………………
 
小島えいゆ展 みつはしで座る展
同時期にアートライフみつはしでは、「小島瑛由」展と「みつはしで座る」展が開催中でした。

今回の「心の構造」展で「心」はどんな形をしているのか、体のどこにあるのか、心臓には無いし、脳にも無い? などと疑問が湧いてきました。また実態の無いものの形を掴みたい不思議な感情も生まれました。そして心の不安定な状況に負けそうな時は、感情を無くしたくなる思いから、その心を体の外に放り出したくなる時もあります。最近、「心はからだの外にあるーエコロジカルな私の哲学」(著者 河野哲也 NHKブックス)が出版されたそうです。私の放り出したい気持ちとは違うようですが、読んでみようと思っています。(三橋登美栄)


04/24 00:09 | 展覧会
京都造形芸術大学通信教育部陶芸分野 大学院生展を終えて
京都造形芸術大学通信教育部|陶芸分野 大学院生展 (2017.3.14~19)を終えて

《出品者 9名》
清水六兵衞先生、赤﨑節子、高朝子、佐藤千恵、吉田陽助、上田隆子、谷口和久、ボルト雅美、光本貞子

清水六兵衞先生の作品と京都造形芸術大学通信制大学院生で学ぶ修士課程1年と2年の1年間の成果を問う展覧会を開催させて頂きました。
赤﨑さん、高さん、佐藤さん、吉田さんの4名は京都造形芸術大学ギャルリ・オーブで大学院修了制作展(会期日3月12日~19日)にも出品されているので、2会場でご覧頂けました。

展覧会場 展覧会場

展覧会場 展覧会場

もりづくりの会 salute!
作品「もりづくりの会」高 朝子  作品「salute!」谷口和久
  
航海 Reminiscing in Natron
作品「航海2017」吉田陽助 作品「Reminiscing in Natron」 ボルト雅美

古代よりⅠ 古代よりⅡ
作品「古代より Ⅰ」上田隆子 作品「古代より Ⅱ」上田隆子

わき立つ音色 陶板「礫」
作品「わき立つ音色」赤﨑節子 作品「陶板『礫』」佐藤千恵

展覧会場 展覧会場

犬の視線 黒泑陶姿
作品「犬の視線」高 朝子 作品「黒泑陶姿」 清水六兵衞先生

展覧会場 展覧会場

カメレオン 夕照
作品「カメレオン」ボルト雅美  作品「夕照」吉田陽助

totem
作品「totem」光本貞子

集合写真

京都造形芸術大学通信教育部 陶芸コースは初めて土に触れる人でも学習できるカリキュラムと、自宅に窯のない人でも制作できる課題提出方式があるそうです。器から造形作品まで各自の感性を重視した指導を受けることができ、スクーリングは週末・夏季・冬季を中心に実施されるので、各自のライフスタイルに合わせて学習でき、枠を超えた「人と人のつながり」を大切にした教育を目指しておられます。
このグループ展にご参加された方々は4年間の陶芸コースを卒業後、大学院に進んで興味はより深まり器や個性的なオブジェを制作されます。続けるほどに陶芸の楽しみは広がり、今後も様々な作品を創作されることと思います。新作を楽しみにしています。(三橋登美栄)



03/20 22:36 | 展覧会
端地美鈴展 (2016.11.22~12.4)を終えて
端地美鈴展 ―here and there―(2016.11.22~12.4)を終えて

今年最後の展覧会はFlip book(パラパラ漫画)9種類とAnimation(映像)2種類です。

≪展示作品≫
1 .Flip book vol.1 Car window
2. Flip book vol.2 Plant
3. Flip book vol.3 Shadow of the train
4. Flip book vol.4 Family photograph 01
5. Flip book vol.5 Television
6. Flip book vol.6 cup and milk 01
7. Flip book vol.7 cup and milk 02
8. Flip book vol.8 Bicycle
9. Flip book vol.9 Family photograph 02
10. cup and milk (animation 5:00)
11. A bicycle shop (animation 5:17)

展覧会場
展覧会場 暖かい陽の光が差し込む庭を見ながらFlip bookを楽しみます。

Flip book 端地美鈴さん
Flip bookを展示、販売。

A bicycle shop
和室でアニメーション2種類を終日上映。
アニメーションA bicycle shop (animation 5:17)

展覧会場 夜
夜の展覧会場
Cup and milk
庭からは、アニメーションが左右逆に見えます。


京都新聞2016年11月26日朝刊(美術欄 Sprout! 発芽するアーティストたち)掲載記事
❽ 映像作家 端地美鈴
はしじ・みすず 1990年、京都市生まれ。2013年京都造形芸術大情報デザイン学科イラストレーションコース卒。同大学卒業制作展学長賞、14年木津川アート市民賞、18回文化庁メディア芸術祭で「Remember me」が審査委員会推薦作品に。16年「京都府新鋭選抜展」で「cup and milk」が産経新聞賞。京都市在住。

cup and milk 4cup and milk 7
cup and milk 6cup and milk 5
アニメーションcup and milk (animation 5:00)

描いては消し 身近な日常紡ぐ
 白い画用紙と鉛筆1本と消しゴム1個。
 端地美鈴のアニメーションは、最小限の単位で作られる。描いては消して、消しては描いて。消しゴムの黒いかすは形になって、鉛筆の線で描かれた町の上を動く。その一連の机上のできごとが早回しになってアニメとなる。2013年、初個展の際に展示した作品「Remember me」は、音楽グループ「くるり」のミュージックビデオでもある。
 鉛筆を持った手が画面に現れ、家、町、電線、枕木やレールを描き出す。線路の上を電車が表れて去って行く。消しゴムがそれらの姿を消す。残った黒い消しかすがそれらの姿を消す。残った黒い消しかすが集合し、塊となって町中の木立のシルエットや電線にとまる鳥の形になり、また風のように散り散りになって飛んでいく。消された町は消しかすとなって、いつの間にか電車内の車掌と女の子の影に。形は次々と現れては消え、また新たな形を作りながら、女の子の成長のストーリーを紡ぎだす。
 暮れゆく町並みを横切る電車、路面に映る車窓の影法師、ブランコに揺れる少女。郷愁を誘う曲調に、鉛筆と消しゴムが生み出すアナログな動きが響き合う。遠く離れた場所であっても ほら近くにいるような景色―そんな歌詞は、端地の世界そのものだ。消えた像は紙にかすかに痕跡を残し、その上にまた新しい形が重なっていく。それは、1枚の紙の上で確かに繰り広げられた「時間」と「存在」。雲散霧消を絶え間なく繰り返す地球上の日常と重なる。「消しかすが新しいものになるのを見て、今が過去になり、過去が今になるのですね」
 手描きのアナログアニメに引かれ、「動くドローイング」で知られるウィリアム・ケントリッジに影響を受けた。消しかすを思いついたのは、「白い紙に鉛筆で書いた文字の上にさらに書いて塗りつぶしたら文字が消える。それは書いているけど消していること。逆に塗りつぶした黒い画面を消しゴムでこすると、文字が書ける。“描く”と“消す”が一緒になっていることに気付いた」。
 膨大な作業だった。例えば、電車を動かすのも少しずつずらしながら描いて消してを繰り返す。1分制作するのに60分のテープが必要という。細かいかすは、ピンセットで一つ一つ移動させる。風は大敵。学生時代は夏でも扇風機は使わず、窓も開けずに制作した。「一日が終わったら、お菓子のふたでかすかにふたします」。消した跡が残るので、撮り直しはできない。「時間がかかりますね。モノクロの古い映画みたいと言われます」銀閣寺近くのギャラリー揺で個展を開催中(12月4日まで 月休)。
NTT西日本のウエブCMで現在公開されている作品も並ぶ。まちの自転車屋さんの物語だ。初めてフリップブック(パラパラまんが)も手作りした。「大学卒業後に制作した作品の中のお気に入りシーンを抜きだしました」という。「小さいころ、ファミリーレストランのレジ前にあるおもちゃがほしくて、買ってもらった。一時的に熱中していつか忘れてしまったけど、何か残って覚えている。そんな心に残る作品を作っていきたい」 (京都新聞 河村亮)

端地美鈴さん
端地美鈴さんは来年春から新しい生活が始まるそうです。
新しい環境からどんな作品が生まれるのか期待が高まります。
これからもどうぞご活躍ください。

………………………………………………………………………………………………………….

今年のギャラリー揺の展覧会は企画とレンタルを合わせて13回。
現代美術、陶芸、金属、平面など様々なジャンルの個展とグループ展を開催しました。フランス人とイスラエル人の海外作家3人展も楽しい思い出の一つです。それぞれに印象に残る良い展覧会を開催できたことを嬉しく思っています。この一年間ありがとうございました。来年もギャラリー揺をよろしくお願いいたします。(三橋登美栄)


12/17 16:26 | 展覧会
大村大悟展
大村大悟展 ―quite weight―を終えて

≪展示作品≫
1 敷物と床 麻ロープ 
2 the case 唐木、野鳥の巣
3 bird/birds 紙、鉛筆
4 untitled(石と板間) 石
5 untitled(石と畳) 石
6 spice and gold 胡椒、金
7 invisible hand ブロンズ

展覧会場 展覧会場

 ≪敷物と床≫
子供の頃、「どこにでも座るのはやめなさい」と叱られることがあった。小さな身体にはテーブルや道端の縁石なども座りやすい高さだったのだが、尻を置いてはいけない場合や、服が汚れる場合があった。相対的な関係を知ることの積み重ねで、ものの価値を学んでいったように思う。(大村大悟)

麻紐を染めて手で織った絨毯状の作品が床に広がります。鑑賞者がこれは作品なのか、作品ではなくギャラリーの敷物なのかと一瞬躊躇するのを期待して設置されたそうです。

「歩き回らずに、ある一点に留まって庭を眺めます。藍色の絨毯を池に見立てると、庭の奥行きは深くなり別世界が広がります」と来廊者から伺いました。鑑賞者の心の持ちようで様々に変化し、空間を楽しむことができます。

the case 作品「the case」
内と外、境界のかたちについて。
同種の鳥でも置かれる環境の違いで様々な巣を作るという話を聞く。(大村大悟)

bird birds 作品「bird/birds」
足下に残る痕跡に、いつか居た鳥をみる。(大村大悟)

子どもと敷物
子ども達が作品の上に乗って遊ぶと絨毯に変わります。

人と作品 作品「untitled」と人物

 
展覧会場(和室) untitled &invisible hand
和室展示

spice and gold 作品「spice and gold」
大航海時代以前、一部の地域では胡椒と純金が同等の重さで取引されていたそうだ。
地域や文化、時代によって変わるものの価値について考える。(大村大悟)

invisible hand 作品「invisible hand」
アダム・スミスは「国富論」で、全ての人が利己的であっても経済社会は機能するという理論を、
ダーウィンは「種の起源」で自然淘汰による固体から種への進化の過程を論じた。
いずれも、大きな流れを形づくるのは一見混沌とした小さな選択であり、その選択は流れの方向性を想定して成されたものではない。(大村大悟)

大村大悟さん
「あえて様々な素材の作品を展示しました」と話される大村さん。

※カメラマン麥生田兵吾さん撮影の写真を掲載させて頂きました。最後の写真のみ三橋登美栄撮影です。

……………………………………………………………………………………………

最近の現代アートは無理難問が多くて「だから何なの?」と思うことがあります。
何なのか分からない作品を目の前にして戸惑い、もどかしくなることもあります。
そこで納得できないままやり過ごすのではなく、鑑賞者は作品やテーマについて制作者に質問し、作家は制作意図を説明することで再認識し、お互いに新しい別の世界で繋がって共感できることがあります。ギャラリーがその役割を担う場所になれたらとても嬉しいです。

大村大悟さんの今後の作品を楽しみにしています。どうぞご活躍ください。(三橋登美栄)


11/14 11:40 | 展覧会
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved