笹谷晃生展 ―枯草転生の庭―を終えて
笹谷晃生展 ―枯草転生の庭―(2016.6.13~25)を終えて

ギャラリー揺で3年ぶり、4回目の展覧会です。

≪展示作品≫
1 双曲景No.6321    
2 平花曲景(8点)No.6364~6371
3 撓花曲景No.6363
4 平花景(7点)No.6335~6341
5 曲景(7点) No.6338~6330 No.6342~6345
6 枝景No.6327
7 花景草本(10点)No.6323~6325 No.6346~6352
8 枝景No.6326
9 曲景No.6333
10 曲景No.6332
11 曲景No.6331
12 撓花景(7点)No.6356~6362
13 枯草A(室内)1,371本
14 枯草B(庭)176本

入口 入口 作品「双曲景No.6321」

展覧会場
静かに広がる銅の枯草空間と、点在する鉄の植物に眼が留まるインスタレーション展です。
刈り取られた葦が束ねられている風景に見えたり、床に置かれていても生い茂っている葦原にも見えたりします。枯草の黒い根が連なる曲線は波打ち際のように対岸まで続きます。

作品 平花曲景 作品「平花曲景」
架空の植物は自由に動き出し、鉄や銅の金属で作られていることを忘れてしまいます。

和室展示
作品 曲景、枝景 作品 枝景
作品「曲景No.6333」(左側)、「枝景No.6327」 作品「枝景No.6327」
枯れた根の近くでは、次世代の新しい芽が育っています。

庭展示
作品 撓花景 枯草(部分)
銅の赤色と錆色、銀ロウの銀色が雨に濡れて光っています。

夕陽
夕陽が差し込むと、過去の世界が蘇るかのように銅の輝きが増します。

笹谷晃生氏
作品について語る笹谷晃生氏

イワシャジン
イワシャジン
揺の前回展覧会のお祝いに鉢植えが届き、イワシャジン(岩沙参)一株を頂戴して庭に地植えしました。イワシャジンは多年草で山地の岩場に見られ、人気の高い山野草の一つです。夏に花芽が成長し、秋には次々と花を咲かせます。花が終わると、茎は枯れて栄養葉を広げます。冬前にはその葉も枯れて地表に出ている部分は見えなくなりますが、冬の間は地中で根が生きています。翌年春に発芽してイワシャジンは再生します。
イワシャジンから再生の話に飛びましたが、今回の「枯草転生の庭」は植物の再生と宗教思想の輪廻転生だと感じました。自然界に関心を寄せ、生命などを意識しながら架空の植物表現を続けてこられた笹谷さんの積み重ねの創作エネルギーが凝縮されている展覧会でした。

金属での植物表現を長年追求されている笹谷さんの今後の展覧会を楽しみにしています。(三橋登美栄)

......................................................................................................................................................................................

京都新聞2016年9月24日朝刊(美術欄・ギャラリー)掲載記事
笹谷晃生展(揺=銀閣寺前町25日まで)床に横たわる1400本余りのまっすぐな銅線と鉄の芽のオブジェ。金属で表現される生命力。(沢田眉香子・著述業)

......................................................................................................................................................................................

スポンサーサイト
09/26 23:31 | 展覧会
陶然亭 2016.9.2
陶然亭 2016.9.2

「陶然亭」と手書きの暖簾が架かる日本料理店は、京都・祇園の古美術商が軒を連ねる静かな通りにあります。「ミシュラン2015年、1つ星」ですが、堅苦しい雰囲気ではなくて、店主と女将さんと息子さんの三人がとても丁寧に迎えてくださいます。今日は日頃お世話になっている珠子さんに感謝の気持ちを込めてランチをご招待して、私もお相伴に預かりました。

先付
先付(長芋豆腐 オクラ 花穂紫蘇 柚子風味のたれ)

お造り
お造り(秋刀魚の海苔巻、鰆、穴子をワサビ、青海苔、炒り胡麻などと合わせていただきます)
食べ終わるとお皿の満月が昇り、街中の暑さを忘れて九月の観月会の風景に変わります。

蓋物
生姜味あんかけ揚げ物(山科茄子 万願寺唐辛子 ズッキーニ メイチ鯛 玄米)


お料理も中盤に入り、店主と女将さんを交えて会話も楽しくなる頃、陶然亭の由来を伺いました。中国の食べ物について書いたエッセイ集「華国風味」の中の一編「陶然亭」から名付けられたそうです。 著者の青木正児氏は京大などで中国文学を研究した人物で、京都では伝説的な文化人として、いまも知られているそうです。本書は元々1949年に弘文堂から出たもので、料理や食についての本で、行きつけの店を紹介した軽いエッセイまで、12編が収められています。

盛合せ
胡麻豆腐に盛合せ野菜など(食用鬼灯 梨 マスカット モロヘイヤ 豆)
※食用鬼灯/ホオズキは果物の味がしました。別名ストロベリートマトとかフルーツホオズキなどと言われています。初めて頂きました。

土瓶蒸し風
松茸の土瓶蒸し風(松茸 フエ鯛 三ツ葉 カボス)
「初もの七五日」 はしりの松茸を頂いて、また寿命が延びたようです。

ジャコご飯
ジャコご飯 香の物(沢庵、茄子 瓜)
 
ブリュレ コーヒー
デザート(クリームブリュレ コーヒー)

カウンター席
坪庭を眺めながら、約一時間半の幸せなランチタイムを過ごしました。ガラス戸に二人の影が映っています。優しい女将さんに私達のことを「お友達かと思いました」と言われました。実は嫁同士ですが、今日のように嬉しいお出かけの時は「お友達同士」のお付き合いが楽しいです。
日常の家事から離れて一年に一度くらいこんな日がまた来ますように・・・


09/03 16:46 | 日々
夛田憲太朗展(2016.8.23~28)を終えて
夛田憲太朗展(2016.8.23~28)を終えて

毎年8月23日、24日前後は、子ども達の健やかな成長を願うお地蔵盆が京都を中心に関西で行われます。この町内でも子ども達の歓声が響く中、厳しい暑さを忘れさせてくれる風景画展が開催され、展覧会場は爽やかな空気に包まれていました。

≪展示作品≫
1 サンリスの街 P10
2 森の中の家 270×370mm
3 赤い屋根の家 205×285mm  
4 夕暮れ時 F30
5 雪原の家 P20
6 エセックス川 P10
7 Old House P20
8 Lighthouse P20
9 イプスイッチの冬 F8
10 イプスイッチの丘 F20
11 Paine House P20
   
揺入口 森の中の家 作品「森の中の家」270×370mm
入口の壁に樹々の木洩れ日が差し込み「森の中の家」の木洩れ日に重なっていました。

展覧会場
展覧会場

夕暮れの時
作品「夕暮れ時」F30

風景画と庭
風景画に庭の風景が繋がります。

エセックス川
作品「エセックス川」 P10
人物が描かれていない風景の中に人々の暮しを想像します。

木洩れ日
木洩れ日が差し込むと、風景画の表情が変わります。

和室展示
和室展示
Lighthouse作品「Lighthouse 」P20

イプスイッチの冬作品「イプスイッチの冬」 F8

イプスウィッチの丘
作品「イプスウィッチの丘」F20
広い空の風景画を観ていると、この丘に行ってみたくなります。

和室展示
和室展示

庭からの自然光は心地良いですが、夏の太陽光線は強くて作品鑑賞の邪魔をします。
額縁のガラス板が反射して庭の樹々や鑑賞者が映り込むのを気にしながら最終日を迎えました。そして最終日の最後の来廊者から、額縁のガラス板が反射する話題になったことをきっかけに、夛田さんは額縁を外されました。ガラス無しの絵画は、より近くに感じ鮮明に鑑賞者に迫ってきます。一筆、一筆のタッチまで観えて夛田さんの絵画に対する思いが伝わってきました。



 
09/01 20:41 | 展覧会
柏井裕香子展 ―晴子―(2016.5.31~6.12)を終えて
柏井裕香子展 ―晴子―(2016.5.31~6.12)を終えて

≪展示作品≫
1 種蒔きの唄    
2 七月
3 四月
4 1歳の背負子
5 十二月
6 ようこそ、トコシエ・ミルク郷へ
7 晴子の小部屋
8 ゆりかごの唄
9 十月

展覧会場
展覧会場

作品「種蒔きの唄」 作品「種まきの唄」
素材:絹(古布)寒冷紗 合成顔料  技法:友禅染 ステンシル
北アルプス立山連峰の山肌に僧侶と馬の雪絵(雪形)が現れると、地元では田植えが始まるそうです。

作品「四月」 作品「四月」
素材:木綿 タオル地 合成顔料  技法:ステンシル 刺繍

作品「ゆりかごの唄」 作品「ゆりかごの唄」
素材:木綿 寒冷紗 合成顔料 反応性染料  技法:筒描き染 友禅染 ステンシル

この展覧会の案内状に「娘のとなりで 月日をかさね 私は母になっていく」と柏井さんの思いが記されています。子育てを体験し、大きな愛情を掴んでこの斬新な作品が生まれました。

作品「十月」 作品「十月」
素材:木綿 皮 合皮 合成顔料 技法:ステンシル
上に二本、下に二本の乳歯がお菓子をほおばって笑っています。


作品「一歳の背負子」 作品「1歳の背負子」
素材:古布 絹 木綿 ウール 麻 合成顔料 日本画顔料  技法:ステンシル 刷毛染 刺繍
一歳まで成長したことを祝うと同時に、赤ちゃんに「一升餅」と呼ばれる餅を背負わせる行事があります。これは、人間の一生と餅の一升をかけて、「一生丸く(円満に)長生きできるように」とか「一生食べ物に困らないように」などという願いが込められています。

柏井さん 作品「晴子の小部屋」
素材:寒冷紗 木綿 絹 レーヨン 反応性染料 合成顔料  技法:浸染 刷毛染 パッチワーク
作品の説明をされる柏井さん

作品「十二月」 作品「十二月」
素材:木綿 オーガンジー レーヨン  技法:ステンシル パッチワーク

作品「ヨウコソ、トコシエ・ミルク郷へ」
作品「ようこそ、トコシエ・ミルク郷へ」室内側
素材:木綿 寒冷紗 合成顔料  技法:友禅染 ステンシル

作品「ヨウコソ、トコシエ・ミルク郷へ」
作品「ようこそ、トコシエ・ミルク郷へ」庭側
体内で胎児の生命が大きく成長しています。命が誕生する前の充実感や、赤ちゃんを出産する前の幸福な気持ちが暖簾の奥から観えます。日本の人口が減少し続けている現代に、多くの女性に観て頂きたい展覧会でした。(三橋登美栄)

京都新聞2016年6月4日朝刊(美術欄・ギャラリー)掲載記事
≪柏井裕香子展≫
10年間住んだ愛知県から郷里の富山県黒部市に移住し、子を授かった作家が、郷里での暮し、子育て、母になっていく自覚をテーマに染色作品を制作。日々を慈しむ気持ちがにじみ出た作品だ。(小吹隆文・美術ライター)

最後は柏井裕香子さんの文章で締めくくらせて頂きます。
≪ 個展 ー 晴子 ー を終えて≫
今回が揺さんでの初めての展覧会でした。風がとおり、太陽光が変化する。もとは住居だったという、その暖かみのある空間は、柔らかな布との相性がとても良く、作品をいきいきとさせてくれているようでした。『人』と『暮らし』をつなげるテキスタイル、その魅力と存在感の大きさに改めて気付かされたように思います。 また、私にとって出産後初めての活動ということも、印象深く残りました。揺さんから個展のお話しをいただいたのは2年前のこと。個展を決めてからの2年間で私は、妊娠と出産を経験しました。この展覧会のタイトルにもなった娘・晴子との日々は毎日が愛おしいものでした。一方で子育てと制作の両立は難しく、家族の協力と理解無くしては決して実現していなかったでしょう。大切な人たちとの暮らし、あたりまえの幸せがあるからこそ、その一瞬一瞬をかたちあるものに残したいという気持ちが芽生え、私を制作に駆り立ててくれました。私は今後につながる大きなテーマをこの展覧会をきっかけに頂く事ができたと思います。機会を与えてくださった三橋さん、そしてご来場いただいた方々にこの場をお借りして感謝申し上げます。またいずれお会いできることを願って。(柏井裕香子)



06/16 23:34 | 展覧会
国際陶芸3人3様展 (2016.5.24~29)を終えて
国際陶芸3人3様展 ―フランス&イスラエルー(2016.5.24~29)を終えて
“3 INTERNATIONAL CERAMIC ARTISTS, 3 WAYS” ―France & Israel―

Patricia CASSONE パトリシア・カッソーネ (フランス人 女性)62作品を出品
Kamataki “Painting with fire in the kiln” 「薪窯 窯中の炎で描く」

Shamai GIBISH シュマイ・ギビッシュ(イスラエル人 男性)33作品を出品
“Terra Sigilata” テラ・シジェラタ「エーゲ海式装飾技法」

Shula MILLAR シュラ・ミラー(イスラエル人 女性)37作品を出品
“Crystalline and volcanic glazes” 「結晶釉、および条痕釉」

2014年10月8日にパトリシアさん達3人が、ふらっとギャラリー揺に来られました。その時に開催中の井出照子展(陶芸)をご覧になった後それぞれに帰国。程なくして「揺の会場が気に入ったので、3人展を開きたいです。」とメールが届きました。その後何度かメールを交換して展覧会の準備が整い、この3人3様展を開催することができました。国際交流に貢献できたようで嬉しいです。

展覧会場展覧会場 

パトリシアの作品展覧会場

パトリシアの作品Patricia CASSONEの作品
パトリシア・カッソーネはフランス生まれ。国際陶芸学校CNIFOPで陶芸を学びました。1995年以来、彼女は定期的に日本、韓国、台湾の展覧会やシンポジウムやワークショップに多数招待されています。彼女はフランスにある穴窯で作品を制作しています。彼女のアトリエ近くに生えている樹齢300年から400年の栗の木から影響を受けたオブジェも出品されています。

シュラの作品Shula MILLARの作品

展覧会場展覧会場 

シュラの作品Shula MILLARの作品
シュラ・ミッラーはイスラエル生まれ。エルサレム大学で考古学と美術史を学び、ガリラヤにあるTei-Hai大学で陶芸を学びました。彼女の作品は、地質学を参考にしながら、地殻の中で起こっている再構成の過程や、目に見える世界の表現を試みています。ロクロを使って形創る昔からの方法も用いられています。磁器の作品は、水晶のような透明さと激しく流れ出る釉薬との組み合わせでできています。これらの二つの対比は、自然界の両面性を表現しています。

オープニングパーティーオープニングパーティーの始まる前、各国の人達で賑わっています。

各国の料理フランス料理、イスラエル料理、中国料理が並んでいます。

展覧会場展覧会場

シャマイの作品Shamai GIBSHIの作品
シャマイ・ギブシュはイスラエル生まれ。MBAテルアヴィブ大学、ボストンのBCAE陶芸スタジオで学びました。現在、イスラエルとボストンで制作しています。彼の陶芸工房は現代陶芸ギャラリー・共同陶芸Gallery“8 in Jaffa”にあります。陶芸作品はテル・アビブ美術館、エルサレムのイスラエル美術館内店、イギリス・ロンドンのセセリア・コルマンギャラリー、米国のブルックリンなどにもあります。  

作家3人右からパトリシアさん、シュラさん、シュマイさん
日本的な優しい心遣いが身についているパトリシアさん、気持ちも身体も大きいシュマイさんはピアノ演奏も素晴らしいです。揺の庭を眺めて特に苔が美しいと気に入られた個性的なシュラさん。展覧会中は会場当番を交代しながら北野天満宮、清水寺、伏見稲荷大社、信楽陶芸の森、三重県伊賀焼など精力的に出かけ、とても充実した日々をお過ごしでした。
最終日は午後5時前からシュマイさんのお茶碗(内側金箔貼)も使って、お疲れさま「お茶会」を開きました。1週間の展覧会はあっという間に終わりましたが、楽しい思い出をフランス、イスラエルに大切にお持ち帰りいただけたら嬉しいです。良い展覧会をありがとうございました。3作家さん達はこれからも世界各国でご活躍されることと思います。(三橋登美栄)


06/06 17:20 | 展覧会
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved