FC2ブログ
大文字山 2020.2.24
大文字山(語る会の下見) 2020.2.24
(人見さん、竹内さん、三橋の3名)
……………………………………………………………………………………..
JR琵琶湖線膳所駅(8:14)→山科駅8:21→毘沙門堂→雨社大社10:15→大文字山頂上(12:00前)→昼食12:00~12:45→蹴上方向に下山→新島襄之墓→南禅寺→地下鉄東西線東山駅→山科駅(乗換)JR山科駅16:12→膳所駅16:19→帰宅 (15.2km 23,348歩)
……………………………………………………………………………………..

8時半、山科駅から徒歩開始。安祥寺川を見ながら毘沙門堂に向かいます。


IMG_2064.jpg
毘沙門堂は天台宗五箇室門跡のひとつで、高い寺格と鄙びた山寺の風情を伝える古刹です。ご本尊の毘沙門天は最澄の自作と伝えられています。

毘沙門堂駐車場から左手に墓地を見ながら舗装道路を登ります。
 
IMG_2067.jpg IMG_2069.jpg
この地点から舗装道と分かれて右折し、山道の登山開始→支尾根取り付き→鉄塔→滋賀県境尾根から雨社大社に向かいます。

IMG_2070.jpg
樹の幹に書かれた雨神社の矢印を確認。

IMG_2076.jpg
背の高いアセビの白い花が満開。沢山のアセビを眺められる馬酔木街道です。

IMG_2080.jpg IMG_2081.jpg

IMG_2082.jpg IMG_2085.jpg
雨社大神
かつてはここに赤龍社、龍王社、龍王祠(りゅうおうのやしろ)、龍王宮などと呼ばれる社があり、それを継ぐものです。大山祇命などが祀られている、雨乞いのための社です。『京都坊目誌』によれば岡崎神社の末社。かつては如意寺の鎮守社でした。地図上では池ノ谷地蔵と如意ヶ嶽山頂の間に位置します。『昭和京都名所図会』によれば、1917年(大正6年)岡崎神社に遷されましたが、その後再興。如意越の中程より南に分け入ったところにあり、7月16日に例祭が行われているそうです。かつては周囲に大きな池が有ったそうですが、現在は小さな池と、かつての堤などが残るのみです。

IMG_2089.jpg
登山道に倒れた樹々は、登山者が通れるように切られているので通行可能です。

IMG_2093.jpg
風が吹くと倒れかけた木と木がぶつかり、上部で擦れ合う音が聞こえます。樹々の話し声のようです。

IMG_2096.jpg
今日は祭日のこともあり大文字山山頂(466m)は沢山のグループで大賑わい。私たちは山頂を遠慮し、広い木立の中で昼食のお弁当を広げました。その後、蹴上方向に下山します。

IMG_2098.jpg > IMG_2099.jpg

IMG_2100.jpg IMG_2102.jpg

IMG_2103.jpg IMG_2104.jpg

IMG_2109.jpg
若王子山の同志社墓地・新島襄の墓。静謐で厳かな空気が流れています。

IMG_2107.jpg
この同志社共葬墓は同志社にゆかりのある者や教職員が埋葬されています。(今年5月の納骨式に姉を埋葬)

IMG_2113.jpgイズセンリョウ

IMG_2134.jpg
アリドウシ(蟻通し)
鋭いトゲをもち、秋に赤い小さな実を付けます。名前はこのトゲが蟻をも突き通すという説と、実が翌年まで持つので「ありどおし」という説があります。このアリドオシの別名がイチリョウ(一両)。マンリョウ(万両)から始まり、センリョウ(千両)、カラタチバナ(百両)、ヤブコウジ(十両)と、おめでたい木の最後に位置づけられます。

地球温暖化による台風被害の倒木に心を痛めながらの下山途中、山の中で開発が進んでいました。新しく自動車道が作られ、その周辺の樹々は切り倒されていました。かつての山中の風景は消え去り、自然破壊が目の前に広がっていました。何のプロジェクトが動き出しているのか? 驚くばかりです!
大文字山のご案内をありがとうございました。(三橋登美栄)
スポンサーサイト



02/26 14:57 | 山歩き
八幡山 2020.2.11
八幡山 2020.2.11
第497回「自然と語る会」(参加者17名)
……………………………………………………………………………………..
JR琵琶湖線膳所駅8:33発→石山駅8:44発(新快速に乗換)→近江八幡駅9:06着(510円) (近江鉄道バスに乗換)9:15発→ユースホステル前(420円)→百々神社から登山(9:50発)→水郷展望台→望西峰(ボウセイホウ278m)(11:20着)→北の庄城跡→八幡山(鶴翼山カクヨクザン283.8m)→北の丸跡(271.9m)(12:40着)→展望資料館(昼食)→西の丸跡→村雲御所お願い地蔵→八幡ロープウエイ前から下山→日牟禮八幡宮(14:20着)→日牟禮カフェ→近江鉄道バス大杉町(白雲館)16:11発→近江八幡駅16:24着(220円)(乗換)JR近江八幡駅16:36発→石山駅16:58着(乗換)17:06発→膳所駅17:09着(金券ショップ460円)→帰宅
……………………………………………………………………………………..
八幡山の北側、百々神社の横から急なアップダウンを繰り返す尾根伝いの里山ハイキングコースです。

IMG_1940 (3)

IMG_1939.jpg百々神社

IMG_1951.jpg
集落、農地、里山を中心とした丸山の風景。遠方には伊吹山、霊山岳が白く輝いています。

IMG_1960.jpgヤブコウジ(十両)

IMG_1965.jpg
重要文化的景観第一号に選ばれた「近江八幡の水郷」で有名な西の湖が眼下に広がります。

IMG_1970.jpg
手前に長命寺港、琵琶湖の西側に冠雪する比良山系が輝いています。

IMG_1975.jpg
田園風景の中に岡山(188m)、琵琶湖の向こう岸は比叡山の裾野が美しいです。

八幡山城跡は近江八幡市街地の北側、標高271.9mの八幡山山頂にあります。安土城が落城してから3年後、1585年に豊臣秀次が築いた城です。最頂部に本丸をもうけ、その南東に二の丸、西に西の丸、北に北の丸、南西の尾根上一段低く出丸を配置する構造で、山頂から八の字形に広がる尾根上の小曲輪と、尾根に挟まれた南斜面中腹に秀次館跡と家臣団館跡群と思われる曲輪群が階段状に残っています。現在は石垣を残すのみですが、本丸跡には日秀尼公(秀次の生母)が豊臣秀次の菩提を弔うため、村雲御所瑞龍寺門跡が昭和36年に京都より移築されています。また、秀次館跡からは金箔瓦が多数出土し、とくに秀次の馬印である沢瀉紋(おもだかもん)の飾り瓦が発見されるなど築城当時の豪華さが伺えます。

豊臣秀次(1568〜1595)について
豊臣秀吉の姉・ともの子。秀吉の養子となり関白職を継ぎましたが、後に秀頼が産まれ、後継者を巡る争いにより自害させられました。八幡公園には開町の祖・秀次の銅像が建てられています。

IMG_1977.jpg

IMG_1996.jpg村雲お願い地蔵

IMG_1998.jpgロープウエイ乗り場

IMG_2008.jpg
ロープウエイの音を聞きながら麓の日牟禮八幡宮まで降りました。

IMG_2010.jpg
クラブハリエ日牟禮館のヒヨドリジョウゴ
 
IMG_2011.jpg IMG_E2014.jpg
日牟禮カフェでゆっくりティータイム≪パルフェ&マルシェ(飲み物)≫

今日は最高の天気に恵まれて、琵琶湖の東側には伊吹山や霊仙山や遠方の鈴鹿山系、西側には比良山系の素晴らしい眺望を堪能しました。急な上り坂の苦しさを消し去ってくれる感動の風景に出会いました。ありがとうございました。(三橋登美栄)
02/13 18:18 | 山歩き
比叡山 2020.2.3
比叡山 2020.2.3
(参加者は人見さん、谷口さんご夫妻、三橋の4名)

……………………………………………………………………………………..
JR琵琶湖線膳所駅(8:16)→山科駅(200円)《乗換》地下鉄東西線山科駅(8:32)→東山駅(230円)《乗換》京都市バス5系統東山三条駅(8:52)→一乗寺下り松町駅(乗継割引110円)→一乗寺下り松前からシャトルバス無料(9:30)→狸谷山不動院→登山開始(10:10)→京都トレイル東山59-5(10:35)→昼食(12:00~12:25)→てんこ山(12:54)→石鳥居(13:20)→水飲対陣跡(13:45)→千草忠顕碑(14:55)→坂本ケーブル延暦寺駅(17:00)(870円)→ケーブル坂本駅→京阪石坂線坂本比叡山口→京阪膳所駅→帰宅
……………………………………………………………………………………..

本日2月3日は、狸谷山不動院では豆まき式に加えて、厄除け大護摩祈祷と弘法大師が唐より授かった真言宗独特の祈祷法、星まつり福よせ祈願が行われます。

IMG_1787.jpg
IMG_1793.jpg
250段の階段を上ります。

IMG_1802.jpg
清水寺と同じような「懸崖造り」という山の斜面に柱を立て、その上に本堂を作る優れた建築技術による建物です。法螺貝を手にした山伏姿の方に出会いました。
 
IMG_1811.jpgIMG_1810.jpg
この石段から山登りを開始します。
ミツデウラボシはシダ類。日本では最も普通に見られる種です。名前は葉が大きく三つに裂けることから。ただし、十分成長しないとこの形にはなりません。

山道に入ると、奥の院へと続く「三十六童子めぐり」への階段が続いています。
   
IMG_1813.jpgIMG_1816.jpgIMG_1818.jpg
左から、こんがら童子、せいたか童子、ふどうえ童子
IMG_1820.jpgIMG_1823.jpgIMG_1825.jpg
左から、こうもうしょう童子、むくこう童子、けいしに童子 
IMG_1827.jpgIMG_1829.jpgIMG_1831.jpg
左から、ろえとう童子、しったら童子、ちょうしょうこう童子
IMG_1833.jpgIMG_1835.jpgIMG_1837.jpg
左から、ふしぎ童子、はらはら童子、いけいら童子
IMG_1839.jpgIMG_1841.jpgIMG_1843.jpg
左から、こくぞう童子、ししえ童子、あばらち童子
IMG_1845.jpgIMG_1847.jpg
左から、じけんば童子、りしゃび童子

途中から、童氏めぐりが続く奥の院へ行く道とは別れて、京都一周トレイル東山の方向へ進みます。

IMG_1850.jpgIMG_1853.jpg

   
IMG_1867.jpg
北白川城出丸(北城)白鳥(シラトリ)山頂からの展望

IMG_1862.jpg


IMG_1864.jpg
暖冬で早くもアセビの花が咲いています。
   
IMG_1868.jpgIMG_1869.jpg

IMG_1880.jpg
地上に現れた根は自然の造形美ですが、樹の根は踏まれてかわいそうです。

IMG_1881.jpg
この少し先で、早く目覚めた蛇さんと鉢合わせてキャ~ッ!色も形も木の根っこと見間違いそうでした。
   
IMG_1884.jpg
見落としそうな所に、てんこ山三等三角点443m
 
IMG_E1914.jpg
IMG_E1906.jpg
カケスとはスズメ目カラス科カケス属に分類されます。「ジェー、ジェー」としわがれた声で鳴き、英語名の「Jay」はこの鳴き声に由来します。また他の鳥の鳴き声や物音を真似するのが得意です。

IMG_1922.jpg石の鳥居

IMG_E1923.jpg

IMG_1925.jpg
川を渡る人見さんと谷口さん

IMG_1928.jpg

IMG_1930.jpg水飲対陣之跡

IMG_1931.jpg

IMG_1933.jpg千草対陣之跡

IMG_1934.jpg
風の通り道にあたり、なぎ倒されたスギ林。
現在のスギ林は成長すると弱い風でも倒れやすいと聞きました。

IMG_1935.jpg
写真右奥に冠雪している比良山が見えます。この辺りは遠くの山々まで幾重にも重なって見渡せる絶景ポイントです。

昔、何度か滑りに来たスキー場跡のゲレンデを横切ってガーデンミュージアム比叡(冬季休園中)前を通過。ドラブウエイを歩いて坂本ケーブル延暦寺駅に到着。最終便(17:00)に乗車して麓の坂本駅に到着。今日の夕食は「鶴喜そば」で。と楽しみに食事処に行きましたが17:30で営業時間終了でした。帰路の京阪電車「おでんde電車」の中は暖かくて眠気を催しながら膳所駅で下車。今日一日の山歩きで体は疲れていますが、長距離を歩けた自信は満足感に代わり嬉しい一日になりました。良いコースをお誘い、ご案内くださってありがとうございました。


02/05 16:44 | 日々
湖北野鳥センター 2019.12.11
湖北野鳥センター 2019.12.11
第494回「自然と語る会」(参加者18名)
……………………………………………………………………………………..
JR琵琶湖線膳所駅8:57発→北陸本線河毛駅 10:22着→民宿マイクロバスで湖北水鳥公園10:40着→湖北野鳥センターで野鳥観察→民宿舟倉で忘年会→マイクロバス舟倉14:40発→河毛駅15:22発→石山駅16:28着(乗換)16:36発→膳所駅16:39着→帰宅
……………………………………………………………………………………..

katarukaiIMG_E1466.jpg
膳所駅から北陸本線河毛駅まで1時間半弱の乗車は小旅行気分です。
寒そうに見えますが、気温は上がり過ごしやすそうです。

katarukaiIMG_E1467.jpg
車窓の風景は濃い霧と厚い雲に覆われて、太陽は白く淡く霞んでいます。

katarukai IMG_1502
河毛駅から約20分で湖北水鳥公園に到着

katarukaiIMG_E1488.jpg
望遠鏡から見えるびわ湖岸の水鳥達。手前にコハクチョウが見えます。奥の方には、オオヒシクイ、マガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カワウが見られたそうです。(大西久夫氏情報)

「オオワシが見えます!」とセンターの職員さんに教えて頂いて、望遠鏡や双眼鏡を覗き込むと、黄色いくちばしが目印のオオワシを発見!十分長い時間野鳥を観察した後に、オオワシが大きな翼を広げて飛び立ちました。センターの屋根を超えて山本山の方に悠然と飛び去って行きました。周りを圧倒するようなオオワシの存在感にドキドキし、遠くの山本山を眺めながら、しばらく余韻に浸っていました。一度見たいと思っていたオオワシに、今日初めて出会えた感動は消えません。

katarukaiIMG_E1480.jpg
オオワシ(センターの資料写真より)
オオワシはロシアのカムチャツカ半島からオホーツク海沿岸部で繁殖し、冬に北海道などの北日本や中国、朝鮮半島で越冬するそうです。そのうちの一羽が今年で連続22年、湖北に飛来し、山本山をねぐらにしています。このオオワシは2代目でかなり高齢のメスという話です。来年の2月末頃まで滞在するそうです。翼を広げると約2,5mにもなる国内最大級の猛禽類。その姿を一目見ようと野鳥ファンやカメラマンが多く訪れています。

katarukaiIMG_E1492.jpg
オオワシ(センターの資料動画より)

katarukaiIMG_1477.jpg
北海道川上郡標茶町のオオワシ(Haliaeetus pelagicus)の剝製

katarukaiIMG_1505.jpg
湖北野鳥センター

katarukaiIMG_E1512.jpg
湖北野鳥センターの近くの民宿・舟倉(フナソウ)で忘年会。
鴨鍋、鮒寿司と発酵飯、川魚煮、モロコ、鮒の子造り、
 
katarukaiIMG_E1513.jpg 鰻巻き            

katarukaiIMG_E1514.jpg鯉煮付け

katarukaiIMG_E1511.jpg
自然と語る会会員 忘年会
 
katarukaiIMG_E1521.jpg
山本山の麓にある宇賀神社?を横切って河毛駅に向かいます。

katarukaiIMG_1520.jpg
毎年、一羽のオオワシが飛来する山本山! 地球上の自然界の不思議を感じます。

katarukaiIMG_E1528.jpg
冠雪する伊吹山を眺めながら湖北とお別れです。今日はオオワシが大空を飛翔する姿を堪能し、忘年会で鴨鍋や鮒寿司などを賞味して、素晴らしい一日を過ごしました。今日はオオワシ一色になり植物の写真が一枚も無いことに驚いています。

毎回自然と語る会をお世話してくださっているリーダーの方々、下見や準備やお気遣い等のご苦労全てに深くふか~く感謝しています。ありがとうございます。来年もどうぞよろしくお願いいたします。 三橋登美栄


12/14 23:06 | 山歩き
中川 渉 展を終えて
中川 渉 展(2019.11.5~17)を終えて

隣接していた画廊アートライフみつはしで、個展を4回開催されたご縁から、当画廊でも中川渉個展を引き続き開催してくださるようお願い致しました。

<展示作品>
1 植物標本 銅板    
2 6×5
3 AS
4 Ring 
5 3 L
6 パレット
7 3×4
8 4×5   
9 見開き
10 かりん
11 マグノリア 
12 medicianecase
13 花びら
14 White peppr
15 パイプ    
16 スクラップ
17 時の存在
18 6×6
19 V  
20 文字盤 
21 マス目
22 4×3 
23 Helsinki Kauppatoni
24 古書
25 4×7 
26 植物標本
27 モンキーツリー

nakagawa201.jpg
展覧会場入り口
   
nakagawa 213 nakagawa 214
植物標本銅板    6×5
 
nakagawa215.jpg nakagawa 216
AS               Ring

nakagawa202.jpg
展覧会場
   
nakagawa 217 nakagawa 218 nakagawa 219
3L           パレット         3×4
 
nakagawa 220 nakagawa 221
4×5         見開き
nakagawa 222
植物標本


nakagawa206.jpg

nakagawa205.jpg
展覧会場

nakagawa 207
マグノリア、medicianecase、花びら、White pepper、パイプ、スクラップ、時の存在

nakagawa 208
6×6         V

nakagawa 210
展覧会場

nakagawa 211
展覧会場
 
nakagawa 226 nakagawa 227
文字盤         マス目
 
nakagawa 229 nakagawa 230
4×3             Helsinki Kauppatoni
 
nakagawa 231 nakagawa 232
古書           マス目
  
nakagawa 233 nakagawa 234
植物標本       モンキーツリー        

nakagawa 212
展覧会場

nakagawa200.jpg
立体作品
アスファルトルーフィング(屋根材の下に敷く防水シート)を番線(工事現場で足場の結束に使う針金)で縫い合わせて、砥の粉を引いたり、バーナーで焦がして穴が空いたりしています。遠目には、陶器と見間違う程の重量感を感じますが、紙製です。
作品の材料はフランスの薬缶、ヘルシンキで奥様が購入されたガラス瓶、カナリヤ諸島原産のモンキーツリー、京都の骨董市(古道具市)で入手された様々な年代物、拾われた植物の種、古い植物採集標本、等など。世界中の宝物を集めるところから制作が始まっています。
何気ない、見過ごしてしまいそうな、時には処分してしまいそうな物達に焦点を当てて、新しい命を吹き込み、再び蘇らせる優しさと創造力から作品が生まれるように感じました。

 nakagawa198.jpg
中川 渉 氏
≪中川 渉 氏のプロフィール≫
1955 富山県高岡市に生まれる
1976 新制作展出品(以降毎年出品)
1980 京都教育大学専攻科(美術・工芸)修了
1995現代日本美術展佳作賞
1996、1998、2000 個展 セルフ・ソウ・アートギャラリー(大阪)
2012、2014、2016、2017個展 アートライフみつはし(京都)

……………………………………………………………………………………………..

中川氏が師事された桑田道夫先生(洋画家、元京都教育大教授 1916~2002)が
2000年3月4日に京都文化博物館旧館会議室で講演をされました。その記録を中川渉夫人・晴恵さんが編集された冊子「桑田道夫 講演」を拝読。その中から印象的なお言葉を掲載させて頂きます。『、、、ひとつの秩序が壊される。するとそこに、今度は新しい意外な新鮮な秩序が生まれてくる、、、』 『、、、この即物的な仕事っていうのは、自分の対象として、作品が、モノがあるっていうよりも、もう自分と全く同化した世界と考えたい、、、』 『、、、白く塗っておいて「黒パン」という題名を付けることによって、よりモノとしての迫力を感じてもらいたい、、、』 『、、、すまいは私達が主役の夢の空間ですが、主役が犬でも机でもいい訳です、、、』 『、、、何の関係もないというところに、不思議な関係を感じてしまう、、、』 『自分の体で、ものを実感として知っていくということが重要、、、』などを興味深く読ませて頂きました。桑田先生のアトリエは、お嬢様のデューリー直さんが今年の春から、誰もがアイディアを表現できる自由な空間として、「Gallery Nostalgia」をオープンされました。ワークショップやイベントなどを企画されています。今後のご活躍を楽しみにしています。

………………………………………………………………………………………….

フリーライター小吹隆文(@kobukitakafumi)| Twitter
11月12日
ギャラリー揺の「中川渉展」。ミクストメディアの平面。植物、古書などを支持体に貼り付けている。支持体の白っぽい色は紙粘土。朽ちた風合いが魅力的で、時がフリーズしたかのような静謐を感じる。庭には建材を支持体とする皿型の作品(旧作)も。https://www.yuragi.biz

………………………………………………………………………………………….

nakagawa 237
展覧会中に、ヒヨドリよりは少し小さい、イソヒヨドリ(オス)が揺の庭に飛んで来ました。留鳥で単独行動、かつては海岸周辺が主な生息地でしたが、最近は住宅地やビルの谷間を飛び回る姿を見かけることが多くなり、春には声量のある美声でさえずるそうです。人懐っこくて、カメラを向けても怖がりません。沓脱石に乗って展覧会場内の作品を覗くイソヒヨドリの姿はとても可愛いでした。

この展覧会の終了後は、2020年3月2日まで冬季休廊させて頂きます。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。 ギャラリー揺 三橋登美栄


11/25 18:50 | 展覧会
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved