FC2ブログ
堀田淳一展(2019.10.22~11.3)を終えて
堀田淳一展(2019.10.22~11.3)を終えて

当画廊での堀田淳一展は2009年、2011年、2013年、2015年に続き5回目。
山藤をモティーフに、日本画作品「wisteria」を14点、板間と畳の間に展示されました。

hotta019.jpg

hotta004.jpg
展覧会場

hotta021.jpg

hotta022.jpg

hotta010.jpg
展覧会場

hotta023.jpg

hotta025.jpg

hotta026.jpg
作品部分の拡大画像です。何度も塗り重ねられた画面の奥には、こんなにも様々な内容が描かれていたのかと驚きました。カラフルな藤の花々の周りには、リズミカルな風が揺らぎ、樹々の音符が乱舞している風景からは音楽が聞こえてきそうです。

hotta027.jpg

hotta018.jpg
展覧会場

hotta028.jpg

hotta029.jpg

hotta014.jpg
展覧会場

hotta031.jpg

hotta032.jpg

hotta033.jpg

hotta004 (2) 堀田淳一氏

堀田氏はパンリアル美術協会会員、堺美術協会役員、社団法人国際ART BRIGE副理事長の役職を引き受けてご活躍中です。芸術(ART)の交流を通じて世界のアーティストたちと、HEARTとHEARTをつなぐ架け橋(BRIDGE)の役目を担う展覧会を続けてこられました。今までにアメリカ、韓国、ニュージーランド、カナダとの国際交流展を開催して大きな成果を上げておられます。その他、ボーダレスやアールブリュット作品の企画展も計画中です。今後の展開を楽しみにしています。(ギャラリー揺 三橋登美栄)


スポンサーサイト



11/08 23:22 | 展覧会
益子由美展(2019.10.8~13)を終えて
益子由美展―景色の中の家―(2019.10.8~13)を終えて

数年来の友人・益子由美さんの初個展です。30年余り前に油絵教室で指導を受け、それ以来長年に亘って描き溜められた作品をまとめて展示発表されることになりました。

<展示作品>
1 耕す(日野町) P30    
2 踏切のある風景(日野町) F50
3 陶工の街③ (信楽町) F50 
4 信楽にて (信楽町) F50
5 川ぞいの道 (日野町) F20
6 ヴォーリス建築の家 (近江八幡) F30
7 陶工の街① (信楽町) F50  
8 窯跡のたぬき [信楽町] F50
9 陶工の街② (信楽町) F50
10 薪小屋 (信楽町) M12
11 蒲生野展望 (蒲生野) F50
12 蔵(蒲生野)P50
  
IMG_E1161.jpg
展覧会場(入口)

IMG_E1177.jpg
作品「耕す」

IMG_E1181.jpg
作品「踏切のある風景」

IMG_E1162.jpg
展覧会場(板間)

IMG_E1185.jpg
作品「陶工の街③」

IMG_E1186.jpg
作品「信楽にて」

IMG_E1165.jpg
展覧会場(板間)

IMG_E1189.jpg
作品「川ぞいの道」
初期の作品で、益子さんが自由に伸び伸びと描かれた気持ちが伝わってきます。

IMG_E1190.jpg
作品「ヴォーリス建築の家」
W.M.ヴォーリスは大正から昭和期に、一種の洋風住宅ブームを引き起こした、そのモデルとなる住宅や建造物を日本各地に残したアメリカ人建築家です。1905年の来日以来、実に1500以上の建築作品を手掛けたそうです。

IMG_E1193.jpg
作品「陶工の街①」

IMG_E1194.jpg
作品「窯跡のたぬき」

IMG_E1168.jpg
展覧会場(畳の間)

IMG_E1196.jpg
作品「陶工の街②」

IMG_E1199.jpg
作品「薪小屋」

IMG_E1201.jpg
作品「蒲生野展望」

IMG_E1203.jpg
作品「蔵」
ガリ版伝承館は東近江市蒲生野にあり、明治中頃にガリ版印刷を発明した堀井新次郎親子の住居だった建物です。母屋と洋館といくつもの蔵が並ぶ大豪邸で、広い敷地内にある古い蔵には、全国から集まった古いガリ版(謄写版)が保管されています。

IMG_E1215.jpg
展覧会場で作品の説明をされる益子由美さん

TWXFE7707.jpg
10月12日は台風の影響で京都市内の施設は臨時閉館になり、イベントの中止が相次ぎました。ギャラリー揺は開廊しましたが来廊者はゼロ。一人で西の空を眺めていると、大きな夕陽に照らされた空はオレンジ色に焼け、雲が西から東に足早に流れていました。今回の台風19号で甚大な被害に遭われた関東、甲信越、東北の皆様にお見舞い申し上げます。

………………………………………………………………………………………………
小吹隆文(フリーライター)ツイートに掲載された文章
ギャラリー揺の「益子由美展」。絵画。在住地の滋賀・甲賀周辺の風景を基に描いている。具象画だが、風景を入れ子状にした作品もあり、必ずしも再現的ではない。高齢の作家で、約30年前から絵画を始めた。これまではグループ展で活動しており、個展は今回が初。https://www.yuragi.biz/ pic.twitter.com/jTeB2vkv3E(小吹隆文‏ @kobukitakafumi 10月8日)
………………………………………………………………………………………………
産経新聞(2019年10月5日土曜日朝刊)京都版 まち案内 美術に案内状の写真(踏切の風景F50号)を掲載して益子由美絵画展を紹介。
………………………………………………………………………………………………
益子由美 略歴 
1946 大阪市で生まれ、現在は滋賀県甲賀市に在住
1986~1988 水口中央公民館で油絵講座を受講
1989~ 碧会に参加し活動
1993~ 福井重男氏に師事
2019.10 初個展 ギャラリー揺(京都)
………………………………………………………………………………………………
今展は、油絵12点に加えてガラス絵小品も展示。益子さんのお住まいから程近い信楽、近江八幡、蒲生野、日野町などの風景を描かれた油絵です。初期の作品は印象派のセザンヌを思い起こさせるような自由な動きを感じ、描きたい気持ちが素直に伝わってきます。1週間の初個展を盛会のうちに終えられました。今後は、来廊者からのご意見なども参考に、また新たに創作されることと思います。次の新作を楽しみにしております。(ギャラリー揺 三橋登美栄)


10/17 19:51 | 展覧会
長等山 逢坂山 2019.9.25
長等山 逢坂山 2019.9.25
第489回「自然と語る会」(参加者17名)
……………………………………………………………………………………..
京阪膳所駅8:52発→三井寺駅 8:59着→三尾神社→三井寺境内→坊越峠10:05→長等山10:35(254m)→途中の木陰で昼食11:25~12:00→小関峠地蔵12:25→逢坂山13:00前(324.7m)→長等の里→三井寺駅15:44発→膳所駅16:04着→帰宅
……………………………………………………………………………………..
三井寺は正式には「長等山園城寺」といい、天台寺門宗の総本山です。境内に天智・天武・持統の三天皇の御産湯に用いられたとされる霊泉(井戸)があることから、「御井(みい)の寺」と称され、後に「三井寺」と通称されるようになりました。平安時代、第5代天台座主・智証大師円珍和尚によって天台別院として中興。国宝の金堂を始め、西国第14番札所の観音堂、釈迦堂、唐院などの多くの堂舎が立ち並び、国宝・重要文化財は100余点を数えます。

802C5434-A9CD-4CD0-B6B5-740B626836E3.jpg
京阪三井寺駅から三尾神社経由で三井寺境内に入り、慶長5年(1600年)に建てられた国宝建造物「園城寺勧学院客殿」の前を通ります。

C1AA1E4D-8274-40DA-AC14-3059481E167D.jpg
木漏れ日が揺れる中、坊越峠に向かって山道を登ります。

B951CABD-FF40-49B5-9698-36E69DC91557-photo-full.jpg
近年整備された古道「如意越」の坊越峠

5702D71D-0C3E-4958-8617-8AFF89BFEF3D-photo-full.jpg
長等山からの展望

F93BDF5D-FB21-4D36-90F9-22E82B036642.jpg 20190801_093700.jpg
カリガネソウの葉 右側は谷口さんがご自宅で育てられたカリガネソウの花です。

EF0310FE-3F27-4BD7-8BC8-0EA0E278883D.jpg
ツユクサ

3DF39D31-9F92-4E0A-85CA-287C8662EFBF.jpg 98351E64-9A41-49C8-910F-DF10CDDB0A77.jpg
イタドリの雌花(左側)と雌花
 
F4989AAE-3F8E-4EF3-96FA-6A2076A56E73.jpg 7DF721F7-910F-4840-B225-D49D2E675C41.jpg
柴栗の青いイガとススキ。 はじけてピカピカの栗が顔を出していました。
今年の栗名月(豆名月、十三夜とも言います)は10月11日です。

E21385C6-0138-496F-B60D-096F57B89F99.jpg
真下から見上げた送電線鉄塔
台風15号(9月8日)の突風で千葉県君津市の鉄塔が倒れて停電や付近の道路の通行止めなど大きな被害が出ました。台風17号(22日)の竜巻で宮崎県延岡市でも鉄塔が倒れました。地球温暖化による被害の拡大に意識を向けなければなりません。
≪米ニューヨークの国連本部で9月23日に開かれた季候変動サミットでスエーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん(16)が各国政府の気候変動に対するこれまでの取り組みを強い口調で咎め、対策を加速させるように促しました。(ロイター)2019.9.24公開≫

4F06A555-2858-41FB-AA74-6ADC3D53D358.jpg
アオツヅラフジ

89FC7FD2-EC23-4BF4-9D70-C7B94FB60EE6.jpg
逢坂山からの眺望

ED1F2F5E-F295-4CE7-8CC4-B2AD7FAEF539.jpg
コバノギボウシ

6E620281-A625-4BAE-83BE-0E27E4E20BA5.jpg AE35E4FC-1A3C-41B0-A64B-4029BBD29E2A.jpg
キツネノマゴ

BA3537C5-A4CB-455C-9E9C-3E4DE89F46BF.jpg C3BB4335-14A5-4EC9-9CBB-31B46D71A291.jpg
アレチノヌスビトハギ  コシダ

5DAD1ABB-E8D8-41C9-9834-EFC8FDC4F8C2.jpg
ツリフネソウ

92598E59-F110-41B3-94F2-F9CB7FF54ED4.jpg
ゲンノショウコ

7E88001F-7876-428E-9F43-48073E4B90B0.jpg C44D9248-B040-4BF6-897A-16271064E3E4.jpg
ヤブミョウガ

0DDD60AB-3014-4AB1-A0B0-5F06E9895D6D.jpg
お地蔵さんへのお供花のように咲く彼岸花

0855B6B7-07B5-45E1-BBB7-B9E794D54F40.jpg
クロバナヒキオコシ

D55C67D4-102E-4A55-8C21-9292E0277DB7-photo-full.jpg
ツルニンジン

35BE8F44-EE4A-4E00-9F77-96E39C3C1B0A.jpg
クサギ

爽やかな山道を散策して自然の植物に出会うことは私のビタミン剤です。

自然と語る会の方々に長等山・逢坂山をご案内して頂きました。下見からご説明までお世話になりありがとうございました。


09/27 18:39 | 山歩き
びわ湖バレイ 2019.9.9
びわ湖バレイ 2019.9.9
第488回「自然と語る会」(参加者14名)
……………………………………………………………………………………..
JR膳所駅8:11発→山科駅 8:18着(湖西線に乗換え 8:27発)→堅田駅8:41着 (乗換え 8:45発)→志賀駅8:56着(江若バスに乗換え9:05発)→びわ湖バレイ9:15着 ロープウエイ山ろく駅9:40頃発→山頂駅→びわ湖テラスCAFÉ 360→蓬莱山→ホーライリフト横の芝生斜面で昼食→びわ湖テラスTHE MAIN→山頂駅13:50頃発→山ろく駅 (江若バスに乗換え)14:12発→志賀駅14:40発→山科駅15:14着(琵琶湖線に乗換え15:17発)→膳所駅→帰宅
……………………………………………………………………………………..

C697FC88-BCBF-4A7E-B939-5D374EAD4B34.jpg
びわ湖バレイのロープウェイは日本一の速さで標高1,100mの山頂駅まであっという間。
眼下には琵琶湖の雄大な景色が広がり、行く手には打見山(標高1,108m)の展望台が迫って来ます。≪全長1,783m 高低差782,23m 秒速12m 乗車定員121名 所要時間約5分≫

A7202B90-7B66-49FE-A01C-BE7617504DD2.jpg40E68810-47CF-4AF1-95F9-D03E64D29DD8.jpg
ロープウェイから一緒だった幼稚園児は賑やかに「遊びの広場」で楽しんだ後、蓬莱山を目指してわ~ッ、わ~ッと軽やかに登って行きます。

1A319081-1816-4BAC-9BF1-B9289A4A2AEF.jpg
「幼稚園児を見ているだけで元気になるね~」と言いながら、私たちは芝生斜面に設置している椅子で一休み。

4485C6C5-59A2-4AB7-B0EC-E8F3F3E2816A.jpg
蓬莱山頂エリアに広がるびわ湖テラスCafe360からの眺望。琵琶湖を上から眺めているようで、対岸の沖島や山並みが幾重にも重なる絶景に見とれて暑さも忘れます。

44D6CDF1-4F11-453F-9174-FBA37D4387C9-photo-full.jpg
元気な皆さんの集合写真

F32ABF4B-B450-4590-810E-745708F614C2.jpg
蓬莱山頂(標高1,174m)からの眺望 空までも歩いて行けそうな小道が伸びています。

38517FF3-E5EE-40FA-A357-C2421FB07533.jpg
びわ湖テラスのThe Main がGrand TerraceとNorth Terraceで、ロープウェイ山頂駅近くに広がる商業施設です。北湖を一望できるNorth Terrace には爽やかな水盤と伸びやかなウッドデッキが広がっています。雄大な琵琶湖を眼下に見ながらゆっくりと散策できるので、平日にもかかわらず賑わっていました。

CF3CD6C6-6B82-4A01-908E-4CD4F741ED6E.jpg
「雄大な琵琶湖」を眺めるのは久しぶりです。

F23418F2-624D-45B4-B74F-3C15E9C20581.jpgE7C9E41F-B92E-4800-BCEE-14E977B8DC40.jpg
キアゲハ

137EDFC6-4E79-4B3B-8AC9-84A7BDC3FA06.jpgBAC77888-804D-45AD-B450-0962BC83C5DA.jpg
カラスアゲハ

42D43878-455B-4965-BE02-1E4A920BF17A.jpg 83976B04-F3E1-4122-B633-FBD7169093CD.jpg
ツマグロヒョウモンとアサギマダラ

F811D7BB-1D02-4655-B099-6487188DFDB1.jpg
キミキフガラモーサ(キンポウゲ科)

6420FE34-CE46-474E-AD4D-2CDD50E4C4F8.jpg 463E23DA-FE41-4758-900F-66CAA10FB69D.jpg
ミソハギ(ミソハギ科)と皇帝ダリア ガッシアリア(キク科)

BFCA015A-ED7A-4B46-8CF4-DAE36230FA62.jpg
帰りのロープウエイは左側の窓から「大きな琵琶湖」が良く見えました。青い空に浮かぶ様々な雲を眺めながらも雨に降られることもなく、足裏の豆も体調も順調で無事に帰路につきました。お世話になりありがとうございました。


09/11 19:07 | 山歩き
フィンランド旅行 2019.7.27~8.9
フィンランド旅行  2019.7.27~8.9 の出発前10日間

7月17日
2015年に夫とイタリア・ベネチアビエンナーレを観に行って以来、海外旅行は4年ぶりです。「フィンランドの森を散策」と昨年の春ごろから考えていました。フィンランド人は自然の中での過ごし方が上手と聞きました。自然の森での新しい出会いを楽しみにしています。

4年余りフィンランド・ヘルシンキで過ごされた陶芸家・大野藍さんにご紹介頂いた山田吉雅さん(フィンランド・ビルナス在住)から「今、ヘルシンキ中央駅からカルヤー駅の電車のチケットをネット購入すると早予約割引できます」とメールが来ました。出発10日前にもなるとフィンランド旅行の準備に忙しくなり、心はフィンランドに飛んでいます。

7月18日(水)
以前に、トーベ・ヤンソンのムーミン童話シリーズを読みましたが、今はほとんど覚えていません。もう一度読みたくなり「ムーミン谷の夏祭り」を本屋で購入。

7月19日(木)
インターネットで、フィンランドの電車のチケットを予約購入。(ヘルシンキ中央駅からカルヤー駅の往復2人分で通常運賃48€のところ、予約割引運賃は20€)

7月20日(金)
「ムーミン谷の夏祭り」を読み切り。「この世は舞台、ひとはみな役者」「みんながこの世の主役」とトーベ・ヤンソンは書いています。そうです≪私の人生、私が主役≫  

7月21日(土)
堤加奈恵さん(関西・日本フィンランド協会の派遣留学生制度により2018年8月から9か月間フィンランドに留学)が、京都芸術センターでオープンスタジオ報告会を開催。フィンランドのお話を伺いました。

7月22日(日)
留守中のメダカ2匹の餌やりをどうしようかと悩んでいたら、突然姿を消しました。金魚鉢の底砂と小岩をひっくり返して遺体を捜しても跡形もありません。3日位前まで餌をねだって泳いでいたのに消えました。私が1週間先から留守にすることを察してか、お葬式も自分で済ませたような潔さで逝ってしまいました。

7月23日(月)
夫が持っていたシベリウスのCD「交響曲第2番ニ長調作品43、ヴァイオリン協奏曲ニ短調作品47」を一人で聴くと涙が溢れて止まりません。シベリウスが影響を受けたと言われるコリ国立公園へ行きたくなりネット検索。サヴォンリンナ(宿泊予定地)からコリ国立公園へは遠くて日帰りはキツイと分かり断念。でも諦め切れず、コリ国立公園の近くに1泊すれば可能かと計画を練り直します。

7月24日(水)
留守中の心配事2つ目は、鉢植え植物の水撒きです。マンション暮らしの私が、ベランダ菜園の不満をこぼしたところ、桐生のターシャ・デューダーこと木建槙江さん(植物に詳しいので私が名付けました)が、いとうせいこう著の「ボタニカル・ライフ」を紹介してくれました。これがなかなか面白い! 乱暴な文章の中に生き物への好奇心と愛情が溢れています。ちなみに留守中は、マンションの管理人さんが水撒きをしてくださることになりました。

7月25日(木)
宅急便で「イモトのWiFi」(フィンランド2週間で\21,970-)が到着。操作はモバイルデータ通信をOFFにして、その後幾つもOFF、OFF、OFF です。

7月26日(金)
この冬休みに帰省していた娘(朋子)にフィンランド旅行を誘ったところ、娘家族の理解と協力を得られて、娘と一緒に行けることになりました。20年以上前のオランダ旅行以来です。そして本日(出発前日)、朋子はリュックを背負って横浜から大津にやって来ました。体力が落ちている私のことを思って、私のスーツケースも運ぶことができるように両手を空けて来ました。嬉しいことです。

やはり出発前夜は緊張して落ち着かず、夜中に何度も目が覚めました。

…………………………………………………………………………………………..

フィンランド旅行  2019.7.27~8.9  T.T.T. ≪T&T&Trip≫ いよいよ出発!

7月27日(土)1日目
起床4:00 小雨が上がった時に自宅を出発5:30→JR膳所駅5:45発→大津駅5:47着 6:10発→(はるか3号)→関西空港駅7:47着。フィンランド航空のカウンターでチェックインを済ませた直後、朋子のeチケットの名前がWatanabe Tomoko ではなく、Mitsuhashi Tomoko に間違っていることに気付き、慌てて日本旅行サービスの担当者に電話。関空内の日本旅行カウンターで事情を説明して交渉を待ちました。最終的にはFINNAIRで変更手続きを完了して無事に搭乗できましたが、一時はどうなることかと冷や汗ものでした。

15C07CEA-7D0A-4DC3-8499-BA317897F3C5.jpg
FINNAIR 雨の中の離陸です。
 
関空10:45発→ヘルシンキ14:40着(ヘルシンキはマイナス6時間 飛行時間は9時間15分)離陸後はすぐに熟睡、機内食後にディズニーのキッズ映画「ZooTopia」を観賞。
ヘルシンキ・ヴァンター国際空港到着後、鉄道リング・レールラインで15:34発→ヘルシンキ中央駅(約30分 4.6€×2人)。電車内では、2組の日本人カップルに出会いました。それぞれにエストニア、美術館巡りやお買い物に行かれるそうです。

B44211C9-0987-4E21-9922-0AC9FA3CE61F-photo-full.jpg ヘルシンキ中央駅
ヘルシンキの街に到着してスーツケースをゴロゴロ引っ張りながら本と地図を広げてキョロキョロしていると、突然ニコニコした男性が近寄って来て話しかけてくるので、何も応えずに男性から去りました。駅から徒歩20分位歩いて、6連泊するHostel Domus Academica(BOTH)の玄関前に到着。すると、またニコニコ顔の男性2人に声を掛けられてビックリ! 急いでBOTHに入りました。フロントでチェックインと朝食の予約(8.5€×2人×6泊)を済ませて完了。
BOTHはアアルト大学の学生寮を長期夏季休暇の間、旅行者に開放している施設です。シンプルな造りですが清潔で、各室内にはキッチンもあり調理も可能。私たちの滞在中も多くの宿泊客で賑わっている人気の施設です。

部屋に荷物を置き身軽になって市内観光。ヘルシンキの初日はトーロ湾の散策です。

トーロ湾は市の中央まで入り込んだ湾で、西側沿いには南北の遊歩道が、北はオリンピックスタジアム、南は中央駅まで伸びており、風光明媚な場所です。

628F7263-490D-447E-9308-8E2FD9A14988.jpg アザミの綿毛

955B290F-3CCD-42BA-A8D6-91D2538628CC.jpg カオシロガン 
白い顔と黒い頭頂部、黒い首が特徴の中型のガチョウです。体長55~70cm、体重1~2kg程度です。カオシロガンの夏季繁殖地のほとんどは北極圏内の島々ですが、夏季にバルト海周辺で繁殖し、オランダで冬を過ごす8000羽のグループがいるそうです。その仲間でしょうか。

近くのスーパーマーケットで今夜の食材を選んでいる時に、3度目のニコニコオジサン登場。フィンランド人は親切と聞いています。驚いてニコニコオジサンたちから逃げましたが、本当は親切な方々でしたら失礼しました。

長い一日が終わり、やっと寝入った12時ごろに「コン、コン!!」と私たちの部屋のドアーをノックする音で「ビクッ!」と目を覚ましました。もちろんドアーは開けません。
本日ウォーキング距離7km 就寝11:30(ジェットラグと自分の寝言で何度も目覚めました)

7月28日(日)2日目
起床5:00 朋子は朝の散歩(7:00~8:00)私は喉痛で休憩。テレビ音が無い空間は静かで気持ち良いです。朝食(8:00~9:00)は地下1Fのレストラン。食堂には誰もスタッフらしき人は見当たらず、広くて静かです。これもフィンランドらしくて良いです。朝食のメニューは豪華ではありませんが、十分な内容で満足です。

5E60FBA9-1B6C-449A-BAD0-C036D13B640D.jpg

今日は、堤加奈恵さんにご紹介頂いたヘルシンキ在住の橋本明朱花さんとBOTH のロビーで11:00に待ち合わせ。フィンランド人のご主人・カールさんとご一緒に来てくださいました。お似合いの素敵なカップルです。先ずは近くのヒエタニエミ墓地(Hietaniemen hautausmaa)を案内してくださいました。

0A89EC56-C661-42D6-B982-BDAC52622751.jpg
ヘルシンキ西岸の広い区域に及ぶヒエタニエミ墓地には、政治家から芸術家まで、フィンランドの著名人たちのお墓が集まっています。トーベ・ヤンソンのお墓もあります。カールさんのお爺さんもこの墓地に眠っておられるそうです。樹々の緑に赤い花々が良く似合う墓地公園をゆっくり散策しました。

8BCC9E48-F7CE-4852-843D-1FEDBC59C7E6.jpg
散策途中、運よく開いていたユニークなパン屋さんに立ち寄りました。お店の奥は工房か展示場なのか、店主はアーティストだそうです。切り分けるのが大変なくらい硬いドイツパン?を購入。噛みしめて頂いたお味は上々。

E11E31DC-61B0-454C-818D-F058ECB063A2.jpg
淡いクリーム色の静かな建物は元精神病院だったそうです。

7267B436-8281-42C9-A5E5-EFD7634C6331.jpg
湖の周りを散策。この日はフィンランドにしては珍しく気温が高くて汗ばむくらいでした。
「ランチは?」とカールさんに尋ねられて「フィンランドの伝統的な料理」を希望したところ、1932年設立の高級感溢れるレストラン・エリテEliteに連れてってくださいました。芸術家が良く足を運んだ由緒ある老舗だそうです。古い絵がたくさん飾ってあり落ち着いた雰囲気です。まず食前のパンが美味しくてパクパク食べました。メイン料理に朋子はサーモンスープ、私はトナカイ肉のポテトマッシュ添えを注文。しっかり煮込まれたソースのお味はさすがに老舗の伝統料理。サーモンスープは濃厚でまろやかで格別美味しかったです。
 
4CF685FD-DCD4-401B-B718-37EFF3B94DDD.jpg 0654AEEA-EFFF-467A-96B9-39E288D333FF.jpg

食後は飲み物を注文して(私はルイボスティー)、外のテラス席に移動。いよいよカールさんの写真作品を拝見します。作品のテーマは宮本武蔵でした。詳しく知らないことを恥ずかしく思いながらも興味深く拝見。日本人には持ち合わせないストレートな感性が光る、とても丁寧な作品です。また時間をかけてゆっくり拝見したいです。

EFE088D3-5E69-4CBB-A20A-A0BD5B4B33D2.jpg
カールさんが作品を説明される英語と、明朱花さんが明快に訳される日本語。お二人の会話に聞き入っていました。長い海外生活の経験をお持ちの明朱花さんにお会いして、また世界が一つ広がった思いです。来年夏頃に日本に帰ってこられると伺いました。京都でお会いできるのを楽しみにお待ちしています。

まだ外は明るいので夜のカーテンを引いて寝ます。本日ウォーキング距離10.2km 就寝10:30(熟睡)

7月29日(月)3日目
4:30起床。朝食前の散歩はヒエタニエミ墓地(5:30~6:40) 墓地内の貸農園では、淡い花々が涼しげに揺れています。

4E36B3DC-6217-4428-BC65-B1C34ED4B257.jpg
貸農園 

BOTHに戻って朝食(7:00~7:50)  今日はヘルシンキ・デイチケット(8€×2人)を購入して市電に乗り、市内観光とお買い物の日です。

A6A8BA97-941F-41F1-B17A-EF93D3381A8C.jpg
カンピ礼拝堂(Kampin kappeli)
「静寂」との出会いの場としてつくられたカンピ、静寂の礼拝堂です。モミの木を幾重にも重ねた箱舟のような丸いフォルムのチャペルです。2012年の「ワールド・デザイン・キャピタル ヘルシンキ(WDC)」を記念して建てられた木造モダン建築のカンピ礼拝堂は、公式儀式や教会区の行事はなく、ヘルシンキを訪れる誰もが、祈りをささげることができます。木漏れ日のような光を感じ、木の匂いを感じ、いくつもの音のない音が聞こえてくるようです。

メイドバイ・ヘルシンキMADEBY HELSINKは、エスプラナーディ公園近くにあり、10人のデザイナーによる作品を中心に、国内でハンドメイドされたぬくもりのある製品がそろっているショップです。朋子はヘルシンキのシティネイチャーをモチーフにしたレギンスを購入(24€)、私はワンピースを購入(95€)しました。 

0CE7CAD6-BD3E-4ACD-A621-DD8AF4853C5B.jpg840EED01-4EB8-465B-9640-777D7B8A0E3F.jpg

老舗ベーカリー&カフェのエロマンガEROMANGAには、焼きたての美味しそうなパンが沢山並んでいます。大粒の砂糖、シナモンとカルダモンの甘い香りがするシナモンロールを注文(シナモンロール2個と飲み物 10.10€)クラシカルな店内でイートイン。

今年の春、京都・細見美術館で「マリメッコの花から陶の実へ 石本藤雄展―琳派との対話―」展を拝見。石本藤雄氏はマリメッコで活躍ののち、アラビアで作陶を続けておられます。彼の陶作品「蜜柑」を買ってきてほしいと貞廣純子さん(フィンランドに14回旅行)に頼まれて、イッタラ(エスプラナーディ店)Iittala Store Esplanadiで7色の中から慎重に濃い緑色を選んで購入しました。

6820F2F3-D4CF-4D0C-8A61-CAB99463E603.jpg 石本藤雄作品「蜜柑」

本「MOOMINSUMMER MADNESS TOVE JANSSON」を購入(15€) 
原書で読んでみたくなり衝動買いしましたが完読できるかな?

7C233986-96A0-417E-8FB5-EBA1A123C775.jpg
ヘルシンキ大聖堂
白亜の外壁と緑色のドームのコントラストが美しい大聖堂。ドイツ人建築家のカール・ルートヴィッヒ・エンゲルが設計し、1852年に竣工しました。当初はニコライ教会とよばれていましたが、1959年に大聖堂が正式名称に。現在も福音ルター派の総本山として機能しています。

フィンランド国立図書館は、フィンランド最大で最古の学術図書館で、300万冊の蔵書があります。図書館の建物はカール・ルドヴィク・エンゲルが設計し、1840年に完成したものです。2016年の春に再オープンしました。入り口で、ロッカーに上衣と荷物を預けるよう指示されます。身軽になって中に入ると、そこは本と静寂の空間です。中央は丸屋根になっていて美しい装飾が施されています。天井の四隅には、鶏・白鳥・鷹・梟の絵。丸屋根の部屋の左右にも色の違う柱が並ぶ部屋があり、そこにもそれぞれ天井画が描かれています。ページをめくる音さえ聞こえそうなほど静かな空間でした。

9662D8C0-6024-4DC7-86E1-346625B805C2.jpg
フィンランド国立図書館
 
E2C5C683-79B4-4C97-95A7-964A785456D2.jpg
本棚は螺旋階段を中心に放射状に並びます。

16E3D8C1-7CD6-42DC-A1BA-81979B8E1764.jpg
テンペリアウキオ教会(2人で6€)
教会は大岩をくりぬいた中に造られていますが、上部側面にガラスがはめ込まれており、自然光が入り込むようになっていて明るいです。教会内壁はくりぬいた岩盤がそのまま使われていて音響効果が優れており、しばしばコンサートホールとしても利用されます。今日もコンサート中でした。内壁は当初むき出しで残す予定はなかったのですが、音響学者マウリ・パリョと指揮者パーヴォ・ベルグルンドの助言により、このままの状態で使われることとなりました[3]。岩には氷河時代に削られてできた模様を見ることができます。

C94C9211-EAD4-42B2-BFE2-EA731EA79638.jpg
ラヴィントラ・クークーRavintola Kuukuu(2人で58€)
ヘルシンキ中心街西部にあるビストロ。旬の味覚を存分に生かした料理が味わえます。美味しいと評判のお店なので店内は満席でした。(もう一度訪れてヘルシンキメニュー(前菜、メイン、デザート)を食べたいな、と思っている間に帰国しました)
     
2E6E5775-4492-49B8-9B2B-23ADCA5370CF.jpg 5BD8D9E8-0E43-41A1-A261-CB9D31164FBD.jpg 83CD03E5-D2A0-402C-89B2-266985056BB0.jpg 1FE65398-AA40-403F-BCF8-D91BE66366FF.jpg
左から①ベリークリームソース、カリフラワー、エンドウマメ、②サワーソース、ミートボール、ディル、ナッツ、マッシュルーム、③キノコ、ポテト餅、スイートバジル、④アイスクリーム、フレーク
本日ウォーキング距離12.5km 就寝0:30

7月30日(火)4日目
起床5:20 朝食7:00~7:50  今日は建築家兼木工家の山田吉雅さんにお会いする日です。
Helshinki駅 9:37発(遅れて10:00発)(電車 Turkuトゥルク行き Karjaaカルヤー駅10:31(遅れて10:53着)下車。ホームまでお迎えに来てくださって無事に山田吉雅さんにお会いできました。
フィスカルスは、古くは鉄工業で栄えた村で、オレンジ色のハサミで知られたフィスカル社が1649年に創業し、村の発展を支えてきました。しかし工場が国外に移転。その後、美しい風景と古き良き建物に見せられた人達が移り住み、今ではアーティスト・ヴィレッジとして愛されるようになりました。600人の村民のうち200人がアーティストや職人だそうです。
先ず山田さんの工房を訪問。大野藍のお土産(陶の硯と水滴、筆と墨)を渡し、山田さんのお土産(木製の靴ベラ)をお預かりしました。工房をシェアーされているJanne Aronenさんと奥さんにお会いし、室内に展示している作品を拝見。

F4633655-D199-45F8-B2CD-6D5280ACB01A.jpg Restaurant Kuparipaja
19世紀に建てられた、もとは鍛冶屋だった建物の2階がレストラン、1階がアートギャラリーとバーが入っています。バイキングのランチメニューを一緒に頂きました。

木工家具メーカーNIKARI(ニカリ) のショールームと工房を拝見。
1967年にSeinajoki(セイナヨキ)で創業し、1993年にフィスカルスに移転。森に囲まれた古いレンガ造りの工場で、製品の約10%は周辺の森から切って製材所で加工した近隣の材(白樺と楓)を使っているそうです。伝統的でありながら挑戦的でもあり、素材の風合いを生かしたシンプルな色合いで、驚くほど洗練されていています。日本の家具デザイナーにも大きな影響を与えている北欧デザインです。
E36BF0BA-BC7A-42DA-A211-1CBC9CEA4373.jpg
A02F51ED-AE65-49A4-AC19-DF55EC628CB4.jpg
ニカリの工房

次に、発電所がある工房を借りておられる木工作家Antrei Hartikainenさんの作品を拝見。木の彫刻FIORIの繊細さに魅了されました。フィンランドを中心に作品を発表されています。

563045CC-AA8D-41EC-8056-68409D8FD511.jpg
次は陶芸作家Karin Widnas(カリン・ヴィドナス)さんの作品とご自身のギャラリーを拝見。
大きな窓から入る自然光の緑が美しいギャラリーです。カリンさんは数年前に京都のギャラリーマロニエでグル-プ展に参加出品されたと伺いました。日本的な感性もお持ちのカリンさんの作品、「片口」を分けて頂きました。

C7C1F995-6F9B-490D-BA51-9533F7A2D590.jpg
写真右から、カリンさん、山田さん、朋子

ガラスショップSIRIUSに立ち寄った後、カレリアパイ、シナモンロールと飲み物でティータイムしました。(カレリアパイとはお米のミルク粥をライ麦粉で作った生地で包んでオーブンで焼いた、カレリア地方の料理です。ゆで卵とバターを混ぜたムナヴォイやサーモンなどをのせて頂きます)今回初めて頂き、珍しい味に躊躇しましたが、何度か食べるうちに好きになりました。今日一日、山田さんに沢山ご案内頂いた上に車で駅まで送って頂きました。また京都で大野藍さんを交えて再会することを約束してお別れしました。ありがとうございました。往路と同じくKarjaaカルヤー駅18:28発→Helshinki駅 19:26着でBOTHに戻りました。
本日ウォーキング距離6.6km 就寝0:00 


7月31日(水)5日目
起床6:00 気温13°涼しいというより寒いくらいで、ヘルシンキで購入した厚手のワンピースが役立っています。朝食(7:10~8:00)今日は美術館を巡ります。

BDDABF84-2FDA-41CA-B3EB-ADA5E1B4B9C4-photo-full.jpg アテネウム美術館(10:00~11:30 15€+17€) 
2万点以上のコレクションを有するフィンランド最大の美術館。18世紀半ばから1950年代の絵画や彫刻、グラフィックやドローイングを中心に国内外の作品を所蔵、展示しています。

BC804576-A42E-4AF0-B8DC-B26909497928-photo-full.jpg
トーベ・ヤンソンTove Jamsson初期の作品

36E5E008-F7D5-401B-8288-F42E910B76A7-photo-full.jpg
ヒューゴ・シンベリHugo Simberg
「傷ついた天使」は目隠しをした天使が2人の少年の持つ担架に乗って運ばれて行きます。天使の右手には再生のシンボル・スノードロップ、背景はトーロ湾です。

0EC8C51C-0CB0-42D3-B135-76E617780673-photo-full.jpg
アクセリ・ガッレン=カッレラAkseli Gallen Kallela
「レミンカイネンの母」息子レミンカイネンが川で死んだとき、息子のバラバラになった体をつなぎ合わせて蘇らせたという物語があります。

キアズマ現代美術館(13€+15€) 
ひときわ目を引くユニークな建物で知られるキアズマ現代美術館は、建築自体がアート作品です。

アモス・アンダーソン美術館(12€+15€)
20世紀前半に出版業で財を成したフィンランド人実業家アモス・アンダーソン氏の個人コレクションを所蔵する美術館です。

19CDF745-29CA-4EA2-8223-1D7614B8A492.jpg

ヘルシンキ市立美術館(Helsinki Art Museum HAM)(10€+12€)
ムーミンの作家トーベ・ヤンソンの作品が常設展示。日本語の解説もあります。

34FC8C5F-0591-4FDF-BDA8-88425AC8AB0F-photo-full.jpg
トーベ・ヤンソンTove Jamsson

88F52A1B-11A5-4C24-8A1E-7F40FC82314F.jpg
トーベ・ヤンソンTove Jamsson
トーベが小児科病院の階段に描いた作品「遊び」

2619A306-AEE8-4073-9044-A4C342601BE0.jpg VR Information
明日の目的地、ヌークシオ国立公園のアクセスを聞き、1日乗車券ABCを購入(12€×2人) 
本日ウォーキング距離14.5km 就寝9:30

8月1日(木)6日目
起床5:00 朝食7:00~7:20
ヘルシンキ中央駅8:12発→エスポEspoo8:37着 8:56発→Haukkalammentie 9:19着→バス停から徒歩30分で登山口です。同じバスで到着した日本人女性2人連れとも一緒に歩きました。

4F2CF533-57D3-4570-8D22-D0D9354D580D.jpg
ヌークシオ国立公園のハイキングコースは3つあり、距離が短い順に、プナリンタ・ハイキングコース(2.4km/約1.5時間/赤色)、ハウカランピ・ハイキングコース(3.7km/約2.5時間/青色)、コルッピハイキングコース(7.2kmキロ/約4時間/黄色)があります。2人連れの女性と別れて、私たちは3.7km青色コースを歩き始めました。どのコースも標識が頻繁にあり迷う心配はありません。

B6B376EC-91B7-49F5-9D97-3C44A6CC4B48.jpg

0F03DE7D-9872-4290-B2E1-5FB0B4CBAF4B.jpg

F2B34CE6-4A84-4A54-88CA-6C735BC856F3.jpg
苔生す岩はふわっ、ふわ

F9A81CAF-6AFA-4796-97B6-AF0BCEF13EFA (3)
来ましたね

AF5B8CF3-5ACF-49EA-B529-237380B7FF40.jpg

53775827-A1A0-4AD7-AAF4-ECA683A9E604.jpg

6C330DE1-8608-4AE1-A5D8-E3DC2D7B4556.jpg

「またヌークシオに来られますように」と振り返りました。
空を見上げる白樺の木立に手を振って、日差しが明るく差し込む森とお別れです。

往路と同じくHaukkalammentie 14:44発→Espoo15:23着→ヘルシンキ15:48着
本日ウォーキング距離14.3km 就寝9:30(熟睡)

8月2日(金)7日目
起床5:30 朝食7:00~7:50 今日はBOTHをチェックアウトしてサボンリンナへ移動します。

E9CEF190-E8B8-421C-80B7-7FD8875485B1.jpg
ヘルシンキ中央駅構内には、フィンランドの画家エーロ・ヤルネフエルトがコリ国立公園を描いたフレスコの風景画があります。

ヘルシンキ10:19発→パリッカラ13:31着 13:34発→サボンリンナ14:30着
3FEAE4EA-5F37-4FC8-BBB2-063906B20DEA.jpg
パリッカラ駅ホームの線路沿いに咲く黄色い花々

689E2B1C-2CB0-418E-B7BE-F02B229BEDAA.jpg
今日から5連泊のApartment Paistokatuが見当たらずにウロウロしていると、親切な女性が私たちに声を掛けて助けてくださいました。入口はこの建物の裏側でした。

その後、事務所に出向き、コリ国立公園行きの電車、乗り合いタクシーの予約(往復2人分 260€)と、KOLI BREAK BY SOKOS HOTELSに電話連絡をお願いしました。私の携帯電話からBooking.comを通してホテル宿泊予約完了。(空室残り1室) これでやっと念願のコリに行けることになりました。
本日ウォーキング距離7.2km 就寝10:00(寝苦しい)

8月3日(土)8日目
起床5:00 朝食6:00~6:30 オラヴィ城まで散歩7:00~8:00
散歩から帰ると、部屋の入口に朝食が届いていていたので「朝食をプレゼントとは嬉しい!」と思ったのですが、このホテル予約時点で朝食付き宿泊料を支払い済みでした。(重なった朝食は電車の中のランチに早変わり)

出発9:00 サボンリンナ9:23発→パリッカラ10:16着 10:23発→ヨエンス11:40着 12:00発→(乗り合いタクシー)→コリ国立公園のホテル前

3F15DD0F-A584-4E69-B947-B91973A7B67D.jpg
車窓の風景:線路脇に積み上げられた木材
フィンランドの木の種類は多くなくマツ、トウヒ、シラカバがほとんどです。マツやトウヒは住居の丸太材、食器や家具、船などの木工の材料として使われます。シラカバの樹皮は屋根や籠の材料、あるいは毛糸の染料材料として使われます。

コリ国立公園を訪れるのに最高のロケーションKOLI BREAK BY SOKOS HOTELSにチェックイン(2人部屋1泊 230€)ホテルのすぐ横にはハイキングコースの入口が有り、とても便利です。

D7509411-63BA-45B8-A2F7-828F0DD07B2D.jpg25762741-3DBA-441B-8490-8ED6E47FD14C.jpg
KOLI BREAK BY SOKOS HOTELSと部屋

DD49412A-CC2E-454F-90A2-0F425C1D3363.jpg

978FB99A-C248-4C24-83D6-C0BBA78738DB.jpg ウッコ展望台
ウッコ・コリ (Ukko-koli) からの眺めです。海抜374mで、南フィンランドで最も標高が高い地点です。ウッコは「年老いた男性(おじいさん)」という意味もあるのですが、フィンランド神話では天空・天気・農作物とその他の自然の事象を司る神のことだそうです。

978CCAD6-E49E-48D7-B7E9-E2F6D3F7B438.jpg
アッカ展望台の足元には、木で作られた大きな十字架とベンチがあります。聖壇が設置されていて、ここで挙式をおこなうカップルもいるそうです。

ホテルに戻り、サウナでリラックス17:00~18:00 
運よく2人だけの貸し切りでした。伸び伸びと寝転がっていると汗がジワッ~と滲み出ます。後から二人入場。サウナ室に置かれた石を電気式のストーブで熱し、十分に石が焼けたら、柄杓で石に打ち水すると高温の蒸気がのぼり、その蒸気をサウナ室全体に充満させて全身に蒸気を浴びせます。体が熱くなったらサウナ室から出て、シャワーを浴びて体温を下げてまたサウナ室に戻ります。合計4回出入りしてサウナを十分堪能しました。サウナの後はホテルのレストランでビール。ベーグル、サンドイッチも一緒に。
本日ウォーキング距離8.8km 就寝9:20

8月4日(日)9日目
起床2:45 散歩3:30~5:30
日の出を見ようと夜明け前にホテルを出ました。まだ辺りは真っ暗です。誰にも出会わず、自然を独り占めの最高の時間です。
0940BDBB-954D-4FCC-9C6D-655ABF175298.jpg

2D8883C8-3D82-40D1-8C8B-31416B3D63B8.jpg
ウッコ展望台の夜明け

6407ECD7-6CEE-4B17-A765-BB0626F4C72B.jpg
徐々に明るくなります。

612930DA-0FE5-4372-B6B3-4777755C4936.jpg
樹海の彼方はロシア。

4913BBBB-EE66-446B-97B7-91F3AF8EDA2E.jpg8B69353A-3C9A-4ED6-94A1-80D37AFD5E7F.jpg
ブルーベリーを摘む朋子

朝食(7:00~8:00)ピエリネン湖が見渡せるレストランで満足の朝食をゆっくり頂きました。

C76CB6A5-0440-4CFF-8741-C1B24C1A8620.jpg
ホテル前からこの地図の3.7kmのコースに挑戦。
 
A281A1E5-856C-475B-BAC5-B35C9557C2C6.jpg
ここも私たちだけかと思っていたら男性1人とトレイルランナー2人連れを見かけました。その次にかなり早いスピードの女性のトレイルランナーとすれ違いました。

B5ADFA50-190C-4656-9DC3-2D10CBF826F1.jpg
途中から道が細くなりました。まだ新しい葉付きの木の枝がポト、ポトと落ちているのが気になり「クマに出会ったらどうしよう?」と考えながら下っていくうちにピエリネン湖に出ました。ホテルに戻る予定でしたが、複雑な分岐点が多くて別のコースの道を選んだようです。国立公園内は沢山の道が整備されているのでどこかに辿り着きます。
フィンランドの森には、1500頭以上のクマが生息しているようですが、クマは、人を避けているので、見かけることはめったにないそうです。

8F777A3A-74B7-445D-BA2E-547FB31F822B.jpgC8A7E44C-B491-444A-BFBC-7CF65853B9C1 (2)
ピエリネン湖畔を散策した後、冬のスキー客用のリフトに乗ってホテルまで戻りました。

A94AC7F3-A276-4A56-85A9-4676FADED1B8.jpg
まだ時間は十分あるので3度目の挑戦。ホテルの無料のリフトに乗って、駐車場まで降りて近くを散策しました。

B56957CF-92FD-4F64-8E5B-D0F5A62FAC4A.jpg
人が住んでいた気配が残っている空き家を発見

コリ国立公園の広い森を昨日1回、今日2回散策して、自然のブルーベリーも摘んで十分満足しました。

往路と同じように、ホテル前から乗り合いタクシー16:40→ヨエンス17:45着 18:15発→パリッカラ19:35着 19:44発→サヴォンリンナ20:37着

4F2767A4-D167-44E8-9E9D-F8153AE04A85.jpg
パリッカラまでの電車の2階席は豪華です。

58C4723E-2250-4C9E-997F-32513209A11D.jpg 6AE48AA5-5E90-4533-9381-91BC70142899.jpg
車窓風景

今夜はサボンリンナ駅近くのレストランで夕食(2人で28.5€)
ワンプレートの大盛(サーモン、ズッキーニ、ナス、温かいカーマンベルチーズ、ヤギのチーズ、水菜、キュウリ、トマト、カボチャの種)

夜の9時前でもまだまだ明るいですが、人通りは少なくほとんどの店は閉まっています。もちろん事務所も閉まっていて明日からは2連休。連絡方法はメールしかありません。
本日ウォーキング距離12.5km 就寝11:40

8月5日(月)10日目
起床6:20 朝食7:45~8:15 今日は別行動の日です。

E7D7D150-51C6-48A5-8BD5-E088928D852C.jpg
朋子はサイクリンク(レンタル自転車6時間 12€) 私はオラヴィ城見学11:30~13:00(ツアーガイド12:00~13:00 12€)

96FCED8D-9CAC-4FF6-A79C-9DA6BFD0D5F5.jpg
オラヴィ城
D54E9437-EA61-4B93-AE89-7CBB42555499.jpg 791C087E-1BF1-4CA2-9521-3C35DC5F4287.jpg




6ACB7AAE-AA01-4B7F-A249-D7EE726EC828.jpg
オラヴィ城の向かい側のミュージアムで展覧会を観ました。「日本フィンランド100周年記念展」です。のんびり過ごした私は早めにホテルに戻りました。16:20 朋子はどうだったかなと心配していると元気に戻ってきました。17:30「サイクリングでお尻が痛い」そうです。そりゃ6時間も乗ればね!

20068D6E-9F2A-4C2D-BDEB-3E21CBF08AAB.jpg 白い外壁のメンテナンス中

SOKOS スーパーマーケットで食材購入。
明日の準備で、ケリマキ教会に行くバスの時刻表チェックとバス停を捜します。明るくても通行人はほとんど無く、尋ねる人を見つけるのが大変です。
本日ウォーキング距離10.7km 就寝時間は忘れました。

8月6日(火)11日目
起床6:50 旅も後半に入り緊張が解けて熟睡したのか、今朝は寝坊しました。

EBB5A185-E06F-485F-98C2-A1B944A3B096.jpg
バスではなくてワンボックスカーが来ました。
サボンリンナのバスターミナル8:40発→ケリマキ(6.1€×2)乗客は私達2人だけで約30分間位乗車

865B2A62-888E-4635-9236-1734969FE32E.jpg ケリマキ教会 
サヴォンリンナの近郊、ケリマキにあるケリマキ教会(Kerimäen kirkko) は、世界最大のキリスト教木造教会として知られています(長さ45m、幅42m、高さ27m)外観は鮮やかな黄色で、丘の上にそびえ立つその姿はおおらかな優しい美しさに包まれています

E997AA73-F6EF-4A72-A03A-47A1E5A31FF0.jpg
1844年、建築家グランステッドゥ(A.F.Granstedt)は、最初に1,500人が入れる教会を設計しました。しかし、当時の教会員の数は約12,000人。その半数が入れる教会を、という要望によって5,000人収容の大きな教会を設計することになりました。ケリマキ教会はその大きさのため、冬は寒くて使用されていません。1900年代前半には、薪ストーブが8台設置されたこともありましたが、1940年代の終わりに温めたのが最後だそうです。現在も4台が残っています。冬の間は隣に併設されている1953年に建てられた「冬教会」と呼ばれる小さな教会を使用されるそうです。
 
56380D17-18E2-4103-A780-EE099115582C.jpgB29057E3-EFFC-4E9E-BB9F-C099A04FDA97.jpg
使い込まれた床板の木目、大きな鉄の釘が美しいです。

99580E7B-E932-4C6C-8C18-4E8031B4BBF5-photo-full.jpg
教会前のレストランKAIVOPIRTTIでランチバイキングしました。

62115FE2-4E7C-4131-A8D8-CDDDC3A8517A.jpg28A3BA97-A93E-43CC-8A95-FC83FB4079C8.jpg
ケリマキ教会の近くの墓地公園

8D0CD73D-1EE2-416B-898C-0858F934BCEF.jpg 道端に咲くのはタンポポ?

帰路も同じくワンボックスカーに乗車 ケリマキ15:15発→サボンリンナ(6.1€×2)約30分間乗車 
 
SOKOSで食料品購入して部屋で夕食18:00~ 本日ウォーキング距離14.9km 就寝21:30

8月7日(水)12日目
起床6:00  朝食7:30~8:00 散歩してからホテルを出発8:40 今日は移動日です。
サヴォンリンナ9:23発→パリッカラParikkara10:16着 10:26発→ヘルシンキHelsinki13:40着 BOTHにチェックイン14:20

F8C22128-4F57-4915-95F0-3FD04BBDEC74-photo-full.jpg
1924年創業の老舗レストランコスモスRavintola Kosmosで食事をしました
(15:30~16:40 2人で59.5€)

59F4B69A-B8CC-4E25-99BB-A263C575D2AF.jpg
シャンデリアが輝く落ち着いた雰囲気のダイニングには長い歴史を刻んだ趣が感じられます。

37D958DC-2B65-440D-959E-18C8A8C30F52.jpg

355E3C53-2263-4FC2-9012-F4185C3FB588.jpg
フィンランド風前菜の盛り合わせ(バルト海ニシンの酢漬け、サーモン、一塩トナカイ肉、ワイルドマッシュルームサラダ、フィンランド産チーズ)

0941D70A-279D-4BDE-8BFE-BC1719370145.jpg
スズキのフライ、シャグマアミガサ茸のソース、キクイモとポテトのテリーヌ、ほうれん草、トリュフ

072419C5-5810-4A4D-BBA2-4878DA18A55C.jpg
ザリガニのクリームスープ

伝統的なフィンランド料理に北欧やロシアのテイストを加えたオリジナル・フィニッシュ料理でした。

3A62F223-A726-454A-A891-FB8D78B48DE4.jpg
ウスペンスキー寺院
岩の丘の上に立つウスペンスキー大聖堂は、1868年に完成した正教会の大聖堂で、ロシアの有名な建築家、アレクセイ・M・ゴルノスターエフが設計したものです。大聖堂のある丘の上からは、ヘルシンキの街が見下ろせます。

C8A57D84-9178-49C8-B7A8-4CD7AA32CBE0.jpg
BOTHの近くのアアルト大学

本日ウォーキング距離8.9km 就寝21:30 (移動日前は落ち着かず寝苦しい)

8月8日(木)13日目
起床5:30

6時過ぎに墓地公園に散歩に出かけましたが、雨が本降りになり私だけ先にBOTHに戻りました。
この部屋のドアーは鍵穴が2ヶ所あり、開けるのにコツが要るそうです。ガチャ、ガチャと工夫しますが開けられず、向かいの部屋の宿泊客に開けてもらって部屋に入りました。朝食7:00~8:00

チェックアウト後、荷物を預けて8:30頃から最後のお買い物に出かけます。

F33814ED-9D6B-4428-84CA-73BFEF3E2F2D.jpg 226319DA-4247-4BD8-95FC-25209BEA3D45.jpg
Café Ekbergカフェ・エクベリはショーケースを眺めるだけ

BF284CAA-56EF-440B-931C-5BB253C64AC2.jpg
STOCKMANストックマンでお土産物購入

662A2B79-50D3-435A-AED6-916BAA41A89D.jpg
やっと見つけた移転先のヨハンナ・グリンセンJohanna Qullicsen!
スカンジナビアの伝統的なテキスタイルをモダンニに解釈した、シンプルなデザインが持ち味。織り機で手織りすることによりテクニックやパターンのヒントを得てデザインが生まれてくるのだそうです。朋子がペンケースを購入。(25€)

12:40にBOTHに戻り、荷物を受け取って駅に向かいます。
ヘルシンキ中央駅(約30分 4.6€×2人)→ヘルシンキ・ヴァンター国際空港

空港内では、何台もの自動チェックイン機の前が混み合っています。数少ないスタッフを捜して質問に答えながら画面をタッチして手続完了。やれやれ2人とも無事に搭乗券を手にしました。次は自動手荷物預け入れ機、出入国審査も自動化ゲートでした。不慣れな乗客は戸惑いながらも次、次と押し出されていきます。自動化のお陰で従業員人数節約、待ち時間短縮でした。

フィンランド航空Vanaa空港17:20発(飛行時間:9時間10分)
本日ウォーキング距離14.3km

8月9日(金)14日目
関空 8:55着の予定が遅れて9:35着 気温35℃ 暑い日本に戻って来ました。
関空1Fで「イモトのWiFi」を返却後、関空駅10:46発→京都駅12:22着→膳所駅→帰宅

本日ウォーキング距離4km 

ブログにご登場頂いた皆さまありがとうございます。厚くお礼申し上げます。娘と一緒に傷心旅行と称して訪れたフィンランドは夏の明るい森が広がっていました。国立公園のハイキングコースは爽快で、湖に浮かぶ島々はお伽話の舞台を観ているようでした。その一方自然の森は異次元に近く、人を恋しくさせます。悲しみは、今まだここにありますが、旅の果てに消えそうな予感がして来ました。「次は冬のフィンランドに行こう」と妄想の翼を広げています。(三橋登美栄)



08/29 15:55 | 旅行
template design by takamu
Copyright © 2006 Mitsuhashi All Rights Reserved